十六銀行で海外送金するには?手数料・レート・日数を徹底解説!

Wise

十六銀行から海外送金をするには、どれほどの手数料や日数がかかるのでしょうか。またどのような為替レートが適用されるのでしょうか。代わりに利用できる便利な海外送金サービス・Wiseとも比較しながら解説します。

日本からアメリカへ、受取金額が1000ドルになるように送金したい場合(手数料は送金人負担)

プロバイダ 手数料(コルレス銀行手数料を含む) 為替レート 送金にかかる合計費用 必要な日本円支払額概算
16bank-logo-jp 十六銀行 送金手数料8,000円+コルレス手数料3,000円¹ 十六銀行が定める為替手数料を上乗せした為替レート(1USD=107.02円²) 11,000円+為替コスト 11,000円+107,020円=118,020円
Wise Wise 1,061円 リアルタイムの実際の為替レート(1USD=105.795円³) 1,061円 1,061円+105,795円=106,856円

(2019年8月9日時点)

十六銀行から海外送金するには、仕向送金手数料やコルレス手数料(送金人負担にする場合)として計11,000円がかかります。この時点で「かなり高い......」と思うかもしれませんが、これらのわかりやすい手数料に加え、十六銀行が海外送金に使う為替レートにも手数料が含まれていることに注意です。つまり、実際の為替レートではないということです。

一方Wiseから送金したときにかかるコストは、送金手数料の1,061円のみ。為替レートは為替手数料を上乗せしていない実際の為替レートを使っています。上記の例では、必要な日本円支払金額も、十六銀行に比べ1万円以上もコストが抑えられることがわかります。

つまり、同じ金額を海外送金するときも、利用する銀行やプロバイダによって差が出ることがわかります。Wiseで送金した場合のコストは、海外送金シミュレーションから確認できますよ。海外送金の際には、送金手数料だけでなく各銀行の為替レートを比較しておくといいでしょう。

海外送金の“隠れコスト”:為替レートに注意

十六銀行所定の為替レートには、1日1回更新される銀行の基準レート(仲値)に、為替手数料が上乗せされています。銀行から送金する場合には、この「隠れコスト」のために仲値よりも若干不利なレートで換算されてしまうことに注意しましょう。

例えば、米ドルの場合、2019年8月9日の仲値は、1米ドル=106.02円です⁴。ところが十六銀行の為替レートには、1米ドルにつき1円の為替手数料が上乗せされ、海外送金の際には1米ドル=107.02円で計算されます。

これはどういうことでしょうか?例を見てみましょう。1,000ドルを送金する場合には、仲値では1,000ドルは106,020円に相当しますが、為替手数料を上乗せした十六銀行の為替レートでは、107,020円が必要ということになります。

為替レート 1000ドルに相当する日本円
仲値(1日に1回定められる銀行の基準レート) 1米ドル=106.02円 106,020円
十六銀行 1米ドル=107.02円 107,020円

為替手数料を気にせずに海外送金したい方には、リアルタイムの為替レートで送金できるWiseの利用を検討してみてもいいかもしれません。格安の送金手数料とリアルレートで、一般的な銀行の最大8倍安く海外送金ができますよ。

十六銀行の海外送金にかかる手数料¹

十六銀行から海外送金をする場合には、以下のような手数料がかかります。

各手数料 十六銀行 Wise
仕向送金手数料 窓口からの送金:8,000円、「SMART entry」を利用:7,500円、 【法人のみ】「じゅうろく外為WEBサービス」を利用:4,000円(別途月額基本手数料2,160円が必要) 各通貨・送金額により異なる 10万円を両替してアメリカのドル口座へ送金する場合:1,007円
コルレス手数料(支払銀行手数料) 3,000円 0円(原則)
為替手数料 銀行所定の為替レートに含まれる 0円
リフティングチャージ(円→円・外貨→外貨のまま送金する場合のみ) 送金金額の1/20%(最低1,500円) ---
照会手数料・内容変更手数料・組戻手数料 3,500円(1件当たり) 0円送金が完了する前まではキャンセルが可能

