✍️Wise(ワイズ)の使い方:ステップバイステップガイド

Yumiko Kijima
2021年4月28日
この記事は9分で読めます

国際送金サービス「Wise(ワイズ)」に興味はあるけれど、なんだか難しそうで使い方が分からない…そんな方のために、この記事ではWiseの使い方を詳しく説明します。

🔖目次

Wise(ワイズ)とは:仕組み・安全性

Wise(ワイズ)は、実際の為替レートと格安の手数料で、日本の銀行の最大14倍安く海外へ送金できるサービスです。本人確認を含む送金手続きは全てオンラインで完了します。

なお、「Wiseと言えば海外送金」ですが、実はそれ以外にも便利な機能がたくさんあります。詳しくはあとから説明しますが、Wiseマルチカレンシー口座では、海外送金以外に、海外口座情報の取得やデビットカードの発行なども行えます。ぜひチェックしてみてください。

Wiseの海外送金に必要なもの

  • 日本の顔写真付き身分証明書(マイナンバーカード、日本の運転免許証、2020年2月以前に発行された日本国パスポート、在留カード)
  • マイナンバーが確認できる書類(マイナンバーカード、マイナンバー通知カード、6ヵ月以内に発行されたマイナンバー記載の住民票)
  • カメラが付いているスマートフォン

※マイナンバーカードがあれば、一つで「日本の顔写真付き身分証明書」と「マイナンバーが確認できる書類」の両方を兼ねられます。

海外在住者がWiseを使う場合に必要な本人確認書類

海外に住んでいる場合、パスポートなどの身分証明書と、現在の海外住所が確認できる書類で本人確認が可能です。

住所確認書類は、以下のものが受け付けられます。

現在の海外住所が確認できる書類
  • 公共料金の請求書:電気、ガス、電話(携帯電話の請求書は不可)
  • 銀行もしくはクレジットカードの取引明細書
  • 税金の通知書
  • 運転免許証(住所と有効期限が記載されているもの)
  • 他金融機関や政府機関発行の書類
  • 車両検査証
  • Wiseの仕組み・送金の流れ

    Wiseは独自のシステムによって、速く安い海外送金を可能にしています。

    通常の銀行を通した国際送金はSWIFTと呼ばれる仕組みを採用しています。これは世界中の銀行を繋げるネットワークのようなもので、送金銀行→中継銀行→...中継銀行→受取銀行のように、数多くの銀行を介して送金が行われます。そのため、手数料が高額となり、送金に長い時間がかかりがちです。

    how-banks-send-money-abroad

    一方、Wiseは、送金人が自国にあるWiseの口座にお金を振り込み、その金額をWiseが受取人の国の口座へと振り込む、国内送金を生かした仕組みになっています。このため、手数料やかかる時間を抑えることができるのです。

    (例)送金人の銀行口座→Wise日本口座 Wiseのアメリカ口座→アメリカの受取人の銀行口座

    how-wise-sends-money-abroad

    また、Wiseが銀行と比較して本当に一番安い海外送金の方法かどうか、他のサービスとの比較も行なっています。

    Wiseの安全性

    「便利なのは嬉しいけど、安全性は…?」と気になった方もいるかもしれません。ワイズ・ジャパン株式会社は関東財務局により、資金移動業者として認可されています。送金時に振り込んだお金は履行保証金として法務局に保全されており、万が一の場合でも保証されています。

    Wiseは世界中で1,000万人の利用者がいて、毎月の送金額は約6,000億円に上ります。(2021年4月現在)

    Wise(ワイズ)の口座開設手順・使い方

    では早速、Wiseの使い方を具体的に見ていきましょう。

    1. Wiseホームページにアクセスし、「会員登録」をクリック

    wise-homepage

    2. メールアドレス・パスワードを設定し、会員登録を行う

    wise-registration-2

    3. 通貨・金額を選択する

    wise-registration-4

    デフォルトでは、英ポンド(GBP)からユーロ(EUR)への送金になっていますが、日本から送金する場合、送金通貨は日本円(JPY)を選択するといいでしょう。受け取り通貨も該当のものを選びましょう。

