クレジットカードの海外手数料とは?計算方法・注意点を解説!

Yuyuki Tanno

クレジットカードを海外で使うと、国内の時とは違った手数料がかかることを知っていましたか?

クレジットカードの海外手数料をしっかり把握していないと、海外旅行や、留学海外赴任の際に思わぬ高額なコストに驚かされるかもしれません。

この記事では、クレジットカードで外貨の買い物をした際に発生する手数料について詳しく解説しています。為替レートの確認方法や手数料の計算の仕方も紹介。

さらに、外貨決済に特化したWiseデビットカードについても紹介しています。

目次🔖
  • 海外でクレジットカードを使う際の手数料
  • クレジットカードを海外で利用した際の、手数料の計算方法
  • 海外で使うクレジットカードの選び方
  • クレジットカードの海外事務手数料比較
  • 本当の為替レートでお得な支払いを:Wiseデビットカード
  • 海外赴任時の保険に関する質問
  • まとめ
  • 海外でクレジットカードを使う際の手数料

    外貨の買い物は、カードの国際ブランド(Visa、Mastercard、American Express、JCBなど)が定める基準レートに、カード発行会社(楽天銀行や三井住友銀行など)が設定した「海外事務手数料」と呼ばれる手数料が上乗せされた為替レートで日本円に両替されます。

    ここでのポイントは

    1. 国際ブランドの定める基準レート
    2. カード発行会社が定める「海外事務手数料」

    の2点。それぞれ詳しく見ていきましょう。

    VisaやMastercard、JCBの為替レート(手数料)の仕組み

    通貨間の為替レートは、市場の動きに合わせて常に変動しています。ある時点での実際の為替レートは、Googe検索やWiseの為替コンバーターなどで簡単に知ることができます。

    国際ブランドは、1日に1回実際の為替レートをもとに、若干の手数料が上乗せされた基準レートを定めています。つまり、VISAやMastercard、JCBなどのクレジットカードで外貨の買い物をすると、若干不利なレートで両替されてしまうということです。

    ちなみに、Wiseデビットカードなら国際ブランドの手数料が上乗せされていない、ミッドマーケットレート(実際の為替レート)で両替して支払いができるので、海外でカードを使う際の手数料を最低限に抑えたい人にはおすすめです。

    海外でクレジットカードを使った際に発生する、海外事務手数料

    国際ブランドの手数料とは別に、もう1つ気をつけたいのが、カード発行会社によってかかる海外事務手数料です。

    カード発行会社(銀行など)は、先程述べた国際ブランドの基準レートに、さらに独自の海外事務手数料を上乗せしています。海外事務手数料は例えば「1.6%」などと表示され、これは国際ブランドの基準レートに1.6%の手数料が上乗せされることを意味します。

    日本で発行されたクレジットカードを使って海外で買い物をすると、海外事務手数料が上乗せされたより不利なレートで両替されます。つまり、実際の為替レートで計算した際の利用額と、実際に引き落とされた金額の差額が、クレジットカードの海外手数料ということいなります。

    クレジットカードを海外で利用した際の、手数料の計算方法

    海外利用にかかる手数料は、以下のように計算できます。

    クレジットカード海外利用手数料
    国際ブランド基準レート× 使った外貨額× 海外事務手数料(%)

    実際の例で考えてみましょう。

    海外事務手数料が2.0%のVisaカードで1,000ドルの買い物をするとします。

    そして、その買い物データは、2023年7月30日にVisaによって処理されたとします。この日のVisaの基準レートは、1ドル=141.19円でした。

    ※買い物した日とVisaでその情報が処理される日は必ずしも同日ではないことに注意しましょう。

    この買い物にかかる海外事務手数料は、

    141.19円/ドル(Visa基準レート)× 1,000ドル(使った額)× 2.0% (海外事務手数料%)

    = 約2,824円と計算できます。

    また、トータルの支払額は、

    141.19円/ドル(Visa基準レート)× 1,000ドル(使った額)× 102.0% (100% + 海外事務手数料%)

    = 約144,023円と計算できます。

    一度理解してしまえば、クレジットカードの海外手数料は簡単に計算できます。

    海外で使うクレジットカードの選び方

    こう見ると、海外事務手数料は意外と高額であることがわかりますね。特に海外で大きな買い物をする場合、また長期で留学する場合など、海外事務手数料だけでかなりの額がかかってしまうことも考えられます。そのため海外で使うクレジットカードを選ぶ際には、海外事務手数料に気をつけることが大切です。

    とは言っても、クレジットカードには海外旅行保険やポイント還元などの特典もついてくるため、海外事務手数料だけで一番おすすめのカードを判断するのも難しいです。それぞれのカードの還元率や保険の付帯条件なども総合的に見て自分にあったカードを選びましょう。

    また、クレジットカードではなく、デビットカードを使うという手もあります。デビットカードの中には、Wiseのデビットカードのように海外事務手数料無料で支払いができるものもあります。

