非居住者でも日本にいながらシンガポールの口座開設はできるのか徹底解説!

Yuyuki Tanno

安定した金融制度が魅力的なシンガポール。リスクの低い資産運用や投資などの目的で、シンガポールの口座を持ちたいと考えている人もいるかもしれません。

この記事では、「シンガポールに住んでいない人でも、日本にいながらシンガポールの口座を作れるのかどうか」、という疑問に答えていきます。

目次🔖
  • 日本にいながらシンガポールの銀行口座開設はできる?
  • Wise(旧Wise)でシンガポール現地の口座情報を取得
  • シンガポールの銀行口座開設のメリットとは?
  • 日本にいながらシンガポールで口座を開設できる?:プレミアム口座
  • まとめ
  • 日本にいながらシンガポールの銀行口座開設はできる?

    安全な金融制度で有名なシンガポールは、口座開設の審査も厳しくなっています。さらに、口座の開設にはシンガポールに住所を持っていることの証明が不可欠です。そのため、シンガポールに住所を持たない外国人が現地の口座を開設することは、ほとんど不可能となっています。

    その中でも、一定の条件を満たせば非居住者でも口座が持てる場合がありますが、これはハードルが高いのが現実です。

    しかし、Wiseを使えば、日本にいながら、シンガポールドル口座を含む、主要10通貨の口座を保有できます。さらに、Wiseのシンガポールドル口座を使えば、シンガポールドルの受け取り・保有が簡単にできます。ただしWiseでは金利はつかないので、あらかじめ注意をしましょう。

    ここからより詳しく見ていきます。

    Wise(旧Wise)でシンガポール現地の口座情報を取得

    Wise(ワイズ)とは?

    Wiseは、銀行の最大14倍安く行える海外送金をはじめとする国際的な金融サービスを提供する会社です。他にも、複数の通貨を1つのアカウントで同時に管理できるマルチカレンシー口座や、外貨のまま決済できるデビットカードなどの機能も充実しています。

    海外送金や送金の受け取りが一般的な銀行に比べて安く行える場合もあるため、海外とのお金のやり取りが多い人に便利なサービスです。また、オンラインショッピングなどで外貨の買い物が多い人や、旅行・出張の多い人にも人気です。

    wise-account-jp

    Wise(ワイズ)のマルチカレンシー口座とは?

    Wiseマルチカレンシー口座は、1つのアカウントで50以上の通貨を保有できる多通貨口座です。中でも特に魅力的な点は、主要10通貨の口座情報を取得できること。つまり、日本にいながら海外の銀行口座情報(口座番号など)を取得できてしまいます。

    例えば、シンガポールドルの口座情報を取得すれば、現地に銀行口座があるかのように、国内振込としてシンガポールからの送金をシンガポールドルのまま受け取ることができます。また、シンガポール口座への送金も、高い海外送金手数料を払うことなく、国内振り込みと同じように送金できるようになります。もちろん、シンガポールドルの保有も簡単です。

    これは、シンガポールとのお金のやり取りが多い人におすすめですね。例えば、シンガポールの不動産を購入する予定のある人、シンガポールの雇用者に給料を支払いたい人、またシンガポールの口座から送金を受け取る予定のある人は、ぜひWiseのマルチカレンシー口座を検討してみましょう。

    さらに日本ではワイズ・ペイメンツ・ジャパン株式会社は、関東財務局により資金移動業者として認可されているため、安心して利用できます。

    普通は、日本にいながらの海外口座開設は難易度が高いもの。しかしWiseを使えば簡単にできてしまうのでおすすめです。

    興味のある人は、Wise(ワイズ)の使い方も読んでみてください。

    今すぐWise無料登録🚀

    シンガポールの銀行口座開設のメリットとは?

    さて、たくさんある国の中でシンガポールの口座を持つメリットはどこにあるのでしょうか?

