日本にいながらアメリカの口座開設ってできるの?そんな疑問を徹底解説します!

Yuyuki Tanno

アメリカに住んでいない非居住者でも、「投資目的などで日本にいながらアメリカの現地口座の開設をしたい!」などと、思っている人も多いのではないでしょうか。
この記事では、そんなあなたの疑問を解決していきます。

目次🔖
  • 非居住者でも日本にいながらアメリカの海外口座開設はできるの?
  • Wise(ワイズ)でアメリカ現地の口座情報を取得
  • ユニオンバンクで非居住者でも日本にいながらアメリカの口座開設
  • 非居住者でもハワイに渡航予定があれば、日本からハワイの銀行口座を開設できる
  • まとめ
  • 非居住者でも日本にいながらアメリカの海外口座開設はできるの?

    アメリカでの銀行口座を開設する際、通常、アメリカに住んでいることを証明する住所証明と、社会保障番号(SSN)の提示が求められます。そのため、アメリカに住んでいない非居住者がアメリカの銀行口座を作ることは、基本的には不可能です。

    しかし、1つだけ方法があります。それが、三菱UFJ銀行の提供するカリフォルニアアカウント・プログラムを利用することです。これにより、日本にいながらでもアメリカのユニオンバンクの口座を開設する事ができるようになります。

    また、海外送金サービスを提供するWise(ワイズ)を使うという方法もあります。Wiseなら、非居住者でも日本にいながら、米ドルを含む主要10通貨の口座情報を取得することができます。

    Wise(ワイズ)でアメリカ現地の口座情報を取得

    Wise(ワイズ)とは?

    Wise(ワイズ)は、銀行に比べて最大14倍安い海外送金マルチカレンシー口座などの機能を提供するサービスです。日本からオンラインで簡単に口座を開設でき、50以上の通貨を同時に保有できます。また、少額の手数料で海外送金ができると共に、手数料無く海外送金の受け取りを行うことができます。さらに、口座内の資金はデビットカードを使って外貨のまま決済に利用可能。国境を超えて活躍する人に最適なサービスです。

    さらに日本ではワイズ・ペイメンツ・ジャパン株式会社は関東財務局により、資金移動業者として認可されているため、安心して利用できます。

    Wise(ワイズ)のマルチカレンシー口座とは?

    wise-account-jp

    Wiseのマルチカレンシー口座は、1つのアカウントで同時に50以上の通貨を保有できます。さらに、主要10通貨の口座情報を取得し、まるで現地の人のようにお金のやり取りができるのです。

    これは、例えば米ドル口座情報を取得した場合、まるでアメリカ現地に銀行があるかのようにアメリカの口座情報を利用できるサービスです。アメリカの送金を国内送金として受け取ったり、アメリカの現地の口座に国内送金で米ドルを送金できるようになります。

    また、一般的な日本の銀行では、海外からの送金を受け取るには受取手数料がかかったり、送金するのにも高額な手数料がかかることがあります。そのため、海外とのお金のやり取りが多い人は、Wiseのマルチカレンシー口座を使って現地口座情報を持つことで、手数料を大幅に節約できるかもしれません。

    具体的な使い方が気になる人は、是非一度Wise(ワイズ)の使い方を確認してみて下さい。

    このように、Wiseを使えば、非居住者でもアメリカ現地の口座情報を簡単に取得できます。そのため、日本にいながらアメリカの口座を開設したい人には、Wiseが便利かもしれません。
    ただし、銀行のように金利がつくことはないので注意しましょう。

    今すぐWise無料登録🚀

    ユニオンバンクで非居住者でも日本にいながらアメリカの口座開設

    三菱UFJ銀行では、カリフォルニアを中心にアメリカ西海岸に支店を持つユニオンバンクの口座開設を取り次ぐ「カリフォルニアアカウント・プログラム」を提供しています。三菱UFJ銀行に口座を持っていることが条件ですが、申込書類を郵送することで4週間程度でアメリカのユニオンバンクの口座を持つことが可能になります。

    開設の申し込みができるのはセービングス口座(貯蓄用の口座)またはチェッキング口座(日常生活用の口座)のいずれかになります。また、両方同時に申し込むことも可能です。

    三菱UFJ銀行を通じてユニオンバンクの口座を開設する際に必要になる書類は以下のとおりです。¹

    • 三菱UFJ銀行あての取次依頼書
    • ユニオンバンクあての預金口座開設申込書
    • 本人確認書類(以下よりいずれか2つ)
    • 日本の運転免許証
    • パスポート
    • 住民基本台帳カード(写真付き)
    • 個人番号カード
    • 在留カード・特別永住者証明書(日本国籍以外の方は必ず必要)
    • 運転経歴証明書
    • クレジットカード
    • 健康保険証

    ユニオンバンクの口座開設についてより詳しくはユニオンバンクで口座開設するには?メリット・注意点 - Wise、 旧Wiseの記事を参照してください。

    非居住者でもハワイに渡航予定があれば、日本からハワイの銀行口座を開設できる

    日本と繋がりの深いハワイの銀行の口座を開設したいと考えている人も多いかもしれません。しかし残念ながら今のところ、日本にいながらハワイの銀行の口座を開設する方法はありません。