    クレジットカードの海外事務手数料比較

    クレジットカードを海外で使う際には海外事務手数料がかかることがわかりました。海外でお得に使えるクレジットカードをお探しなら、海外事務手数料に注目してみるのも手でしょう。

    以下では、大手カード発行会社のクレジットカードの海外事務手数料を比較して表にまとめました。

    クレジットカード名VisaMastercardJCBAmerican Express銀聯
    三井住友¹2.20%2.20%2.50%
    楽天²1.63%1.63%1.60%2.00%
    三菱UFJ³2.20%2.20%2.04%
    セディナ⁴2.20%2.20%2.20%
    オリコ⁵2.20%2.20%1.60%
    イオン⁶1.60%1.60%1.60%
    セゾン⁷2.20%2.20%2.15%2.00%
    エポス⁸1.63%

    このように、カード発行会社や国際ブランドによって海外事務手数料に差があることがわかります。傾向としては、ネット銀行のクレジットカードやJCBブランドが海外事務手数料が比較的お得かもしれません。

    各クレジットカードの海外事務手数料をより詳しく比較したい場合は、海外旅行におすすめのクレジットカードを比較したこちらの記事も見てみてください。

    本当の為替レートでお得な支払いを:Wiseデビットカード

    海外でカードを使う場合、選択肢はクレジットカードだけではありません。例えば、海外利用に特化したWiseデビットカードなどを検討してみても良いでしょう。

    Wiseのデビットカードは、実際の為替レート格安の両替手数料で両替を行うため、よりお得に外貨決済ができるかもしれません。例えば、日本円→米ドルの両替手数料は、2023年8月7日現在0.62%に設定されています。

    ここから、Wiseデビットカードを使って海外で決済をした際の、具体的な例を見てみましょう。

    2023年7月3日22:44に、Wiseマルチカレンシー口座内に日本円残高がある状態で、Wiseデビットカードで1,000ドルの買い物をするとします。

    Wiseデビットカードの手数料は、Googleなどでみれる実際の為替レートに基づいて計算されます。この時の実際の為替レートは、1ドル=141.17円でした(1円=0.00708366ドル)。

    Wiseでは、日本円を米ドルに両替する際の両替手数料は0.62%と設定されています。

    つまり、この買い物でかかる両替手数料は、

    142.17円/ドル(実際の為替レート)× 1,000ドル(使った額)×0.62% (両替手数料%)

    = 約875円と計算できます。

    そのため、トータルでの支払額は、

    141.17円/ドル(実際の為替レート)× 1,000ドル(使った額)× 100.62% (100% + 両替手数料%)

    = 約142,045円となります。

    以上をまとめると、このようになります。⁹

    例:Wiseデビットカードで1,000ドルの買い物
  • 実際の為替レート:1ドル=141.17円(2023年7月30日22:48時点)
  • 両替手数料=141.17円/ドル×1,000ドル×0.62%=875円
  • トータルの支払額=141.17円/ドル×1,000ドル× 100.62%=142,045円
  • 先ほどみた海外事務手数料が2.0%のVisaカードで1,000ドルの買い物をした場合は、手数料が 約2,824円となるため、Wiseデビットカードを利用した方がよりお得なことがわかります。

    さらにWiseは常に実際の為替レートを適用するので、Wiseデビットカードを使った日とレート換算日は同じとなります。すぐに手数料および支払額がわかるのが便利ですね。

    また、クレジットカードと違い、Wiseカードはデビットカードなので、口座残高にある分のみ使えるので、使いすぎの心配が無いのもメリットでしょう。

    Wiseデビットカードの特徴(詳しい使い方はこちらから)
  • 約50もの通貨を同時に管理し、好きな時に格安の両替手数料でお得に両替
  • アプリでカードを凍結したり、お金の管理ができる
  • ATM出金が、月に2回、3万円までなら無料
  • ICチップ搭載
  • 18歳から申し込み可能
  • 発行手数料1200円
  • ポイント還元や海外旅行保険は付かない
  • Wiseデビットカードをチェック🎈

    クレジットカードを海外利用する際の手数料の注意点

    クレジットカードで外貨の買い物をする場合、以下の2点に気を付けましょう。

    カードを使った日とレート換算日は異なる

    外貨→日本円の両替はカードを使った日ではなく、決済データがカードの決済処理センターに届いた日に行われます。データがセンターに届くまでには数日かかることが多いため、利用後すぐに請求額が確認できないという難点があります。

    使った額をすぐに確認したいなら、即時に両替が行われるWiseデビットカードなどの選択肢を考えてみてもいいでしょう。

    支払い通貨は常に現地通貨を選ぼう!

