2021海外旅行におすすめのクレジットカードはどれ?5社比較!

Yumiko Kijima
2021年6月21日
この記事は8分で読めます

海外旅行や出張、留学には、クレジットカードが欠かせません。現金よりも手軽に利用できるため、クレジットカードは海外旅行の必需品といえます。

この記事では、海外で使うのにお得なクレジットカードを紹介します。

また、お得に外貨のショッピングが楽しめるWise多通貨デビットカードについても学べます。

目次

海外旅行におすすめのクレジットカード選ぶには?

海外旅行に行くなら、クレジットカードがあると非常に便利です。カードがあれば、多額の現金を持ち歩く必要がなく、手軽に支払いを済ませることができます。また、クレジットカードの両替レートは、現金を両替して持っていくよりもお得であることがほとんどです。

海外でお得に使えるクレジットカードを選ぶ際には、以下の点に注目すると良いでしょう。

  • 海外事務手数料(外貨の支払い時に発生する手数料)
  • 海外ATM手数料
  • 年会費
  • マイルが貯まるかどうか
  • 海外旅行保険の有無

気がつきにくい為替レートに含まれた手数料に注意

外貨で支払う際に発生する手数料(海外事務手数料と呼ばれることが多い)は、気づきづらい手数料の一つです。

日本のカードで外貨(米ドルなど)の買い物をすると、通貨の両替が生じます。この時に適用される為替レートは実際のレートではなく、国際ブランドやカード会社が定める海外事務手数料を上乗せしたものであることを覚えておきましょう。

具体例を見てみましょう。Visaブランドの楽天カード(海外事務手数料1.63%)をアメリカで使うとします。

2021年6月16日16:45(GMT-4)時点の為替レートは、1ドル=110.71円でした。対して、Visa Currency Converterによると、1.63%の海外事務手数料のカードの通貨換算レートは、1ドル=111.98円と表示されます。つまり、1ドルあたり約1.27円の差があることがわかります。¹⁻²

これは小さな額に思えますが、例えば1,000ドルの買い物をすると合計で約1,270円の手数料がかかっているとも言えます。

  • 1ドル=110.71円の場合、1,000ドル=110,710円
  • 1ドル=111.98円の場合、1,000ドル=111,980円
    →1,270円多く払うことに。

なお、クレジットカードのレート換算はカードを使ったその時ではなく、決済データがVisaなどの決済処理センターに到着した時点(通常2~3日後)で行われます。そのため、この間にレートが変動することも考えられます。つまり、買い物した時点では、実際に日本円でいくらの額を使ったのか分からないということです。

海外でお得に使えるカードを探している人は、海外事務手数料の安いカードを選ぶのも一つの手です。

📖これも読む: VisaやMastercardの為替レートの仕組み・確認方法を解説!

クレジットカードではありませんが、一般のカードの海外事務手数料よりも大幅に安い両替手数料で外貨の買い物を楽しめるWise多通貨デビットカードを検討してみてもいいですね。例えば、日本円→米ドルであれば、0.60%の両替手数料で米ドルでの買い物ができます。

海外旅行にお得なクレジットカード5選!

では早速、海外で使うのにお得なクレジットカードを見ていきましょう。

1. エポスカード

年会費無料のエポスカードVisaは、海外事務手数料が1.63%と比較的安く設定されています。さらに、海外旅行保険が自動付帯。海外にエポスカードを持っていくだけで、傷害保険や携行品損害保険がついてくるのは嬉しいですね。³⁻⁴

エポスカード特徴
海外事務手数料1.63%
海外ATM手数料⁵1万円以下:税込110円/件1万円超:税込220円/件
年会費エポスカードVisa:無料
マイル⁶ポイントはANAやJALのマイルに交換可能
国際ブランドVisa(タッチ決済対応)
特典海外旅行傷害保険(自動付帯・最高2,000万円)

2. 楽天カード

ポイントが貯まりやすいカードとして有名な楽天カードは、海外でも便利です。ツアー旅行の代金を楽天カードで支払えば、海外旅行傷害保険がついてきます⁷。エポスカードのように自動付帯ではないので、気をつけましょう。また、ANAを頻繁に利用するなら楽天ANAマイレージクラブカードもいいでしょう。

楽天カード特徴
海外事務手数料⁸JCB:1.60%、Mastercard・Visa:1.63%、American Express:2.00%
海外ATM手数料⁹220円/件
年会費無料
マイルポイントはANAマイルに交換可能
国際ブランドVisa(タッチ決済対応)、Mastercard(タッチ決済対応)、JCB、American Express
特典海外旅行傷害保険(利用付帯・最高2,000万円)、ハワイの楽天カードラウンジを無料で利用できる

3. セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレスは、26歳まで年会費が無料¹º。海外旅行に伴う交通費またはパッケージツアー費用をこのカードで支払えば、海外旅行傷害保険が適用されます¹¹。また、SAISON MILE CLUBに登録すると、JALのマイルを自動で貯められます。¹²

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス特徴
海外事務手数料¹³2.00%
海外ATM手数料¹⁴220円/件
年会費3,300円※26歳になるまで無料
マイルANAまたはJALのマイルに交換可能。また、SAISON MILE CLUBに登録登録すれば、利用1,000円につき10JALマイルが自動的に貯まる。
国際ブランドAmerican Express
特典¹⁵海外旅行傷害保険(利用付帯・最高3,000万円)

