WorldRemit(ワールドレミット)日本からの送金方法、手数料・為替レートを解説!

Yumiko Kijima
2020年12月30日
この記事は10分で読めます

海外送金がますます一般的なものとなる中で、銀行に代わって使える海外送金サービスも増えています。その1つがWorldRemit(ワールドレミット)です。

この記事では、WorldRemit(ワールドレミット)の使い方を詳しく見ていきます。日本からの送金方法に加えて、気になる手数料についても解説。特に為替レートに隠れた「為替手数料」には注意が必要です。

例:日本からアメリカの銀行口座へ1,000ドル届くように送金する場合(入金方法:銀行振込)

海外送金サービス WorldRemit¹ Wise²
送金手数料 400円 791円
適用される為替レート 独自に定める為替レート(1ドル = 約106.117円) 実際の為替レート(1ドル = 104.625円)
合計入金額 106,517円 105,416円 送金する

(2020年10月30日15:12(GMT+2)時点のシミュレーション)

上の表は、アメリカの受け取り相手が1,000ドル受け取れるようにする場合、WorldRemit(ワールドレミット)とWise(ワイズ)を比較したものです。
一見すると、WorldRemitの方が送金手数料が安く見えますが、最終的に必要な日本円の額はWiseの方が安く済むことが分かります。これはなぜでしょうか?

その違いは為替レートに隠されています。Wise実際の為替レートを使っているのに対し、WorldRemitは独自に定めたレートを使用しています。この為替レート自体に、手数料が含まれています。

詳しい計算を見てみましょう。

💡 計算  
  • WorldRemit
    送金手数料:400 JPY
    為替レート:1 USD = 106.382 JPY
    日本円送金額:106.382 JPY/USD * 1,000 USD = 106,117 JPY
    送金手数料も合わせた合計入金額:106,117 JPY + 400 JPY = 106,517 JPY

  • Wise
    送金手数料:791 JPY
    為替レート:1 USD = 104.625 JPY
    日本円送金額:104.625 JPY/USD * 1,000 USD = 104,625 JPY
    送金手数料も合わせた合計入金額:105,416 JPY + 791 JPY = 105,416 JPY

多くの海外送金サービス・銀行は為替レート自体にも手数料を上乗せしていることが一般的です。より安い海外送金サービスを探したいなら、送金手数料だけではなく為替レートもチェックするようにしましょう。

実際の為替レートで海外送金🚀

イギリス発海外送金サービスWorldRemit(ワールドレミット)とは:使い方

WorldRemit(ワールドレミット)はイギリス発の国際送金サービスです。日本からの送金にも対応しており、世界150の国や地域に送金できます。ただし、日本語には対応していないため、英語で手続きを行う必要があります。

また、WorldRemitは海外から日本への送金には対応していません³。日本あてに送金したい場合は、Wiseなど他の海外送金サービスを利用しましょう。Wiseはウェブサイト・カスタマーサポート共に日本語にも対応しています。

入金は銀行振り込み(ワールドレミットの日本口座に送金額を入金する)と、デビットカード(※)利用の2種類があります。多くの海外送金サービス同様、日本からの送金ではクレジットカードは利用できないので注意しましょう。⁴

銀行振り込み デビットカード
1回あたりの送金限度額 100万円 100万円
24時間以内の送金限度額 100万円 60万円
送金方法 Webやアプリで送金申し込みを完了させてから7日以内に、ワールドレミット日本口座に送金額を振り込む Webやアプリで送金申し込みをする際に、デビットカード情報を入力。即時で送金完了する

※VisaもしくはMasterCardブランドのみ対応。また、送金者本人名義のデビットカードのみ。⁵

また、WorldRemitを使って初めて送金する際には、本人確認が必要になります。本人確認はWebで身分証明書をアップロードするだけで完了するので簡単ですが、手続き完了までに数日かかる場合もあるため、時間に余裕をもって登録・送金しましょう。

WorldRemitの海外送金手数料

WorldRemit(ワールドレミット)の送金手数料は150円~600円に設定されています。

銀行などの海外送金手数料は5,000円を超えることも珍しくないため、WorldRemitの手数料設定は格安であるといえます。しかし、気を付けたいのは、海外送金にかかるコストは送金手数料だけではないことです。WorldRemitでは、為替レート自体に手数料が上乗せされています。

海外送金の“隠れコスト”:為替レートに注意

実際の為替レート(ミッドマーケットレート)は通貨の売り買いに合わせて毎分毎秒変動しています。しかし、銀行や多くの海外送金サービスが使用するのは、為替手数料(スプレッド)を上乗せした独自のレートです。

つまり、銀行や海外送金サービスが提示する「送金手数料」以外にもコストが隠れていることを知っておきましょう。海外送金サービスを利用する際には、ミッドマーケットレートと比較して為替レートにコストが隠れていないかチェックしてみてください。ミッドマーケットレートはGoogleやYahooファイナンス、Wise為替レート計算ツールなどで確認することができます。

WorldRemitも為替レートに為替手数料を上乗せしています。2020年11月25日13:09(GMT-5)時点の為替レートを確認してみましょう。

為替レート
WorldRemitの為替レート 1ドル=106.04円
ミッドマーケットレート 1ドル=104.36円
為替手数料(差額) 1ドルあたり1.68円

この表からもわかる通り、WorldRemitのレートとミッドマーケットレートには、1ドルあたり1.68円の差があることが分かります。これが為替手数料です。一見少額に見えますが、送金金額が大きくなればなるほど、為替手数料もかさんできます。例えば1,000ドル送金すると、送金手数料に加えて約1,680円もの手数料がかかるのです。