十六銀行の送金手数料は基本的に8,000円ですが、公式サイトから海外送金依頼書が作成できるSMART Entryを利用すると7,500円に、法人のみ利用できる「じゅうろく外為サービス」から手続きすると4000円になるなど、割引制度もあります。

一方、Wiseでは、各通貨・送金金額に応じた送金手数料がかかります。例えば10万円をアメリカのドル口座に送金したい場合、1,007円の送金手数料で済みますよ。

(2019年8月15日シミュレーション)

十六銀行の海外送金の受け取りにかかる手数料¹

各手数料 十六銀行
被仕向送金手数料 2,500円
リフティングチャージ(円→円・外貨→外貨のまま送金する場合) 送金金額の1/20%(最低1,500円)

海外送金を十六銀行で受け取るには、2,500円の被仕向送金手数料がかかります。また、同一通貨で受け取りたい場合、リフティングチャージが別途でかかります。

もし送金人がWiseを使えば、特別な海外送金受け取り手数料はかかりません。理由は、Wiseの国内送金を活用した仕組みにあります。

また、送金を受け取るだけの場合、Wiseのアカウントは必要ありません。リアルレートで海外送金を受け取りたい場合、送金人にWiseを紹介してみてもいいかもしれません。

十六銀行に代わる、安価で透明性の高い海外送金方法:Wise

Wiseが安く海外送金できる理由は、その送金の仕組みにあります。時間とお金がかかりがちな通常の銀行の海外送金の仕組みとは違い、複数の国内送金を生かした新しい仕組みで海外送金を行うことで、海外送金をより速くより安くしています。

また、常に実際の為替レートを使用しているので、銀行や多くの海外送金プロバイダのように為替レートにいくら手数料が上乗せされているのか心配する必要もありません。

「でも、銀行以外で海外送金するのは不安...」と思う人もいるかもしれません。ワイズ・ジャパン株式会社は関東財務局に資金移動業者として免許登録しています。また、世界で500万人以上のユーザーから使用され、毎月の送金額は40億ポンド(約5,135億円)を超えています。

新たな海外送金の選択肢として検討してみてもいいかもしれませんね。実際にWiseでどの程度コストを節約できるか、シミュレーションから簡単に確認できますよ。

十六銀行で海外送金する方法

十六銀行から海外送金するときは、基本的に取引店の銀行窓口で手続きをします。個人ユーザーの海外送金業務を行っている支店は限られているので注意しましょう⁵。

十六銀行海外送金取り扱い店舗
本店営業部、忠節支店、長良支店、柳ヶ瀬支店、真砂町支店、県庁支店、各務原支店、高富支店、穂積支店、羽島支店、赤坂支店、大垣支店、関支店、美濃加茂支店、可児支店、多治見支店、中津川支店、高山支店、一宮支店、名古屋駅前支店、名古屋営業部、刈谷支店

手続きに行く前に、SMART Entryを利用すると、WEB上で送金依頼書が作成できるので、窓口での手続きがスピーディーになり便利です。送金手数料も500円割引されます。利用した場合は、依頼書を作成してから2時間経過後〜20日以内に来店する必要があります⁶。

法人向けサービス「じゅうろく外為WEBサービス」はインターネットから海外送金手続きが可能になります。別途月額利用料もかかります。申し込みも必要ですので、窓口で確認してください⁷。

  • 海外送金業務の扱っている窓口に行く。

  • SMART entry利用者はWeb画面で入力後に表示されるHP受付番号を伝え、印刷した外国送金依頼書を渡す(印刷したものを忘れても手続き可能だが、持っていった方がスムーズに手続きできる)。

  • SMART entryを使わなかった方は、窓口にて所定の外国送金申請書に記入。

  • 担当者の指示に従って手続きする。

十六銀行で海外送金するのに必要な情報・書類⁸

十六銀行から海外送金の手続きをする際に必要な情報や書類を整理しておきましょう。

  • 印刷した「外国送金依頼書兼告知書」(SMART entryを利用した場合)
  • マイナンバーの届けが済んでいない場合、マイナンバー確認書類(マイナンバーカード、個人番号記載の住民票、通知カードなど)
  • 本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)
  • 通帳(通帳が発行されていない口座の場合、不要)
  • 印鑑
  • 送金先の情報(銀行名、支店名、受取人の口座名義・口座番号・受取人住所(アルファベット表記)

