広島銀行で海外送金するには?手数料・レート・日数を徹底解説!

Yumiko Kijima

広島銀行から海外送金したいとき、必要な手数料はどれだけでしょうか?為替レートに隠れたコスト・為替手数料がかかることも知っておきたいです。

この記事では、広島銀行からの海外送金に関する詳細と、実際の為替レートで送金できる海外送金サービス・Wiseについて、比較しながら解説します。

日本からアメリカへ受取金額が1000ドルになるように送金する場合(手数料:送金人負担)

プロバイダ 手数料(中継銀行手数料を含む) 為替レート 送金にかかる合計費用 必要な日本円支払金額
hirogin-logo-jp 広島銀行 送金手数料3,500円+電信料2,500円+コルレスチャージ3,000円¹ 広島銀行が定める為替手数料を上乗せした為替レート(1USD=108.11円)² 9,000円+為替手数料 約117,110円(シミュレーションが無いので、手数料・レートを元に計算)
Wise Wise³ 225円+0.79% 実際の為替レート(1 USD = 107.465円) 1,100円 108,565円

(2019年9月25日17:03(GMT+3)時点)

広島銀行は窓口もしくはインターネットから海外送金ができますが、いずれも送金手数料や電信料、コルレスチャージ(送金人負担にする場合)がかかります。さらに為替レートに含まれた分かりづらい手数料・「為替手数料」にも注意が必要です。

一方、海外送金サービス・Wiseは、送金手数料が比較的安価な上に、実際の為替レートを使用しているので、為替手数料がかからないことに注目です。

9月17日にアメリカへ1,000ドルを送金するとシミュレーションした場合、広島銀行とWiseではその支払い総額には約8,545円程の差が出ました。

このように海外送金は利用するサービス・銀行によって、かかるコストが大きく変わることが多いです。送金手数料や為替レートを比較し、納得した上で自分に合った方法を選べるといいですね。

リアルレートで海外送金:Wise無料登録

海外送金の“隠れコスト”:為替手数料とは

広島銀行から海外送金する際、広島銀行の定める為替レートによって両替・送金されます。この為替レートには、実は為替手数料(スプレッドとも言う)が隠れています。

例えば、2019年9月25日17:03(GMT+3)時点にWiseの為替コンバーターで確認できた対米ドル為替レートは、1米ドル= 107.565円ですが²、広島銀行で9月25日の海外送金に適用されるレートには銀行所定の為替手数料が上乗せされ、1米ドル=108.11円で計算されます。

レート 1000ドルに相当する日本円
実際の為替レート 1米ドル= 107.565円 107,565円
広島銀行の日本円→米ドルレート(TTSレート) 1米ドル=108.11円 108,110円

為替手数料の分、広島銀行での海外送金ではより多めの日本円が必要となることがわかります。

送金手数料以外にも、為替レートにこうした隠れコストがかかっていることを覚えておきたいですね。

為替手数料の負担を避けたい場合は、実際の為替レートを使用するWiseなどの海外送金サービスを検討してみてもいいでしょう。

広島銀行から海外送金する際の手数料¹

広島銀行から海外送金をする際の手数料は、いくつか種類があります。以下にまとめましたので参考にしてください。

各手数料 広島銀行 Wise
送金手数料 店頭手続き:3,500円、インターネットバンキング:1,500円、外為Webサービス(法人):2,000円 各通貨・送金額により異なる。※1,000米ドル分を送金する場合の例:1,106円
電信料 2,500円 0円
コルレスチャージ 3,000円 0円(原則)
為替手数料 銀行所定の為替レートに含まれる 0円
リフティングチャージ (円→円・外貨→外貨のまま送金する場合) 送金額の0.05%(最低手数料 2,500円) ---
組戻手数料、内容変更手数料 **5,000円 ** 0円入金確認までは送金キャンセルが可能

広島銀行から海外送金する際の手数料は、送金手数料のほか、電信料やコルレスチャージ(広島銀行と受取人の指定した海外銀行を中継するコルレス銀行にかかる手数料)なども必要です。送金手数料はWebサービスを使えば割引もあります。

また先述した為替手数料にも気をつけておきたいですね。

一方の Wiseは、基本的に送金手数料しかかかりません。

送金手数料も、自社内の国内送金で完結する新しい送金手段を活用しているため、比較的安価に抑えられており、コルレスチャージなども原則不要です(日本への100万円を超える送金、アメリカ以外の国への米ドル送金など、例外的に必要な手続きもあります)。海外送金の「隠れコスト」となりがちな為替手数料もなく、日本円から全52通貨にリアルレートで送金が可能です。

