中国からの送金を日本で受け取るには:送金日数も

Yuyuki Tanno

中国から給料を海外送金し、日本で受け取りたいと考えている人がいるかもしれません。しかし中国は他国と送金に関する条件が異なる場合が多く、注意が必要です。そこでこの記事では、中国から日本で送金を受け取ることが果たしてできるのか、その際に送金人に伝えるべき情報などを解説します。

また、迅速な海外送金時間と、透明性の高い手数料、1回限りの書類提出で中国から海外送金ができるWiseについても紹介していますので、ぜひ参考にしてみて下さい。

Wiseについて詳しく知りたい📗

目次🔖
  • 中国からの送金を日本で受け取れる?
  • 中国からの送金を日本で受け取るために、送金人に伝える情報
  • 中国から日本への送金日数
  • 給料を中国から日本へ海外送金するなら:Wise
  • まとめ
  • 中国からの送金を日本で受け取れる?

    原則的に、中国からの送金を日本で受け取ることは可能です。ゆうちょ銀行や三菱UFJ銀行などの公式サイトを確認すると「中国からの送金は受け取れない」という記載はありません¹⁻²。

    ただし銀行によっては「ドル建てやユーロ建ての送金しか受け取れない」という、外貨の書類に関する制限があります。また「日本円で受け取るか、送金通貨と同じ通貨の外貨普通預金を指定する必要がある」といった銀行もあり、人民元をそのまま受け取れる銀行はかなり少ない可能性が高いです。

    お使いの銀行や海外送金サービスが中国からの送金の受け取りに対応しているか、事前に問い合わせてみると良いでしょう。

    また、中国現地の中国銀行(bank of CHINA)も、人民元をそのまま送金することはできない規定です³。まずは口座を持っている銀行に確認すると良いでしょう。

    中国からの送金を日本で受け取るのにかかる日数

    中国からの送金を日本の銀行で受け取るのにかかる日数は、どの銀行も確約はしていません。おおむね1〜2週間程度の時間がかかると思っておくと良いでしょう。

    例えばゆうちょ銀行では、関係銀行(送金を中継する銀行)への送金に4〜7営業日(インターネットバンキングなら2〜4営業日)ほどかかるので、受け取りにも同じだけの日数がかかる可能性があります⁴。

    中国からの送金を日本で受け取るために、送金人に伝える情報

    中国からの送金を受け取るためには、主に以下の情報が必要となります⁵。

    • 受取人の取引銀行名
    • 取引銀行のSWIFTコード
    • 受取人の口座番号
    • 受取人の氏名
    • 受取人の住所

    これらの情報はすべて英文で用意し、送金人に伝えると良いでしょう。こちらの記事に詳しく記載されているので、参考にしてみてください。

    なお、中国から日本に海外送金する際には、以下のような書類が必要になるので注意が必要です⁶。

    • 銀行窓口で作成する送金申請書
    • 雇用契約書
    • 就業許可証
    • 給料明細
    • 納税記録

    詳しくは、こちらの記事を確認してみて下さい。

    中国から日本への送金日数

    実際に中国からの送金を受け取る際の条件は、銀行やプロバイダによって異なります。ここでは、Wiseやゆうちょ銀行など、送金受け取りに活用できる銀行やプロバイダの送金日数について紹介します。

    Wise

    お得で迅速な海外送金サービスを提供するWiseを使えば、中国から日本への海外送金が銀行に比べてより少ない日数で着金するでしょう。

    通常の多くの銀行は、SWIFTシステムを利用しているため、送金に時間がかかることが多々あります。

    対してWiseは、国内送金を利用した独自のシステムを採用しているため、送金時間を抑えることができるのです。

    しかしWiseを利用して、中国から日本に海外送金をするためには一定の条件を満たす必要があり、指定の書類を初回のみ提出する必要があります。

    詳しくは、次の項目で説明をしています。

    ゆうちょ銀行

    前述の通り、ゆうちょ銀行から海外に送金する際に、関係銀行(送金を中継する銀行)への送金に4〜7営業日(インターネットバンキングなら2〜4営業日)がかかります。また、関係銀行から現地の銀行へ着金するまでにも少し時間がかかることが一般的です。よって、受け取りにも同じような日数がかかる可能性があります。

