PayPalをクレジットカードなしで使う方法:銀行口座でOK

Yumiko Kijima
2021年6月9日
この記事は6分で読めます

この記事では、クレジットカード以外にPayPalに登録することができる支払い方法を解説しています。

さらに、PayPalで外貨の支払いを行う際に発生する「隠れコスト」も紹介。海外通販サイトでの買い物や海外送金を便利に行えるサービスWiseについても学べますよ。

目次

クレジットカードなしでPayPalを使うには

PayPalでは、クレジットカード以外にも登録できる支払い方法として

があります。

以下で、それぞれの方法について説明します。

1. 銀行口座

クレジットカードなしでPayPalを使いたいなら、銀行口座の情報を登録して口座振替をするのが簡単です。また、口座振替設定をすることでPayPalの本人確認も同時に完了します

さらに、クレジットカードやデビットカードからは個人間送金の機能は利用できないので、PayPalで家族や友人などへの送金(海外送金を含む)機能を利用するなら、必ず口座振替をする必要があります。¹

【PayPalの口座振替を利用できる銀行】
PayPalで口座振替を利用できる銀行は

  • みずほ銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行

の4つとなっています(2021年6月現在)。²

※2020年9月より、三井住友銀行とゆうちょ銀行はPayPalへの新規の口座登録・振り替え設定を一時的に停止しています。再開時期は未定です。³

【PayPalに銀行口座を登録・口座振替する方法】
PayPalに銀行口座を登録し、口座振替設定を行う方法は簡単です。²

  • PayPalにログインし、画面上部の[ウォレット]をクリック
  • [銀行口座を登録]をクリック
  • 口座振替が可能な銀行を選択
  • 銀行口座情報を入力
  • 本人確認手続きが完了していない場合、生年月日、職業、PayPalの利用目的を入力(本人確認手続きが完了している場合この画面は表示されない)
  • 各銀行のページに移動し、画面の指示に従い必要情報を入力
  • 口座振替設定・本人確認完了

口座振替設定の情報がPayPalに反映されるまで数分程度かかる場合があります。銀行口座の登録がうまくできない場合は、下の記事を参照してください。

📖これも読む: PayPalに銀行口座が登録できない!考えられる原因・解決法

2. デビットカード・プリペイドカード

クレジットカード以外の選択肢として、デビットカードや、コンビニなどで購入できるVプリカなどのプリペイドカードも利用可能です。

【PayPalにカードを登録する方法】

  • PayPalアカウントにログイン
  • ページ上部の[ウォレット]をクリック
  • [カードの登録]をクリック
  • 必要な情報を入力して、[保存]をクリック
📖これも読む: PayPalにカードを登録できない!考えられる理由・解決法

ただし、先述した通り、クレジットカードやデビットカード、プリペイドカードなどはPayPalを介した商用支払いには利用できますが、個人間送金には使えない点に注意しましょう。²

PayPal残高をチャージすることはできないの?

「PayPalに残高をチャージして支払いをしたい」と考えている人も多いかもしれません。確かに、PayPalに残高があれば、そこから決済や送金に利用することができます。

しかし残念ながら、日本からはPayPal残高をチャージ(入金)することはできません(2021年6月現在)。PayPalを利用するなら、銀行口座またはカードのいずれかの支払い方法を登録しましょう。⁴

PayPalで海外通販・海外送金をするなら気をつけたい「通貨換算手数料」

PayPalを使って海外通販サイトの支払いや、海外にいる友人への送金に使いたいと考えている人も多いのではないでしょうか。PayPalで外貨の支払いや送金をする際には「通貨換算手数料」がかかることに注意しましょう。

通貨換算手数料は、通貨の両替(円⇔外貨)が行われる際に生じる手数料です。PayPalの通貨換算手数料は為替レートに含まれているため、気がつきにくいのが難点です。

PayPalの通貨換算手数料は通貨によって3%または4%と設定されています(日本円→米ドルの場合は4%)。⁵

具体例を見てみましょう。

日本円の口座からアメリカの友人に1,000ドルを届けられるように送金する場合(送金側が手数料負担)