    海外通販のチェックアウト時や、店頭でカードを利用した時などに、「支払い通貨を日本円にするか、または現地通貨にするか」尋ねられることがあります。ここでは、「現地通貨」を選ぶようにしましょう

    日本円を選択すると、DCC(Dynamic Currency Conversion)という仕組みにより、その場で通貨が両替されます。日本円の支払額がすぐにわかるという利点はありますが、ウェブサイトやお店が独自に定めた不利なレートで両替されてしまうことが多いのです。日本円か現地通貨か尋ねられたら、現地通貨を選択することを覚えておくといいですね。

    海外でクレジットカードを使う際の手数料に関する質問

    Q1.クレジットカードの換算レートとは何ですか?

    クレジットカードを使って海外で日本円以外の買い物をすると、その数日後に日本円に両替されて請求額が確定します。この時の両替に適用されるのが、クレジットカードの換算レートです。

    このレートは、カードの国際ブランドが定める基準レートに、カードの発行会社が定める海外事務手数料が上乗せされたものとなっています。つまり、海外事務手数料が低いほど海外で使うのにお得なクレジットカードであるということになります。

    各ブランドの換算レートについては、VisaやMastercardの為替レートの仕組み・確認方法を解説した記事でより詳しく解説しています。

    Q2. クレジットカードを使って、海外ATMでキャッシングした時の手数料は?

    クレジットカードは決済に利用できるだけでなく、海外キャッシングの機能を使ってATMから現金を引き出すことも可能です。

    海外キャッシングはお金を借りて現金を引き出すことになるので、利息がかかります。海外キャッシングの利息は、カード会社が定める実質年率(15%〜18%程度)と返済日までの日数によって計算されます。

    お得に海外キャッシングを利用したいなら、実質年率が低いカードを選び、できるだけ返済日に近い時にお金を引き出すようにすると良いでしょう。当サイトでは、海外キャッシングにおすすめのクレジットカードも紹介しています。

    また、キャッシングでATMを利用する際にATMの利用手数料がかかることもあります。

    まとめ

    以上、海外でクレジットカードを使った際の手数料について詳しく見てきました。カードで外貨の買い物をすると、カードブランドが定めた基準レートに、海外事務手数料が上乗せされたレートで両替されます。

    海外でカードを使おうと考えている人は、事前にしっかりと手数料体系を把握しておくといいでしょう。

    クレジットカード以外の選択肢として、外貨決済に特化したWiseデビットカードなどを検討してみてもいいかもしれません。本当の為替レートと、格安の両替手数料でで外貨の買い物が楽しめるでしょう。

    Wiseカードを注文する!💳

    海外で使えるクレジットカードに関する記事一覧
  • クレジットカードの海外手数料とは?計算方法・注意点を解説!
  • おすすめの海外旅行保険付きクレジットカード5枚を徹底解説!
  • 留学におすすめのクレジットカードを手数料を含めて徹底解説!
  • 海外赴任におすすめなクレジットカードは?必要な手続きも解説!
  • 海外旅行時に使える、学生におすすめのクレジットカードを手数料を含めて解説!

  • ソース

    1. 海外でのご利用にあたって|クレジットカードの三井住友VISAカード
    2. 海外決済の適用レート・手数料の確認|楽天カード
    3. MUFGカード 海外でのご利用方法
    4. 海外でショッピングをご利用された場合の円換算 | クレジットカードならセディナ[Cedyna]
    5. オリコカード - 海外でカードを使った時の換算レート・換算日を教えてください。
    6. ショッピング(海外)について |クレジット|イオン銀行
    7. セゾンカード - 国内・海外での セゾンカードの使い方
    8. エポスカード - 海外でカードを利用した場合、手数料はかかりますか?
    9. Wiseデビットカードの手数料

    最新の手数料に関する情報は、お住まいの地域の利用規約およびサービスの利用条件をご確認いただくか、Wiseの手数料ページをご覧ください。これは一般的な情報提供を目的としたものであり、Wise Payments Limitedまたはその子会社、関連会社による法律、税務、その他の専門的なアドバイスを意味するものではありません。また、ファイナンシャルアドバイザーやその他の専門家によるアドバイスの代わりになるものではありません。



    当社は明示的または黙示的にかかわらず、この内容が正確、完全または最新であることを表明または保証しません。

    国境のない金融

    詳しくはこちら
    パーソナルファイナンス

    海外赴任をした際に、つみたてNISAを継続して利用できる?

    海外赴任の際は一定条件のもとで積立NISA口座の保有を続けられる可能性があります。証券会社によって対応が異なっているため、まずは取引先会社への確認が重要です。海外赴任時のつみたてNISA口座の扱いや、海外赴任を便利にするWiseのサービスについて解説します。

    Yuyuki Tanno
    2023年11月21日 この記事は6分で読めます
    パーソナルファイナンス

    日本のPayPalアカウントを海外で使うことはできる?

    海外では日本で開設したPayPalアカウントは使えません。アメリカなど海外の国でPayPalを利用したい場合は、その国のアカウントを開設する必要があるのです。この記事ではPayPalの海外アカウントの開設方法や開設時に必要な情報などを説明します。

    Yuyuki Tanno
    2023年11月15日 この記事は3分で読めます

    役立つ情報、ニュース、お知らせ