    着金予定日や一般的な銀行と比べた場合の節約額が表示されます。

    例えば、日本円10万円(送金手数料を含む)をヨーロッパの口座に送金する場合、下記のように選びます。

    wise-registration-5

    「送金手続きへ」をクリックしましょう。

    4. 個人口座または法人口座からの送金かを選択する

    個人の銀行口座から入金する場合は「個人アカウント」、法人の銀行口座から入金する場合は「法人アカウント」を選びます。

    wise-registration-7

    5. 送金人(自分)の銀行口座情報を入力する

    wise-registration-jp-8

    6. 受取人を選ぶ

    wise-registration-jp-9

    7. 受取人のメールアドレス(省略可)、口座名義、口座情報を入力する

    wise-registration-jp-10

    受取人の口座情報が分からない場合はメールアドレスのみで送金することもできます。

    8. 本人確認を行う

    次の4点を手元に準備しましょう。

    • 現住所が記載されいてる、日本発行の顔写真付き身分証明書(例:マイナンバーカード、日本の運転免許証、在留カード、2020年2月以前に発行された日本国パスポート)
    • 手のひらサイズの紙とペン(4桁の認証コードを書くために必要です)
    • カメラが付いているスマートフォン
    • マイナンバーカードもしくはマイナンバー通知カード

    9. 携帯電話(スマートフォン)に切り替える

    verification

    ここからの作業はスマートフォンで行います。画面上のQRコードをスキャンしましょう。

    なお、スマートフォンをお持ちでない場合、パソコンからでも可能です。画面上の「スマートフォンをお持ちでない場合」をクリックしましょう。

    10. マイナンバーカードと4桁の認証コードで本人確認を進める

    wise-registration-jp-14-new

    出てくる指示にしたがって、4桁の認証コードを手持ちの紙に書きます。そして、マイナンバーカードとその紙の写真を撮り、アップロードしましょう。

    なお、マイナンバーカードを持っていない場合、「日本の運転免許証、在留カード、パスポートを使用して本人確認を行う」を選択すると、他の身分証をアップロードすることができます。また、この場合、マイナンバー通知カードまたはマイナンバー記載の住民票(6ヵ月以内に発行されたもの)の写真のアップロードも求められます。

    wise-registration-jp-15-new

    11. 4桁の認証コードを書いた紙とともに自撮り画像を撮影

    先ほど準備した4桁の認証コードを書いた紙を持ちながら、自撮り画像(セルフィー)を撮ります。

    wise-registration-jp-17

    12. 送金目的を選択

    wise-registration-jp-19

    13. 送金詳細を確認

    wise-registration-jp-20

    14. 利用規約を確認

    wise-registration-jp-21

    15. 入金方法を選択

    wise-registration-jp-22
    相手への入金方法を「銀行振込」または「デビットカード」から選択します。

    手数料ページからも確認できますが、銀行振込を利用した入金の場合の方が、デビットカードを利用した入金の場合よりも安く済むことが多いです。

    16. Wiseの日本口座に振り込む

    wise-registration-jp-23

    Wiseの日本口座(ワイズ ジャパンの銀行口座)に該当金額を振り込みます。

    「Wiseの口座に振り込みするってどういうこと?」と思われる方もいるかもしれません。Wiseは国内での銀行間の送金を活用した仕組みになっています。自分の口座→Wiseの日本の銀行口座への振り込みが済んで初めて、Wiseが海外に持つ銀行口座→受取人の口座へと振り込まれます。

    17. あとは、受取人の口座に振り込まれるのを待つだけ

    Wiseの日本口座への振込が済んだら、Wiseから受取人の口座に指定した通貨で振り込まれるのを待つだけです。

    初めてWiseを利用する場合、本人確認が認証されるには平均で3営業日程度かかります。2回目以降は、より速く送金できますよ。各国への海外送金の日数も紹介していますので、確認してみてください。

    以上、Wiseを使った海外送金の方法を詳しく見ていきました。

    Wiseの海外送金に興味がある方は、ぜひ一度送金シミュレーションをしてみましょう。

    リアルレート海外送金:Wise🚀

    海外送金だけではない!Wiseマルチカレンシー口座でできること

    Wiseマルチカレンシー口座では、海外の口座情報を取得して海外からの送金を海外現地にいるかのように外貨のまま受け取れたり、50以上の通貨を1つの口座で管理することができます。

    wise-account-jp

    👩‍💻海外口座情報の取得

    以下該当10カ国からの送金を受け取りたい場合、Wiseマルチカレンシー口座でその国の銀行口座情報を取得しておくといいでしょう。例えば、アメリカ現地に銀行口座があるかのように、国内振込でアメリカからの送金を米ドルのまま受け取ることができます。国内送金のため、送金人・受取人ともにコストが抑えられるでしょう。