海外送金の際には、送金手数料だけでなく為替レートにも注意するようにしましょう。

リアルレート海外送金サービス:Wise

Wiseは、ミッドマーケットレートを使って送金を行う海外送金サービスです。言い換えれば、Wiseのコストは送金手数料のみということになります。

Wiseを使えば、実際の為替レートと安く設定された送金手数料で日本から80以上の国・地域にで送金できます。

transferwise-app-jp-photo

Wiseで送金する方法

  1. 無料でアカウントを登録する 
  2. 送金額を入力する
  3. 受取人の口座情報を入力する
  4. 本人確認を行う 
  5. Wiseの日本口座に振り込む

無料アカウント💡

新機能!Wiseマルチカレンシー口座

Wiseには海外送金だけではなく、マルチカレンシー口座という機能もあります。マルチカレンシー口座では、50以上の通貨を1つのアカウントで保持・管理することができます。銀行振込またはデビットカードで日本円を入金し、他の通貨に実際の為替レートと少額の手数料で両替できます。

また、AUD、NZD、GBP、USD、EUR、SGDの6つの通貨を受け取り手数料無料で受け取ることができます。例えば、アメリカからの米ドル送金を、アメリカに銀行口座を持っているのと同じように、受取手数料無料でマルチカレンシー口座に受け取ることができるということです。

もちろん普通のWiseアカウント同様、海外送金もできます。

法人の場合、3,000円の1回限りの設定手数料がかかりますが、そのあとは受取手数料無料で該当通貨をマルチカレンシー口座に受け取ることができます。

海外へ送金するだけではなく、海外送金を受け取る機会がある・また複数の通貨を管理する必要がある人には、特におすすめの機能です。マルチカレンシー口座は無料で開設できます。

マルチカレンシー口座🎈

WorldRemitで日本から海外送金する方法

以下は、WorldRemit(ワールドレミット)を使って日本から送金する方法です。⁸

アカウント登録

  • WorldRemitのホームページを開く
  • 画面右上の「Sign Up」をクリック
  • 必要情報を入力(※)
  • 登録した携帯電話番号にSMSで認証コードが届く
  • 届いた認証コードを入力し、アカウント登録完了

※登録する氏名は、身分証明書(パスポート、運転免許証など)に記載されているものと完全に一致している必要があります。

本人確認

WorldRemitで送金する前に、必ず本人確認を完了させる必要があります。本人確認手続きに必要となるのは以下の書類です。⁸

  • 身分証明書(パスポート、運転免許証、在留カード/特別永住者証明書のいずれか)
  • マイナンバー書類(マイナンバーカード、住民票のいずれか)
  • 自撮り画像(身分証明書の顔写真と比較するため)
  • 現住所を証明できるもの(身分証明書に住所の記載がない場合のみ、公共料金の請求書を提出)

本人確認の過程は次の通りです。

  • マイアカウントから「My Details」をクリック
  • 「Verify my Account」から「Upload ID」をクリック
  • アップロードする書類を選択
  • 5分~2日以内に確認が完了

本人確認が完了したら、送金できるようになります。本人確認ができなかった場合は、登録したメールアドレスあてに再度画像をアップロードするよう連絡が届きます。アップロードする写真は鮮明なものである必要があります。

送金手続き

送金はWorldRemitアプリ、もしくはWeb上から行うことができます。

  • 送金先の国を選択
  • 送金金額を入力(送金額・受取額のいずれかを設定できる)
  • 受け取り方法を選択(銀行口座・現金受取・Webマネーなど※)
  • 受取人の情報を入力
  • 入金方法(銀行振り込みもしくはデビットカード)を選択
  • 内容を確認し、送金完了
  • (銀行振り込みの場合)手続きから7日以内に送金額をWorldRemitの口座に入金

※国によって選択できる受け取り方法が異なります。

まとめ

WorldRemit(ワールドレミット)は、日本から150以上の国と地域に送金できる海外送金サービスです。オンラインで簡単に本人確認を完了させることができ、また入金は銀行振り込みまたはデビットカードから選択できます。

WorldRemitは送金手数料が150円~と格安な点が人気です。しかし、かかるコストは送金手数料だけではありません。WorldRemitの為替レートには、WorldRemitが独自に定める為替手数料が含まれていることに注しましょう。

為替手数料なしでお得に送金するなら、Wiseを利用してみてもいいかもしれません。Wiseでは常にリアルレートを使っているので、気が付きにくい手数料が発生することはありません。またWorldRemitが日本語対応していないのに対し、Wiseは日本語にも対応しているので、安心して手続きを進めることができるでしょう。

海外送金コストを節約できるかチェック🔍

Wise for sending money


ソース

  1. WorldRemit - Calculator (2020年10月30日15:12(GMT+2)時点)
  2. ネットでかんたんに海外送金 | Wiseで海外へ送金する (2020年10月30日15:12(GMT+2)時点)
  3. WorldRemit - FAQ
  4. WorldRemit - Japan
  5. WorldRemit - Debit & credit cards
  6. WorldRemit - Calculator (2020年11月25日13:09(GMT-5)時点)
  7. Google検索「円 ドル レート」 (2020年11月25日13:09(GMT-5)時点)
  8. WorldRemit - What is the verification process in Japan

Wise – 海外送金をもっと安く、もっとカンタンに

詳しくはこちら

役立つ情報、ニュース、お知らせ