    ソニー銀行

    ソニー銀行では、海外の金融機関からの送金がソニー銀行に着金するまでに3〜4営業日以上、お客様の口座に入金するまでに原則2〜5営業日がかかる、と公表しています⁷。よって、トータル5〜9営業日ほどかかると考えておくと良いかもしれません。

    なお、お使いの銀行や海外送金サービスが中国からの送金に対応しているか、事前に問い合わせてみると良いでしょう。

    中国の送金規制に関する記事も、こちらから確認をしてみて下さい。

    給料を中国から日本へ海外送金するなら:Wise

    中国で働く日本人の皆さんの中には、日本の銀行口座へ給料を海外送金したいと思っている人がいるかもしれません。

    そんな時におすすめなのが、迅速な海外送金時間と、透明性の高い手数料、1回限りの書類提出で中国から海外送金ができるWiseです。

    ここで、Wiseを使って中国から日本へ海外送金を行うメリットを見ていきましょう。

    Wiseを使って中国から日本へ給料を海外送金する利点

    1. 迅速で便利:国内送金を利用した独自のシステムを使っているため、より早く海外送金が完了します。また、アプリやウェブサイトから全てオンラインで送金をすることができ、本人確認も初回のみとなっています。
    2. 高い透明性:Wiseでは常にこのように、海外送金手数料とレートを確認することができるため、安心して利用することができます。
    3. 17言語でのサポート:日本語を含む多言語で、サービスを受けることができます。

    このように、Wiseを使って海外送金をするメリットはたくさんあります。

    詳しいWiseの使い方は、こちらから確認をしてみて下さい。

    Wiseを使って中国から日本へ海外送金する際の条件と必要書類

    しかし、中国からWiseを使って海外送金をするためには、以下の項目を満たす必要があります。

    • 中国本土の国民でないこと(香港・台湾・マカオ国籍の場合は、使うことができます)
    • 現在中国本土で働いている人。又は、以前中国で働いていた人。
    • 2019年1月以降に、中国本土で得た給料に対して税金を払った人

    さらに、Wiseで中国から海外送金をするにあたり、以下の書類の提出も必須です。

    • パスポート
    • 滞在許可証、就業許可証またはビザ
    • 雇用契約書又は給料明細書
    • 個人の所得税証明書

    これらの書類は最初の送金の時にのみ提出が義務付けられています。

    2回目以降に送金する際には、書類を提出しなくても良い点は嬉しいですね。

    Wise無料会員登録💡

    まとめ

    中国から日本にある口座へ海外送金する場合、日本円やドルなどに両替する手間があったり、送金までに1〜2週間がかかったりと、何かと制約が大きいことに注意が必要です。各銀行やプロバイダの条件を確認し、より良い方法で送金を受け取るとよいでしょう。

    海外送金や外貨両替に特化したWiseでは、一定の条件を満たせば中国から日本へ給与を送金できるようになりました。透明性の高いシステムを利用して安全に送金したい場合は、ぜひチェックしてみてくださいね。


    ソース

    1. ゆうちょ銀行「お金を受け取るには(外国から日本への送金)」
    2. 三菱UFJ銀行「Q&A(よくあるお問い合わせ)」
    3. bank of CHINA「個人人民元業務」
    4. ゆうちょ銀行「国際送金が受取人に届くまでの日数は何日程度ですか。」
    5. 三菱UFJ銀行「外国送金のお受け取り」
    6. Wise「中国の送金規制とは?中国へ送る場合も中国から受け取る場合も注意!」
    7. ソニー銀行「ソニー銀行への外貨送金(被仕向け送金)」

    最新の手数料に関する情報は、お住まいの地域の利用規約およびサービスの利用条件をご確認いただくか、Wiseの手数料ページをご覧ください。これは一般的な情報提供を目的としたものであり、Wise Payments Limitedまたはその子会社、関連会社による法律、税務、その他の専門的なアドバイスを意味するものではありません。また、ファイナンシャルアドバイザーやその他の専門家によるアドバイスの代わりになるものではありません。



    当社は明示的または黙示的にかかわらず、この内容が正確、完全または最新であることを表明または保証しません。

    国境のない金融

    詳しくはこちら

    役立つ情報、ニュース、お知らせ