海外の金融機関から、十六銀行で送金を受け取るのに必要な情報ꝰ

十六銀行で海外からの送金を受け取ることも可能です。その際は以下のような情報が必要となります。

  • 銀行名(BANK NAME):The Juroku Bank,Ltd.
  • SWIFTコード/BICコード:JUROJPJT
  • 支店名(BRANCH NAME):~BRANCH(本店営業部はHEAD OFFICE)
  • 支店住所(ADDRESS):店舗検索にて確認
  • 受取人口座番号(BENEFICIARY'S ACCOUNT NO.):店番号3ケタ-口座番号7ケタ
  • 受取人名(BENEFICIARY NAME):受取口座名義(アルファベット表記)

十六銀行で海外送金するのにかかる日数¹º

十六銀行でかかる海外送金の日数について、一般的には窓口で書類を預かった翌日から1週間以内には送金できるそうです。しかし利用する銀行や通貨によってはそれ以上かかることも。

より早く着金させたい場合には、海外送金を早くする秘訣も参考にしてくださいね。

十六銀行の海外送金に関する問い合わせ先

十六銀行の海外送金に関して、以下から問い合わせ可能です。

・SMART entry、じゅうろく外為WEBサービスに関する問い合わせ

TEL:0120-16-5016

受付時間:月〜金 9:00〜17:00(銀行営業日)

・商品・サービス全般に関する問い合わせ

TEL:0120-50-8616

受付時間:月~金 9:00~19:00

     土・日 9:00~17:00(祝・休日および12/31~1/3を除く)

十六銀行海外送金まとめ

十六銀行から海外送金をする際は、海外送金業務を行っている支店の窓口に行って手続きをしましょう。事前に送金依頼書を作成するサービス(SMART entry)を利用すると送金手数料も割引になるので便利ですよ。しかしそれでも10,500〜11,000円のコストがかかってしまいます。

もしコストを抑えて手軽に送金したい場合は、海外送金に特化したWiseのようなサービスを利用することを検討してみてもいいかもしれません。為替レートには為替手数料の上乗せがないので、常にリアルレートで送金可能です。どれだけ安く送金できるかきになる方は、シミュレーションからチェックできます。送金コストと着金予定日がわかります。


ソース

  1. 十六銀行: 外国送金 仕向送金
  2. 十六銀行: 為替相場情報 米ドル円貨→外貨(TTS)レートを確認(2019年8月9日19:55(日本時間))
  3. Wiseウェブサイトでレートを確認(2019年8月9日19:59(日本時間))
  4. 十六銀行: 為替相場情報 米ドルTTSレート・TTBレートの中間を計算(2019年8月9日19:55(日本時間))
  5. 十六銀行: 外為関連サービス 「海外へのご送金」を参照
  6. 十六銀行: 外国送金SMARTEntry
  7. 十六銀行: じゅうろく外為Webサービス
  8. 十六銀行: ご来店時にお持ちいただくもの
  9. 十六銀行: 外為関連サービス 「海外からのご送金(被仕向送金)」を参照
  10. 電話確認

当社は、当ブログを利用することによって生じたいかなる損害について、一切の責任を負いかねます。 当ブログに掲載されている情報は、その妥当性、信頼性、有用性、最新性を保証するものではありません。 当ブログで掲載している情報につきましては、一切の予告なく内容を変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。


最新の手数料に関する情報は、お住まいの地域の利用規約およびサービスの利用条件をご確認いただくか、Wiseの手数料ページをご覧ください。これは一般的な情報提供を目的としたものであり、Wise Payments Limitedまたはその子会社、関連会社による法律、税務、その他の専門的なアドバイスを意味するものではありません。また、ファイナンシャルアドバイザーやその他の専門家によるアドバイスの代わりになるものではありません。



当社は明示的または黙示的にかかわらず、この内容が正確、完全または最新であることを表明または保証しません。

国境のない金融

詳しくはこちら

役立つ情報、ニュース、お知らせ