海外赴任時の携帯電話(スマホ)の使い方を徹底解説:SIMロック解除から格安SIMまで

Yuyuki Tanno

海外赴任が決まったら、日本で使っていた携帯電話やスマートフォンを持っていくのか、現地で契約し直すのかなどを検討する必要があります。とれる手段は何種類かありますが、結論からいうと「SIMフリーにした携帯電話・スマートフォンを海外へ持っていく」のが最もおすすめです。

この記事では、海外赴任先へ携帯電話を持っていく際の方法や、それぞれのメリット・デメリットについて紹介します。

また海外赴任中は、海外から日本へ送金することも増えるでしょう。そこで、日本の銀行と比べ最大14倍安く海外送金ができるWise(ワイズ)についても紹介します。ぜひ海外赴任前の準備や海外赴任中の生活にお役立てください。

Wiseについてさらに詳しく💡

目次🔖
  • 日本で使ってる携帯電話やスマホは海外赴任中でも使える?
  • おすすめの方法:日本の携帯電話のSIMロックを解除し、海外赴任先に持参
  • 日本の格安SIMに乗り換える
  • 日本で使用している携帯電話を継続活用
  • 海外赴任先で携帯電話を購入
  • 海外赴任の際のお金の管理ならWiseの使用がおすすめ
  • まとめ
  • 日本で使ってる携帯電話やスマホは海外赴任中でも使える?

    日本で使用している携帯電話・スマートフォンを海外で使用する手段は、主に下記の4種類です。それぞれメリットとデメリットが異なるため、自分に合った手段を選択するようにしましょう。

    おすすめ度メリットデメリット
    SIMロック解除した携帯を持って行く
  • 日本で使っていた機種を持っていける
  • 通信料が比較的安価
  • 日本の携帯電話番号が使えなくなる
  • 海外の携帯電話会社との契約が必要
  • 日本の格安SIMに乗り換える
  • 通信料が比較的安価
  • 日本の携帯電話番号が使える
  • ・SIMフリーよりもコストがかかる
    日本の携帯会社の国際ローミングを使用する
  • 日本で使っていた機種をそのまま持っていける
  • 通信料がかなり高くなりやすい
  • 定額プランもあるが、対象外の地域がある
  • 海外現地で携帯を購入・レンタル・手軽にレンタルできる・長く持つほどレンタル料がかかる

    おすすめの方法:日本の携帯電話のSIMロックを解除し、海外赴任先に持参

    もっともおすすめなのは、日本の携帯電話のSIMロックを解除し、SIMフリーの携帯電話として海外へ持っていくことです。

    SIMカードとは、電話番号などの識別情報が記録されたICカードのことです。各携帯電話に1つのSIMカードが付いており、このカードがあることで電話やSMSのやり取り、インターネットの利用などができるようになります。

    これに対して、特定の携帯電話会社を介した利用に限定された状態のことを「SIMロック」といい、これを解除して、どの携帯電話会社のSIMカードでも利用できるような状態を「SIMフリー」といいます。

    日本のSIMカードは海外では使えないため、海外で携帯電話を利用するには海外現地のSIMカードを購入し、携帯電話に差し込む必要があります。

    そのため、海外赴任前に携帯電話をSIMフリーにしておけば、お手持ちの携帯電話を海外に持っていき、現地のSIMカードを使って利用できます。

    SIMフリーにするメリットとデメリット

    携帯電話をSIMフリーにするメリットは主に2つあります。

    1つ目は、これまで使っていた携帯電話の機種をそのまま活用できることです。携帯電話にはさまざまなアプリや情報が詰まっているため、機種を変更する労力が少なからずかかります。これを軽減できるのは大きな利点でしょう。

    2つ目は、通信コストを下げられる点です。海外赴任先で携帯電話をそのまま使えるサービスのひとつに「国際ローミング」がありますが、電話・ネット通信とも従量課金制となり、そのコストは比較的高めです。また、海外用に携帯電話をレンタルする方法もありますが、レンタルは元々短期での利用を想定しているため、長期で利用すると割高になってしまいます。