広島銀行で海外送金を受け取るときに必要な手数料

広島銀行で海外送金を受け取る際には、受取手数料などがかかります。

各手数料 広島銀行
受取手数料 0円
ミニマムチャージ(米ドル建て送金で10千米ドル以下、その他通貨建て送金で100万円相当額以下の送金受取時に適用) 2,500円
リフティングチャージ (円→円・外貨→外貨のまま送金する場合) 送金額の0.05%(最低手数料 2,500円)

海外からの送金を広島銀行で受け取るとき、受取手数料はかかりませんが、送金額や送金通貨に応じてミニマムチャージやリフティングチャージが必要です。

一方、送金人がWiseを使って送ってきた海外送金を受け取る場合は、特別な海外送金受取手数料はかかりません。リアルレートで送金を受け取りたい場合、送金人にWiseを紹介してみてもいいかもしれませんね。

広島銀行から海外送金できる通貨の種類⁴

シンガポールドル、タイ・バーツ、日本円、香港ドル、米ドル、ユーロ、英ポンド、カナダ・ドル、スイス・フラン、スウェーデン・クローネ、デンマーク・クローネ、ノルウェー・クローネ、オーストラリア・ドル、ニュージーランド・ドル

※法人のみ取り扱いのある通貨:メキシコ・ペソ、中国人民元、韓国ウォン、ニュー台湾ドル、フィリピン・ペソ、インドネシア・ルピア、インド・ルピー、マレーシア・リンギット、ベトナム・ドン

広島銀行は、海外送金の取り扱い通貨が多いのが特徴ですね。

しかしそれでも、自分が送りたい通貨を広島銀行が取り扱っていない場合、Wiseのような海外送金に特化したサービスを利用してみてもいいかもしれません。リアルレートで日本の口座から、全52通貨へ送金できますよ。実際にかかる各国への海外送金日数も紹介していますので、確認してみてください。

広島銀行の代わりに利用できる、安価で透明性高い海外送金:Wise(ワイズ)

Wiseはエストニア発祥で世界展開している、海外送金サービスです。その特徴は手数料が非常に安価で、手続きも簡単なこと。その安さの理由は、同社内で国内送金を行い、手数料の高いコルレス銀行を経由せずに送金できる仕組みにあります。

例えば日本からアメリカに送金する場合、最初に日本の送金人がWise Japan口座に資金を送金します。すると、Wiseアメリカ口座から受取人に国内送金されます。Wise以外の金融機関は一切利用しません。

さらに、換金に利用するリアルタイムの為替レートに、為替手数料は一切かかりません。具体的な送金シミュレーションは公式サイトから簡単に行えます。

transferwise-simulation-pic-jp
↑送金コスト・着金予定日がシミュレーションで簡単にわかります。Wiseが本当に一番安い海外送金の方法かどうか、他のサービスとの比較も行なっていますので、確認してみてくださいね。
(画像は、2019年9月25日17:03(GMT+3)時点)

広島銀行から海外送金する方法⁴

個人客が広島銀行から海外送金をするには、基本的には窓口で手続きします。

  • 広島銀行に来店、担当窓口へ。
  • 必要書類を提出し、送金依頼書を作成。
  • 担当者による送金手続き。

現金での送金や、直近で入金した資金による送金は原則できませんので注意しましょう。また、「外国送金事前登録口座」として送金先を事前登録しておけば、インターネットバンキング⁵からも送金可能です。送金手数料の割引もあって便利ですよ。

法人は外為Webサービスからの送金も可能。月額基本料や送金手数料がかかります。⁶

忙しい人には、全てのプロセスがオンラインで済むWiseのような海外送金サービスを利用してもいいかもしれません。

Wise(ワイズ )での海外送金方法

  • 無料アカウント登録
  • 送金人・受取人情報を入力
  • 初めての送金かつ10万円以下の送金であれば、そのまま送金可能
  • 指定された日本の銀行口座に入金する
  • あとは、受取人の口座に着金するのを待つのみ