4. ライフカード(学生)

高校生を除く18歳以上の学生が申し込める学生専用のライフカード。海外ショッピング利用額の3%が現金でキャッシュバックされるため、海外利用にお得です¹⁶。さらに海外旅行傷害保険も自動で付帯されています。¹⁷

学生専用ライフカード特徴
海外事務手数料¹⁸2.00%
海外ATM手数料¹⁹1万円以下:税込110円/件1万円超:税込220円/件
年会費無料
マイル²ºポイントはANAマイルに交換可能
国際ブランドMastercard、JCB、Visa
特典海外旅行傷害保険(自動付帯・最高2,000万円)。海外ショッピング分の3%を現金でキャッシュバック。

5. VIASOカード

三菱UFJグループが発行する年会費無料のVIASOカードなら、旅行代金の支払いに利用すれば海外旅行傷害保険が付帯。海外利用分のポイントも自動でキャッシュバックされます。

VIASOカード特徴
海外事務手数料²¹2.20%
海外ATM手数料²²1万円以下:税込110円/件1万円超:税込220円/件
年会費無料
マイルなし
国際ブランドMasterCard
特典²³海外旅行傷害保険(条件付き・最高2,000万円)

外貨決済に特化!Wise多通貨デビットカード

クレジットカード以外の選択肢として、外貨決済が多い人は、Wiseデビットカードを検討してみてもいいでしょう。

wise-debit-card-3-jp

Wiseのデビットカードでは、50以上の通貨を同時に保有することができます。そして、好きな時に格安の両替手数料で両替して使うことができます。このため、日本の一般的なデビットカードよりも最大で4倍安く外貨の買い物を楽しむことが可能です。

例えば、日本円→米ドルの両替手数料は0.60%となっています。つまり、Wiseのデビットカードを使って1,000ドルの買い物をした場合、手数料は6ドル(約661円)で済みます。これは最初に見た楽天VISAカード(1.63%の海外事務手数料)の半額程度です。

さらに、海外ATMからの現金引き出しは、月に2回、3万円までなら無料です。

ただ、Wiseカードはクレジットカードではないため、マイルや海外旅行保険などの特典はつきません。クレジットカードと一緒に利用するのもいいかもしれませんね。

海外旅行や海外通販サイトでの外貨でのショッピングが多い人は、Wise多通貨デビットカードも検討してみましょう。

Wiseデビットカードをチェック🎈

まとめ

この記事では海外で使うのにおすすめなクレジットカードを5つ紹介しました。海外旅行や出張に便利なカードを選ぶ際には、年会費やポイント還元だけではなく、外貨で買い物した際の手数料にも着目しましょう。また、海外旅行保険の有無や適用条件もチェックしておくといいですね。

様々な選択肢を比較すれば、自分に合ったカードを見つけられることでしょう💳


ソース

  1. Google検索(2021年6月16日16:45(GMT-4)時点)
  2. Currency Converter - Exchange Rate Calculatorで、Bank feeを1.63%に設定し、シミュレーション
  3. エポスカード|海外旅行傷害保険
  4. エポスカード|海外トラベルサービス
  5. エポスカード|海外でキャッシング利用はできますか?
  6. エポスカード|エポスポイントの使いかた
  7. 楽天カード|海外旅行傷害保険
  8. 楽天カード|海外決済の適用レート・手数料の確認
  9. 楽天カード|海外へ行くなら海外キャッシング
  10. セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス
  11. セゾンカード|付帯保険
  12. セゾン・アメリカン・エキスプレス・カード|マイルをためる
  13. セゾンカード | よくあるご質問
  14. セゾンカード | 海外キャッシング
  15. セゾンアメリカン・エキスプレス・カード | 海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険・ショッピング安心保険のご案内(補償規定)
  16. 学生専用ライフカード
  17. ライフカード | クレジットカード付帯保険
  18. ライフカード | 2017/04/17 海外ショッピング事務手数料改定のお知らせ
  19. ライフカード | CD・ATM利用手数料
  20. ライフカード | ANAマイレージクラブ
  21. 三菱UFJニコス | 海外で利用したときの換算レートを教えてほしい。
  22. NICOSカード ATM・CDのご案内
  23. MUFGカード 海外旅行傷害保険

当ブログは、一般的な情報を提供することを目的としており、扱われている全てのトピックの詳細すべてが網羅されるものではありません。当ブログは、お客様が根拠とすべきアドバイスとなることを意図しておりません。当ブログの内容に基づいていかなる行動を起こすまたはいかなる行動を止める前に、専門家またはスペシャリストのアドバイスを得る必要があります。当ブログの情報は、TransferWise Limitedまたはその関連会社からの法的、税務的、その他専門的なアドバイスを表すものではありません。過去の結果と今後も同様の結果となることは保証されません。明示または明示されていないかを問わず、当ブログの内容が正確、完全、または最新であることを表明、担保または保証しておりません。

Wise – 海外送金をもっと安く、もっとカンタンに

詳しくはこちら

役立つ情報、ニュース、お知らせ