    資産の安全を保てる

    シンガポールは世界で最も治安が良い国とも言われています。国政も金融制度も安定しており、資産の安全を保つには最適な国です。そのため、資産のリスクを軽減したい人は、シンガポールの口座を持つことがおすすめです。

    豊富な金融商品

    シンガポールでは、日本よりも金利が高い豊富な金融商品を購入することができます。日本では購入できない外国債権も購入できるようになることも。安全に、そして効果的に資産を運用したい人にとってシンガポール口座は魅力的であると言えます。

    日本にいながらシンガポールで口座を開設できる?:プレミアム口座

    前述の通り、シンガポール非居住者がシンガポールの口座を開設することはほとんど不可能です。しかし、1つだけ方法があります。それがプレミアム口座です。

    プレミアム口座は、預金額が一定以上ある口座のことをいいます。シンガポールでは最低預金額35万シンガポールドル(3,500万円)程度がプレミアム口座の基準となっています。

    一般的にプレミアム口座の開設は、銀行に直接問い合わせた上で行います。興味がある人は銀行のホームページから問い合わせてみましょう。

    DBS

    特徴アジア最大の事業規模を持つシンガポール政府の開発銀行
    開設方法要問合せ
    最低預入額¹35万シンガポールドル
    必要書類要問合せ

    OCBC

    特徴金利が魅力的なアジア最大規模のメガバンク
    開設方法要問合せ
    最低預入額²35万シンガポールドル
    必要書類要問合せ

    UOB

    特徴東南アジア全域で活動を展開している国際的な銀行
    開設方法要問合せ
    最低預入額³35万シンガポールドル
    必要書類要問合せ

    各銀行の情報は、基本的に英語または中国語での案内となります。日本語に対応している銀行は少ないので、言葉の壁があるかもしれないことに注意しましょう。また、いずれの銀行も日本からの口座開設は難しく、シンガポール現地に赴く必要がありそうです。

    また、以前はHSBCシンガポールでも非居住者が口座を開設できた場合がありましたが、コロナ禍をきっかけに規制が強化され、最近では非居住者のHSBCシンガポール口座開設はほとんど不可能となっています。

    このように、一定額以上の預金があればプレミアム口座などを非居住者でも開設できる可能性があります。気になる人は銀行に直接問い合わせていましょう。

    まとめ

    ここまで、非居住者としてのシンガポールの銀行口座開設について見てきました。以前は非居住者でも簡単に口座を開設できる時代がありましたが、コロナ禍の影響もあり、現在では非居住者のシンガポール口座開設はほとんど不可能となっています。

    その中でも、一部のシンガポール銀行では、一定額以上の預金があればプレミアム口座を開設できる場合もあります。しかし、これらに関する情報は少なく、直接銀行に問い合わせることが不可欠です。

    また、日本にいながらシンガポールの口座情報を取得したい場合は、Wiseを利用するのもおすすめです。Wiseのマルチカレンシー口座を使うことで、日本からオンラインで簡単にシンガポールドルの口座情報を取得でき、シンガポール国内送金と同じようにお金のやり取りができるようになります。

    またデビットカードも発行できるため、シンガポールドルでの決済が多い人に特におすすめです。そのため、シンガポールの銀行口座が欲しい人は、まずはWiseの利用を検討してみるのも良いですね。

    Wiseについてさらに詳しく💡

    Wise for sending money


    ソース

    1. Join DBS Treasures - How to Open an Account
    2. OCBC Premier Banking | Premier Private Client
    3. Welcome to UOB Privilege Banking

    最新の手数料に関する情報は、お住まいの地域の利用規約およびサービスの利用条件をご確認いただくか、Wiseの手数料ページをご覧ください。これは一般的な情報提供を目的としたものであり、Wise Payments Limitedまたはその子会社、関連会社による法律、税務、その他の専門的なアドバイスを意味するものではありません。また、ファイナンシャルアドバイザーやその他の専門家によるアドバイスの代わりになるものではありません。



    当社は明示的または黙示的にかかわらず、この内容が正確、完全または最新であることを表明または保証しません。

    国境のない金融

    詳しくはこちら
    国境のない生活

    英語での領収書の書き方を解説!:テンプレートやメールでの送り方まで

    海外の会社などと取引をする上で、英語で領収書を発行する必要があるかもしれません。そこで、英語での領収書の書き方などをテンプレートを用いて分かりやすく解説します。またお得に海外送金や送金受け取りが可能なWiseも紹介します。

    Yuyuki Tanno
    2023年9月7日 この記事は4分で読めます
    国境のない生活

    [公式] Wiseのデビットカードの使い方やメリットを徹底解説!:実際に社員がイギリスで使用

    Wiseのデビットカードって何?外貨決済なら断然お得なWiseデビットカードがおすすめです。気になる使い方や手数料、さらには実際に使ってみた体験まで、WIseデビットカードについて知りたいことを丸々解説しています。

    Yuyuki Tanno
    2023年2月26日 この記事は10分で読めます

    役立つ情報、ニュース、お知らせ