    一方SIMフリーであれば、現地でSIMカードを購入すれば利用できるので、本体価格は0円、通信料は現地価格なので、比較的安価に利用できます。

    続いて、SIMフリーのデメリットも2つ紹介しておきましょう。

    まず1つ目は、手続きがわかりにくい場合があることです。日本語でのサポートがないことも多いため、できるだけ手続きが簡単に完了するSIMカードを事前に調べておきたいですね。

    2つ目は、日本の電話番号やキャリアのメールアドレスが使えなくなる点です。日本で契約したサービスの中には、日本の携帯電話番号が必要なものがあります。また電話番号を変えてしまうと、銀行やクレジットカードなどの手続きも増えてしまい、ただでさえ忙しい海外赴任前後の負担が増えてしまうでしょう。

    その解決策としては、日本の携帯電話キャリアとの契約を残した状態にする「休止手続き」をすることです。1,000〜3,000円程度の手数料と、月数百円程度の保管料がかかりますが、日本の電話番号やメールアドレスを残しておくことができます。

    SIMロック解除をする方法と条件とは?

    SIMロックを解除する方法や手数料は、携帯電話キャリアによって異なります。ここでは三大キャリアでの手続き方法と手数料を見てみましょう。

    SIMロック解除の条件手数料
    docomo¹
  • 2021年8月27日以降に発売された機種の場合:手続き不要
  • それ以前に発売された機種:オンラインまたは窓口で手続き可能
  • Web:無料
  • 電話・店舗:3,300円(一部機種は無料)
  • au²
  • 2021年10月1日以降に発売された機種の場合:手続き不要
  • それ以前に発売された機種:オンラインまたは窓口で手続き可能
  • Web:無料
  • 店舗:3,300円(購入と同時なら無料)
  • Softbank³⁻⁴
  • 2021年5月12日以降に発売された機種の場合:手続き不要
  • それ以前に発売された機種:オンラインまたは窓口で手続き可能
  • Web:無料
  • 店舗:3,300円
  • どのキャリアもWebでの手続きなら無料、店舗では原則有料という状況です。SIMフリーにするなら、Webで手続きを行うのが良いかもしれません。

    SIMフリースマートフォンは購入可能

    携帯電話の中にはSIMロックを解除できない機種もあります。その場合はSIMフリーの携帯電話やスマートフォンを新たに購入するという手段があります。

    なお、AndroidのSIMフリー機種は家電ショップなどで購入できますが、iPhoneのSIMフリー機種はAppleもしくは中古ショップで購入する必要がある点にご注意ください。

    ここまでの内容から、SIMロックを解除する方法が最もコストを抑えられるおすすめの方法だといえます。

    日本の格安SIMに乗り換える

    SIMフリーよりはコストがかかりますが、日本の格安携帯電話会社で格安SIMを契約し、海外へ持っていくという方法もあります。

    そもそも格安SIMとは、格安の料金で利用できる通信サービスのことを指します。一番のメリットは、大手携帯電話キャリアよりもコストが抑えられる可能性が高いこと。一方で、キャリアのメールアドレスが使えない、店舗での手続きが行えないといったデメリットもあります。

    近年多く利用されている格安SIM会社は「Y!mobile」「UQモバイル」「ahamo」などがあります。より詳しく知りたい人はこちらも読んでみてください。

  • 海外赴任中でもワイモバイルを使いたい人必見!方法や料金まで徹底解説
  • 海外赴任中でもUQモバイルを使いたい人必見!方法や料金まで徹底解説
  • 手持ちの携帯を解約し、格安SIMを契約するときの注意点:解約金

    もし大手三大キャリアから格安SIMに乗り換える場合は、今使っている機種をSIMフリーにしてから格安SIMを契約するか、新たに携帯電話やスマートフォンを購入して格安SIMを契約する方法があります。

    いずれも、これまで使っていた携帯電話契約の解約の手続きが必要です。解約手続きはオンラインもしくは店舗で行えますが、場合によっては店舗でしか手続きができないことがありますので、事前に自分の契約している携帯電話会社の公式サイトなどで確認するようにしましょう。

    なおdocomo⁴、au⁵、SoftBank⁶とも、解約金・解約手数料は無料となりました。

    日本で使用している携帯電話を継続活用

    このほか、大手三大キャリアや格安SIMで契約したまま、海外ローミングを使って手持ちの携帯電話を海外へ持参することもできます。特に大きな手続きもなくそのまま携帯電話を利用できる点が大きなメリットです。