より詳しい送金方法は、Wiseガイドを参照してくださいね。

広島銀行からの海外送金に必要な情報・書類一覧⁴

広島銀行から海外送金をする際に必要な情報や書類があります。事前にチェックしておきましょう。

  • 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、健康保険証、在留カードなど)
  • 個人番号の確認書類(マイナンバーカード、住民票(個人番号記載)、通知カードなど)
  • 広島銀行の通帳、届出印
  • 送金先の情報(支払銀行・支店名・住所・国名、スイフトコード、受取人の受取人名・住所・国名、口座番号)
  • 送金目的(商品名、原産地、船積地など)

広島銀行で海外送金を受け取るときに必要な情報⁷

広島銀行で海外送金を受け取る際には、以下の情報が必要です。

  • 銀行名(BANK NAME):THE HIROSHIMA BANK, LTD
  • SWIFTコード/BICコード:HIROJPJT
  • 受取支店名・住所(BRANCH NAME・ADDRESS)
  • 受取人(自分の)口座番号(BENEFICIARY'S ACCOUNT NO.):本人名義の口座番号
  • 受取人(自分の)住所・氏名(BENEFICIARY ADDRESS・NAME):受取人の住所・氏名(アルファベット)
  • 受取人(自分)の電話番号(BENEFICIARY PHONE NUMBER)

広島銀行から海外送金した際、着金までの日数⁸

広島銀行から海外送金して受取人にお金が届くまでに、一般的には1週間程度かかるそうです。国や通貨によってさらに時間がかかる可能性もあるので、余裕を持って手続きしましょう。海外送金を急いでしたい場合には、海外送金を早くする秘訣もチェックしてくださいね。

ちなみに、Wiseでは、送金シミュレーションの段階で、着金予定日を把握しておくことができますよ。

広島銀行の海外送金に関する問い合わせ先

広島銀行の海外送金に関して確認する場合は、以下の問い合わせ先に連絡しましょう。

  • 海外送金全般について
    国際営業部
    (音声アナウンス→「2」を選択→オペレーターへ)
    TEL:082-247-5151(代表)
    受付時間:平日9:00~17:00(土日祝、大晦日、正月3が日は除く)

  • 個人のインターネットバンキングについて
    インターネットバンキング・サポートデスク
    フリーダイヤル:0120-164-077
    受付時間:平日9:00~21:00(土日祝、大晦日、正月3が日は除く)

  • 法人の外為Webサービスについて
    外為Webサービスサポートデスク
    フリーダイヤル:0120-801-640
    受付時間:平日9:00~17:00(土日祝、大晦日、正月3が日は除く)

広島銀行の海外送金に関するまとめ

広島銀行から海外送金をするときは、送金手数料以外に電信料やコルレスチャージ、為替レートに含まれた為替手数料などが必要です。そのコストは数千円と、無視できる金額ではないでしょう。

代わりに利用できる海外送金サービス・Wiseは、比較的安価な送金手数料で送金可能。為替レートには為替手数料を含まないので、より有利なレートで換金できますね。公式サイトから簡単にシミュレーションもできますよ。

海外送金は利用する銀行やプロバイダによって、かかるコストが大きく変わることがあります。事前に送金手数料や適用される為替レートをリサーチした上で、納得できる方法で送金できるといいですね。


ソース

  1. 広島銀行:仕向外国送金にかかる手数料の一部改定について
  2. 広島銀行:外国為替レート(2019年9月25日17:03(GMT+3)確認)
  3. Wiseシミュレーション(2019年9月25日17:03(GMT+3)確認)
  4. 広島銀行:外国送金(仕向送金)
  5. 広島銀行:インターネットバンキングサービス「5.外国送金のお取引」
  6. 広島銀行:外為Webサービス
  7. 広島銀行:外国送金(被仕向送金)
  8. 電話確認

上記ソース確認:2019年9月25日


当社は、当ブログを利用することによって生じたいかなる損害について、一切の責任を負いかねます。 当ブログに掲載されている情報は、その妥当性、信頼性、有用性、最新性を保証するものではありません。 当ブログで掲載している情報につきましては、一切の予告なく内容を変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。


最新の手数料に関する情報は、お住まいの地域の利用規約およびサービスの利用条件をご確認いただくか、Wiseの手数料ページをご覧ください。これは一般的な情報提供を目的としたものであり、Wise Payments Limitedまたはその子会社、関連会社による法律、税務、その他の専門的なアドバイスを意味するものではありません。また、ファイナンシャルアドバイザーやその他の専門家によるアドバイスの代わりになるものではありません。



当社は明示的または黙示的にかかわらず、この内容が正確、完全または最新であることを表明または保証しません。

国境のない金融

詳しくはこちら

役立つ情報、ニュース、お知らせ