    しかし、実際にハワイに渡航予定があれば、ハワイの銀行窓口にて非居住者用の口座開設を承ってくれる銀行もあります。

    Central Pacific Bankでハワイの口座開設

    ハワイのセントラル・パシフィック・バンク(Central Pacific Bank)では、社会保障番号(SSN)を持たない日本在住の人でも口座を開設することできます。²

    メリットデメリット
  • アメリカ非居住者でもハワイの銀行口座を持つことができる
  • ハワイでの不動産購入に便利
  • ハワイ滞在時にデビットカードを使うことで手数料を節約できる
  • 資産を分散することでリスクを軽減
  • 日本語サポートあり
  • ハワイ現地に赴かないと口座開設はできない
  • 口座残高が1万ドル未満の場合、月額20ドルの手数料が発生する
  • ハワイ以外に支店はない
  • 開設できる口座はセービング口座またはチェッキング口座のいずれか、または両方になります。口座開設の流れは次のとおりで簡単です。

    【日本でやること】

    • 口座の種類・入金額を決める
    • ウェブから口座開設希望の旨を連絡する

    【ハワイでやること】

    • 店舗窓口にて申し込む(必要なもの:パスポート、初期入金資金)
    • チェックブック(小切手帳)をオーダーする
    • デビットカードをその場で受け取る
    • 口座開設関連書類を受け取る
    • 口座開設完了

    First Hawaiian Bankでハワイの口座開設

    Central Pacific Bank以外にも、ファースト・ハワイアン・バンク(First Hawaiian Bank)でも非居住者用の口座開設が可能です。

    メリットデメリット
  • アメリカ非居住者でもハワイの銀行口座を持つことができる
  • ハワイでの不動産購入に便利
  • ハワイ滞在時にデビットカードを使うことで手数料を節約できる
  • 資産を分散することでリスクを軽減
  • 日本語サポートあり
  • グアム・サイパンにも支店がある
  • ハワイ現地に赴かないと口座開設はできない
  • 口座維持手数料が発生する場合がある
  • 口座開設に必要なものはパスポートとマイナンバー関連書類、そして初期の入金費用になります。口座開設の流れは次のとおりです。³

    • 事前に電話などで問い合わせる(日本語で対応してもらうため)
    • 支店に来店する
    • 必要書類に記入
    • 本人確認書類を提出
    • 初期入金費用を提出
    • 口座開設完了

    まとめ

    ここまで、日本からアメリカの銀行口座を開設する方法を見てきました。基本的に、アメリカでは非居住者が銀行口座を開設することはできません。ただしハワイ州だけは例外で、非居住者であっても口座開設ができる場合があります。しかしこの場合もハワイの現地支店を直接訪問する必要があります。

    ここで1つだけ例外なのが、ユニオンバンクです。三菱UFJ銀行の提供するカリフォルニアアカウント・プログラムを介することで、日本にいながらアメリカのユニオンバンクの口座を開設することができるようになります。しかし事前に、三菱UFJ銀行の口座を持っていることが条件です。

    また、Wiseを使うのもおすすめです。Wiseならマルチカレンシー口座を開設することで、米ドルを含む主要10通貨の口座情報を日本から取得し、まるで現地にいるかのようにお金を管理できます。さらにデビットカードも作れるため、外貨でのショッピングの機会がある人には特に便利です。

    そのため、日本にいながらアメリカの口座情報を取得したい人は、ぜひWiseの利用を検討してみては。

    リアルレート海外送金:Wise🚀

    また、今後アメリカに渡航予定の人は、アメリカの銀行口座を開設するには:必要書類や手順を解説!日本でもできる? - Wiseも合わせて読んでみてください。

    Wise for sending money



    ソース

    1. カリフォルニアアカウント・プログラム : お手続方法・申込フロー | 三菱UFJ銀行
    2. ハワイで口座を開く | Central Pacific Bank
    3. Convenient Personal Checking Accounts | First Hawaiian Bank

    最新の手数料に関する情報は、お住まいの地域の利用規約およびサービスの利用条件をご確認いただくか、Wiseの手数料ページをご覧ください。これは一般的な情報提供を目的としたものであり、Wise Payments Limitedまたはその子会社、関連会社による法律、税務、その他の専門的なアドバイスを意味するものではありません。また、ファイナンシャルアドバイザーやその他の専門家によるアドバイスの代わりになるものではありません。



    当社は明示的または黙示的にかかわらず、この内容が正確、完全または最新であることを表明または保証しません。

    国境のない金融

    詳しくはこちら
    国境のない生活

    英語での領収書の書き方を解説!:テンプレートやメールでの送り方まで

    海外の会社などと取引をする上で、英語で領収書を発行する必要があるかもしれません。そこで、英語での領収書の書き方などをテンプレートを用いて分かりやすく解説します。またお得に海外送金や送金受け取りが可能なWiseも紹介します。

    Yuyuki Tanno
    2023年9月7日 この記事は4分で読めます
    国境のない生活

    [公式] Wiseのデビットカードの使い方やメリットを徹底解説!:実際に社員がイギリスで使用

    Wiseのデビットカードって何?外貨決済なら断然お得なWiseデビットカードがおすすめです。気になる使い方や手数料、さらには実際に使ってみた体験まで、WIseデビットカードについて知りたいことを丸々解説しています。

    Yuyuki Tanno
    2023年2月26日 この記事は10分で読めます

    役立つ情報、ニュース、お知らせ