中国の送金規制とは?中国へ送る場合も中国から受け取る場合も注意!

Yumiko Kijima

日本から中国への送金、または中国から日本への送金をお考えですか?この記事では、中国の送金規制について注意したい点を解説!さらに、中国との海外送金に便利なWiseも紹介します。


中国への送金、中国からの送金に:Wise

銀行や多くの送金サービスは、送金手数料以外に、為替レート自体に為替手数料と呼ばれる手数料が上乗せされていることが多いです。海外送金の際は、必ずGoogleなどでミッドマーケットの為替レートを確認して、銀行や送金サービスが定める為替レートに手数料が含まれているかどうかチェックしてみるといいでしょう。

The true cost of sending JPY to CNY

上記の例では、楽天銀行の方が一見送金手数料が安いように見えますが、楽天銀行の為替レート自体に手数料が含まれているため、結果として受け取る金額はWiseの方が多い、つまりWiseの方が手数料が安いことがわかります。

また、中国から日本への送金もできるので、手数料や送金時間などシミュレーションしてみてください。ただし、中国からの送金は、中国で得た給料のみの送金かつ海外の自分の口座宛にしか送金できません。

The true cost of sending CNY to JPY

Wiseウェブサイトをチェック


日本から中国への送金に関わる規制・注意点

中国では、国内当局による外貨管理が行われています。そのため、中国に送金する際は以下の点に注意する必要があります。

送金の規定は利用する銀行や海外送金サービスによって異なります。そのため、送金前には事前に利用する予定の銀行・プロバイダに問い合わせて確認することが賢明です。

1. 送金通貨

銀行によっては、人民元での送金をそもそも取り扱っていないところも多くあります。その場合、米ドルなどの通貨で送金する必要があるので、相手が外貨を受け取ることのできる口座を持っていることが条件です。

受取人が人民元で受け取ることが可能 銀行・海外送金サービス
三井住友銀行¹、楽天銀行、セブン銀行²、Wise

現地当局の外貨規制によって、中国の受取人口座へ人民元で受け取れるように送ったにも関わらず、米ドルで着金する場合もあるようです。受取人に、海外からの送金を人民元で受け取れるのか受取銀行に確かめてもらうようにしてもいいですね。

2. 送金相手

日本から、中国のすべての銀行に送金できるわけではありません³。どの銀行に送金可能かは利用する銀行・プロバイダによって異なります。また、中国側の銀行が海外から送金の受け付けていない場合もあるので、送金前に、受け取り相手に確認を取っておくといいでしょう。

3. 必要となる情報

銀行/海外送金サービス
Wise⁴⁻⁶
  • 受取人名
  • UnionPay(銀聯カード)番号、 Alipay ID、またはWeixin(WeChat) ID
  • 送金目的
ゆうちょ銀行³
  • 受取人名
  • 銀行名
  • BIC(SWIFTコード)
  • 銀行口座番号
楽天銀行
  • 送金目的を示すPOPコード
  • CNAPSコード (China National Advanced Payment System)
  • 受取人の電話番号

中国への送金では、特に送金の目的を明確にすることが重要です。そのため、送金目的や資金源を確認できる書類の提示が求められることがあります。(送金目的の書き方も参考にしてみてください)

4. 送金限度額

送金限度額は利用する銀行やプロバイダによって異なるので事前に問い合わせるなどして確認しましょう。以下は、いくつかの銀行・Wiseの送金限度額をまとめました。

中国への送金限度額
Wise
  • 1日あたり10,000米ドル、年間50,000米ドル
  • Alipayアプリへの送金の場合:1回につき50,000元、送金回数は1か月に5回以内、年間の上限は500,000元
楽天銀行
  • 1回あたり100万円
  • 1日あたり100万円
  • 1ヶ月あたり200万円
  • 1年あたり500万円
ゆうちょ銀行(USD建送金となる)¹º
  • 1回あたり100万円未満
  • 1日あたり200万円以下
  • 1か月あたり500万円以下
セブン銀行¹¹
  • 1回につき50,000 人民元相当額まで
  • 1日で合計80,000 人民元相当額まで