海外送金手数料為替レート日本円送金額
PayPal499円4%の通貨換算手数料を含むPayPalの為替レート(1ドル=113.885円)114,384円
Wise804円(119円+0.63%)※実際の為替レート(1ドル=108.815円)109,619円 送金する

(2021年5月21日03:43(日本時間)確認)

このように、PayPalの海外送金手数料は499円と一見格安ですが、それとは別に4%の通貨換算手数料が為替レート自体に含まれています。必要な日本円送金額は、実際の為替レートを使用するWiseよりも5千円近く高くなっています。

※Wiseの海外送金手数料は、送金額によって変わります。気になる人は、送金シミュレーションで具体的な額を確認してみましょう。

Wise送金コストチェック🔍

また、海外通販サイトなどで、外貨で決済する場合もPayPalの通貨換算手数料に注意しましょう。例えば1,000ドルの買い物をする場合、通貨換算手数料4%分を含む、1,040ドルに相当する日本円を支払うことになります。⁸

対して、Wiseが発行する多通貨デビットカードでは、日本円から米ドルへの両替手数料が0.60%に設定されています⁹。例えば、1,000ドルの買い物をWiseデビットカードを使って決済する場合、必要な日本円は1,006ドル相当。PayPalと比べると30ドル以上もの節約になるかもしれません。

wise-debit-card-3-jp

安く抑えられた両替手数料によって、Wiseデビットカードは日本の銀行が発行するデビットカードに比べ最大4倍外貨決済がお得になるというデータもあります。

海外通販や海外送金の利用が多い人は、PayPal以外にも、Wiseなどのサービスを検討してみるといいでしょう。

Wise無料アカウント🎈

まとめ

クレジットカードなしでPayPalを使うなら、口座振替を設定するのが最も便利です。本人確認にもなり、さらに個人間送金機能も利用できるようになります。

しかし、PayPalを海外送金や、海外通販サイトでの支払いに使う場合、PayPalの通貨換算手数料に注意が必要です。為替レート自体に、3~4%の手数料が含まれていることを覚えておきましょう。PayPal以外の選択肢として、Wiseなどのサービスを検討してみてもいいかもしれません。

いずれのサービスを利用する場合にも、手数料や為替レートについてしっかり把握した上で使えるといいでしょう。

Wise for sending money


ソース

  1. PayPal|アカウントにデビットカードまたはクレジットカードを追加するにはどうすればよいですか。
  2. 銀行口座の登録方法(個人)|サポート
  3. ゆうちょ銀行、三井住友銀行の口座をご利用のお客様へのご案内 | PayPal(ペイパル)
  4. PayPalアカウントに資金を追加することはできますか?
  5. ご利用手数料|個人向け
  6. PayPalマイページからログイン、シミュレーション(2021年5月21日03:43(日本時間)確認)
  7. Wiseシミュレーション(2021年5月21日03:43(日本時間)確認)
  8. PayPal パーソナルアカウント|手数料の詳細 通貨換算
  9. Wise手数料 カード

当ブログは、一般的な情報を提供することを目的としており、扱われている全てのトピックの詳細すべてが網羅されるものではありません。当ブログは、お客様が根拠とすべきアドバイスとなることを意図しておりません。当ブログの内容に基づいていかなる行動を起こすまたはいかなる行動を止める前に、専門家またはスペシャリストのアドバイスを得る必要があります。当ブログの情報は、TransferWise Limitedまたはその関連会社からの法的、税務的、その他専門的なアドバイスを表すものではありません。過去の結果と今後も同様の結果となることは保証されません。明示または明示されていないかを問わず、当ブログの内容が正確、完全、または最新であることを表明、担保または保証しておりません。

Wise – 海外送金をもっと安く、もっとカンタンに

詳しくはこちら

役立つ情報、ニュース、お知らせ