PayPal(ペイパル)アカウントの解約・退会方法を解説

Yuyuki Tanno

PayPalアカウント削除には必要な手続きがあるため、手続きを踏まなけば、PayPalアカウント削除ができない場合もあります。

本記事では、PayPalアカウント削除前の手続き方法やPayPalアカウント削除の手順について詳しく解説します。

また、実際の為替レート格安の手数料でよりお得に海外送金などができるWiseについても紹介しています。

目次🔖
  • PayPal(ペイパル)のアカウント解約前にすること
  • PayPal(ペイパル)アカウントの解約方法
  • PayPal退会に関するよくある質問
  • お得に海外送金や外貨決済をするなら:Wise
  • まとめ
  • PayPal(ペイパル)のアカウント解約前にすること

    • 残高の全額出金
    • 全ての取引完了
    • アカウントにリンクされている銀行口座やカード情報の削除

    PayPalのアカウントを削除する場合には、PayPal残高から全額を出金しましょう¹。なぜなら、PayPal内に残金がある場合にはアカウント削除はできないようになっているからです。

    また、PayPalのアカウントを削除した場合、予定されていた取引などは全てキャンセル扱いになります。そのため、アカウントを削除する前には必要な取引は済ませておきましょう。

    さらに、アカウントにリンクされている銀行口座やカード情報の削除なども行いましょう。

    [PayPalアカウントからカード情報を削除する方法]²

    1. 「ウォレット」をクリック
    2. 削除するカードを選択
    3. 「カード削除」を選択

    アプリから削除をする場合

    1. 「ウォレット」をクリック
    2. 削除するカードを選択
    3. 「削除」をクリック

    [PayPalアカウントから銀行口座情報を削除する方法]³

    1. 「ウォレット」をクリック
    2. 削除する銀行口座を選択
    3. 「銀行口座を削除」を選択

    アプリから削除をする場合

    1. 「ウォレット」をクリック
    2. 削除する銀行口座を選択
    3. 「削除」をクリック

    PayPal(ペイパル)アカウントの解約方法

    ウェブサイトからアカウントを削除する¹

    ウェブサイト上からPayPalアカウントを削除する方法を解説します。

    1. 「設定」(歯車のアイコン)をクリック
    2. 「アカウントを解約する」を選択
    3. 「アカウント解約」をクリック

    このように、簡単に解約をすることができます。

    アプリからアカウントを削除する場合¹

    1. 「プロフィールアイコン」を選択
    2. 「アカウントを削除する」をタップ

    なお、一度解約したペイパルアカウントを再度使うことはできないため、注意が必要です。

    PayPal退会に関するよくある質問

    PayPalアカウントの解約ができないという質問もよく聞かれます。そこで代表的な室手門と回答をまとめましたので、ぜひご覧ください。

    Q1. ペイパルを解約できない時はどうすれば良いですか?

    PayPalアカウントが解約できない場合、全ての支払いが完了していない可能性が考えられます。またPayPal残高が残っている場合や、アカウントに制限がある場合にも、アカウントの解約ができません⁴。

    PayPalアカウントの解約ができない場合には、これらの原因を疑い、問題を確認、対処してからアカウントを解約しましょう。

    Q2. PaypPalアカウントを削除後に再登録できますか?

    PayPalアカウントは、一度解約すると再登録できませんので解約前にはよく考えておきましょう⁴。

    お得に海外送金や外貨決済をするなら:Wise

    もしPayPalを解約した後に、お得に海外送金や外貨で買い物ができるサービスを使いたい場合、Wiseの利用を検討してみても良いかもしれません。

    PayPalで外貨の支払いや送金をする際には、貨の両替(円⇔外貨)が行われる際に生じる手数料として、3%もしくは4%の「通貨換算手数料」がかかってしまいます⁵。

    対してWiseなら、為替手数料などが一切かからないミッドマーケットレート格安の手数料でお得に海外送金ができます。

    それでは、具体例を見てみましょう。

    2023年11月7日に日本円の口座からアメリカの友人に10万円を海外送金する場合(送金側が手数料負担)

    [PayPalを使った場合]
    アメリカの友人は629.89USDを受け取れる

    [Wiseを使った場合]
    アメリカの友人は659.83USDを受け取れる

    このようにWiseを利用した場合、よりお得に海外送金ができるかもしれません。

    さらにWiseでは、ミッドマーケットレート格安の両替手数料のみでお得に外貨決済ができるWiseのデビットカードを使用することもできます。

    詳しいWiseデビットカードの使い方は、こちらを参考にしてみて下さい。

    Wise無料会員登録💡

    まとめ

    今回は、PayPalアカウントの解約方法や、注意点に関して解説していきました。PayPalアカウントを解約する場合、事前にするべき手続きなどもありますので、忘れないようにしましょう。

    手続きが完了していない場合、アカウント解約ができない場合もあります。また一度PayPalアカウントを解約した場合、再利用不可ですので、その点も注意が必要です。

    海外送金外貨決済するなら、実際の為替レート格安の手数料で使用できるWiseもおすすめです。paypalアカウントの解約を検討しているなら、Wiseの利用も検討してみて下さい。


    ソース

    1. PayPal: PayPalアカウントを解約する方法を教えてください。
    2. PayPal: PayPalアカウントからデビットカードまたはクレジットカードを削除するにはどうすればよいですか?
    3. PayPal: PayPalアカウントから銀行口座を削除する方法を教えてください。
    4. PayPal: アカウントの解約方法(個人)
    5. PayPal: PayPalパーソナルアカウント手数料

    最新の手数料に関する情報は、お住まいの地域の利用規約およびサービスの利用条件をご確認いただくか、Wiseの手数料ページをご覧ください。これは一般的な情報提供を目的としたものであり、Wise Payments Limitedまたはその子会社、関連会社による法律、税務、その他の専門的なアドバイスを意味するものではありません。また、ファイナンシャルアドバイザーやその他の専門家によるアドバイスの代わりになるものではありません。



    当社は明示的または黙示的にかかわらず、この内容が正確、完全または最新であることを表明または保証しません。

    国境のない金融

    詳しくはこちら
    パーソナルファイナンス

    海外赴任をした際に、つみたてNISAを継続して利用できる?

    海外赴任の際は一定条件のもとで積立NISA口座の保有を続けられる可能性があります。証券会社によって対応が異なっているため、まずは取引先会社への確認が重要です。海外赴任時のつみたてNISA口座の扱いや、海外赴任を便利にするWiseのサービスについて解説します。

    Yuyuki Tanno
    2023年11月21日 この記事は6分で読めます
    パーソナルファイナンス

    日本のPayPalアカウントを海外で使うことはできる?

    海外では日本で開設したPayPalアカウントは使えません。アメリカなど海外の国でPayPalを利用したい場合は、その国のアカウントを開設する必要があるのです。この記事ではPayPalの海外アカウントの開設方法や開設時に必要な情報などを説明します。

    Yuyuki Tanno
    2023年11月15日 この記事は3分で読めます

    役立つ情報、ニュース、お知らせ