中国からの送金に関わる規制・注意点

続いて、中国から日本へ海外送金する際の必要書類・注意点を解説します。

必要書類

中国の銀行から送金をする場合とWiseで送金をする場合の必要書類は下記の通りです。

送金サービス必要書類
中国の主要銀行
  • 銀行窓口で作成する送金申請書
  • 雇用契約書
  • 就業許可証
  • 給料明細
  • 納税記録
  • *送金するたびに毎回必要
Wise
  • パスポート
  • 居住許可証、労働許可証、ビザ、外国人永久居留身分証のどれか
  • 雇用契約書、給与明細、銀行取引明細書、雇用主による申告書のどれか
  • 個人の所得税の記録
  • *Wiseで必要書類を提出するのは初回のみ

中国の銀行で海外送金する場合、毎回書類の提出が必要になることが多いようです。一方、Wiseでは、書類の提出は初回の送金のみ。中国から何度も送金する予定のある人には嬉しいですね。

中国との海外送金の際には、為替レートを必ずチェック:「思わぬコスト」にならないように

多くの銀行・プロバイダは海外送金の際に、実際の為替レートではなく、為替手数料と呼ばれる手数料を上乗せした為替レートを使用しています。そのため、同じ日本円を送金した場合でも、受取額が異なってくることがあります。

日本から中国へ送金中国から日本へ送金の際は、規制による留意点をしっかりチェックするだけではなく、送金手数料や為替レートを比較するのも忘れないようにしましょう。

実際の為替レートで中国との送金をしたい人は、Wiseなどの海外送金サービスを利用してみてもいいでしょう。

Wiseの特徴

まとめ

日本から中国へ送金する場合も、中国から日本へ送金する場合も、中国当局による外貨管理が行われているため、注意すべき内容が多いです。

特に、中国の銀行から日本へ送金する場合は、必要書類である納税証明書や給与明細書を毎回準備する必要があり、非常に手間がかかります。

Wiseであれば、初回のみ必要書類を提出する必要がありますが、2回目以降は必要ありません。

頻繁に日本から中国へ、または中国から日本へ送金をする方は、ぜひWiseなどの海外送金サービスの利用を検討してみるといいかもしれませんね。


ソース

  1. 外国業務 よくあるご質問 : 三井住友銀行
  2. 受取金額 / 送金金額シミュレーション | 海外送金サービス | セブン銀行
  3. 中国-ゆうちょ銀行
  4. UnionPayで中国元(CNY)の送金・受け取りをする方法 | Wiseヘルプセンター
  5. Alipayで中国元(CNY)の送金・受け取りをする方法 | Wiseヘルプセンター
  6. Weixinで中国元(CNY)の送金・受け取りをする方法 | Wiseヘルプセンター
  7. 楽天銀行 受取国注意事項
  8. 中国・元(CNY)の送金についてよくある質問 | Wiseヘルプセンター
  9. 個人のお客さま向け海外送金|楽天銀行
  10. ゆうちょダイレクト国際送金
  11. サービスの特徴・送金手数料(口座入金) | 海外送金サービス | セブン銀行 │

最新の手数料に関する情報は、お住まいの地域の利用規約およびサービスの利用条件をご確認いただくか、Wiseの手数料ページをご覧ください。これは一般的な情報提供を目的としたものであり、Wise Payments Limitedまたはその子会社、関連会社による法律、税務、その他の専門的なアドバイスを意味するものではありません。また、ファイナンシャルアドバイザーやその他の専門家によるアドバイスの代わりになるものではありません。



当社は明示的または黙示的にかかわらず、この内容が正確、完全または最新であることを表明または保証しません。

国境のない金融

詳しくはこちら

役立つ情報、ニュース、お知らせ