    ただし、原則的に従量課金制のためコストが高くなりやすく、定額プランを利用しても対象外の地域がある点がデメリットといえます。

    海外赴任先で携帯電話を購入

    また、日本の携帯電話を解約して、赴任先の現地で新しい携帯を契約することもできます。現地でのコミュニケーションが必要にはなりますが、現地のコスト感で携帯電話・スマートフォンが利用可能です。

    海外赴任の際のお金の管理ならWiseの使用がおすすめ

    海外赴任の際には、日本から海外赴任先に海外送金をしたり、海外で銀行口座を開設するなどの、お金を管理する必要が出てくるかもしれません。

    そんな人にぴったりなのが、海外送金や外貨利用に特化したサービスを提供するWise。Wiseでは、海外での生活をより便利にする3つの機能を使うことができます。

    1つ目の機能は、安価な手数料で行える海外送金。一般的には、国外から日本の銀行へ送金しようとすると、数千円単位の手数料がかかることも。しかし、Wiseなら日本の銀行の最大14倍安い手数料で送金が可能です。

    The true cost of sending JPY to USD

    2つ目の機能は、マルチカレンシー口座が利用できること。日本にいながらでも、米国や英国、ヨーロッパ諸国、シンガポール、オーストラリアなど10通貨の現地口座情報が取得できます。そのため、余分な手数料を払うことなく、まるで現地にいるかのように受け取り手数料無料で簡単にお金の受け取りができますよ。また、50以上の通貨に両替・保有も可能です。

    3つ目は、アカウントに紐付いたWiseデビットカードが使用できること。日本の銀行が発行するデビットカードと比べると、最大4倍安く外貨のまま決済ができます。また、海外ATMでの現金引き下ろしする場合も、月に2回までかつ3万円相当までなら無料で行えます。

    wise-account-jp

    このようにWiseを持っていると、海外生活がより豊かなものになるかもしれませんね。

    Wise無料会員登録🚀

    まとめ

    海外赴任時に携帯電話・スマートフォンを使うなら、コスト感や手続きの難易度、便利さから考えると、SIMフリーを利用するのが最もおすすめです。ぜひ日本を発つ前に手続きをしてみてください。また海外生活のお供として、多くの国で利用できるWiseアカウントを作成しておき、海外送金マルチカレンシー口座などを活用するとよいでしょう。

    Wise for sending money

    ソース

    1.SIMロック解除 | お客様サポート | NTTドコモ
    2.SIMロック解除のお手続き | スマートフォン・携帯電話をご利用の方 | au
    3.ソフトバンクの携帯電話を他社で利用する/SIMロック解除
    4.携帯電話の解約お手続き方法
    5.「2年契約/2年契約N」に契約解除料は発生しますか?
    6.解約する際の契約解除料はいくらですか?


    最新の手数料に関する情報は、お住まいの地域の利用規約およびサービスの利用条件をご確認いただくか、Wiseの手数料ページをご覧ください。これは一般的な情報提供を目的としたものであり、Wise Payments Limitedまたはその子会社、関連会社による法律、税務、その他の専門的なアドバイスを意味するものではありません。また、ファイナンシャルアドバイザーやその他の専門家によるアドバイスの代わりになるものではありません。



    当社は明示的または黙示的にかかわらず、この内容が正確、完全または最新であることを表明または保証しません。

    国境のない金融

    詳しくはこちら
    海外での生活

    海外赴任時に楽天モバイルを利用する方法を解説!

    楽天モバイルは海外赴任時に便利なサービス内容になっています。楽天モバイルのサービス内容やメリット、デメリット、電話番号の維持や使い方などを分かりやすく解説します。Wiseなど利便性の高い海外赴任時向けのサービスについても併せて紹介します。

    Yuyuki Tanno
    2023年11月21日 この記事は7分で読めます
    海外での生活

    海外不動産にかかる税金について解説!確定申告や売却時の税金も

    日本にいる人が海外に不動産を所有している場合、日本で税金が課されるのでしょうか。結論からいうと、海外不動産から得た所得は日本国内でも課税の対象となります。この記事では、海外不動産と日本国内でかかる税金に関して解説します。

    Yuyuki Tanno
    2023年10月3日 この記事は8分で読めます

    役立つ情報、ニュース、お知らせ