    取得できる海外口座情報は、

    • イギリス
    • アメリカ
    • ヨーロッパ
    • オーストラリア
    • ニュージーランド
    • シンガポール
    • ルーマニア
    • カナダ
    • ハンガリー
    • トルコ

    以上の国から送金を受け取る場合、現地にいるかのように、Wiseマルチカレンシー口座で外貨のまま送金を受け取ることができます。

    詳しいやり方は、ヘルプページ:資金の受取り方法をチェックしてください。

    💳Wiseデビットカードで「隠れコスト」なしの外貨決済

    shop-wise-debit-card-jp

    Wiseマルチカレンシー口座に日本円などを入金しておけば、Wiseデビットカードを使って、格安の両替手数料で簡単に外貨で買い物ができます。

    Wiseデビットカードでの外貨支払いは、日本の銀行のデビットカードと比べ最大75%安くなることも。

    Wiseの両替手数料は、0.45%〜3%に設定されています。例えば、日本円から米ドル・ユーロ・英ポンドに両替する場合では、0.6%の手数料がかかります。

    一般的なカードの海外事務手数料は、1.6%〜3%であることが多いので、Wiseデビットカードを使えばよりお得に外貨での買い物ができるようになるかもしれません。マルチカレンシー口座の残高にすでに該当通貨がある場合は、もちろん両替手数料はかかりません。

    また、Wiseデビットカードでは、海外ATMで月に2回3万円までならATM利用手数料無料で現金を引き出すこともできます。

    Wiseカードの発行手数料は1,200円かかります(個人の場合)。海外旅行や海外通販などを頻繁に使う人は、外貨支払いに特化したWiseデビットカードを検討してみてもいいかもしれません。

    🌎56通貨を1つの口座で両替・保持

    Wiseマルチカレンシー口座に、日本円などを入金し、他の外貨に両替することもできます。利用できる外貨の種類は、56通貨に及びます。実際の為替レートとWiseの格安の両替手数料で、様々な通貨を保持することができますね。


    まとめ

    以上、Wiseの使い方を会員登録から本人確認、送金手続きまで説明しました。全てオンラインで完了するのが便利ですね。

    さらに、海外送金だけではないWiseの機能も紹介しました。海外への送金・海外からの送金の受け取り・外貨決済・複数の外貨の保持・両替などに、ぜひWiseを活用してみてください。

    また、Wiseの手数料ページから、海外送金手数料やWiseデビットカードを利用した際の手数料などを簡単にシミュレーションすることもできます。利用前に手数料が気になるという人は、チェックしてみるといいでしょう。

    Wise無料会員登録💡


    当ブログは、一般的な情報を提供することを目的としており、扱われている全てのトピックの詳細すべてが網羅されるものではありません。当ブログは、お客様が根拠とすべきアドバイスとなることを意図しておりません。当ブログの内容に基づいていかなる行動を起こすまたはいかなる行動を止める前に、専門家またはスペシャリストのアドバイスを得る必要があります。当ブログの情報は、TransferWise Limitedまたはその関連会社からの法的、税務的、その他専門的なアドバイスを表すものではありません。過去の結果と今後も同様の結果となることは保証されません。明示または明示されていないかを問わず、当ブログの内容が正確、完全、または最新であることを表明、担保または保証しておりません。

    Wise – 海外送金をもっと安く、もっとカンタンに

    詳しくはこちら
    海外送金について

    PayPalで支払いできない?考えられる原因・対処法を解説!

    PayPal(ペイパル)で支払いができない!?PayPalでの購入にエラーが出る場合の原因と対処法を紹介。PayPalが使えない人必見。PayPalで支払いにまつわる問題の解決法を詳しく紹介しています。さらに、意外と気が付きにくいPayPalの手数料についても学べます。

    Yumiko Kijima
    2021年9月29日 この記事は10分で読めます

    役立つ情報、ニュース、お知らせ