2021年おすすめのネット銀行9選:手数料&使いやすさで比較!

Yumiko Kijima
2021年10月19日
この記事は12分で読めます

近年では、物理的な支店を持たないネット銀行が人気になっています。

手数料の安さやオンラインで手続きが完了する手軽さから、ネット銀行を選ぶ人も多くなっています。この記事では数あるネット銀行の中から、特におすすめの銀行を選んで紹介しています。

また、海外送金や受け取りが銀行の最大14倍安いサービスWiseについても学べますよ!

目次
  • 2021年おすすめネット銀行9選
    • 楽天銀行 
    • 新生銀行
    • 住信SBIネット銀行
    • PayPay銀行
    • GMOあおぞらネット銀行
    • あおぞら銀行 Bank 
    • ソニー銀行
    • auじぶん銀行
    • 東京スター銀行

wise-account-illustration

2021年おすすめネット銀行9選

2021年、おすすめのネット銀行をそれぞれ紹介していきます。

  • 楽天銀行
  • 新生銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • PayPay銀行
  • GMOあおぞらネット銀行
  • あおぞら銀行 Bank
  • ソニー銀行
  • auじぶん銀行
  • 東京スター銀行

ネット銀行を選ぶ基準

ここからは、以上で選んだ9つの銀行をそれぞれ詳しく紹介していきます。特に、ネット銀行を選ぶ上では次の点に注目するとよいでしょう。

  • ATM手数料・振込手数料
  • 提携ATM数
  • アプリの使いやすさ
  • 特典
  • 金利

楽天銀行¹

楽天銀行は、日本でもっとも口座開設数の多い大手ネット銀行です。ネット銀行といえば楽天銀行、と考えている人も多いかもしれません。利用に応じて楽天ポイントが貯まり、楽天サービスでの買い物や振り込み手数料などの支払いに使える点が魅力的。

さらに、オンライン決済サービスの楽天ペイとも連携が簡単。キャッシュレス化を簡単に進めることができます。クレジットカードの種類も7種類と多く、自分に最適なものを選んで利用できるのが便利です。

推しポイント💡
  • ハッピープログラム(無料)で、ATM手数料や振り込み手数料が無料に。
  • 取引や口座残高によって楽天ポイントが貯まる。
  • コンビニのATMを24時間365日利用可能。

新生銀行²

新生銀行では円預金と外貨預金、投資信託や保険などの様々な金融サービスを1つの口座で管理できる新生総合口座パワーフレックスを開設することができます。他にも積み立てやNISA、2週間満期預金などの金融商品も充実。資産運用に関する相談窓口も充実しているため、効率的にお金を増やしたいと考えている人におすすめです。

利用に応じてポイントが貯まる銀行は多いですが、新生銀行はdポイントやTポイント、nanaco、ANAマイルなどから自由に選んで貯められるのが便利です。

推しポイント💡
  • 金融商品が充実しており、資産の効率的な管理に便利。
  • 利用や残高に応じてランクUP。ゴールド以上ならATM手数料がいつでも無料。
  • Goレミット新生海外送金サービスで手軽に海外送金。

住信SBIネット銀行³

住信SBIネット銀行は、ネット証券会社の最大手であるSBI証券と連携して使うと特に便利なネット銀行です。通常の円普通預金の金利は0.001%とあまり高くはありませんが、SBI証券と連携したハイブリッド預金を利用すると、0.01%と10倍になってお得です。

さらに、住信SBIネット銀行は口座の開設や各種手続きが簡単だと人気。オリコン顧客満足度ランキングでもネット銀行のなかで「もっとも手続きが簡単」な銀行に選ばれています。

推しポイント💡
  • SBI証券と連携したハイブリッド口座は金利がお得。
  • 口座開設は最短翌日、オンラインで手続き完了。
  • スマート認証NEOに登録するとATMや振込手数料が月5回まで無料に。

PayPay銀行⁴

PayPay銀行は、オンライン決済サービスのPayPayが運営するネット銀行。2021年にジャパンネット銀行から名称を変更しました。名前の通り、日本でもっとも利用者数の多いオンライン決済サービスPayPayを便利に使える銀行です。PayPay残高の入出金がいつでも無料。もちろん他の決済サービスとの連携も簡単です。

PayPay銀行のキャッシュカードは自動でデビットカード機能が付帯しているため、複数のカードを持ち歩くことなく支払いに使えます。また満15歳以上であれば未成年でも口座開設が簡単にできるため、初めての銀行口座にもおすすめです。

推しポイント💡
  • サイトやアプリが分かりやすく、使いやすい。
  • オンライン決済サービスPayPayとの連携に最適。
  • 3万円以上のATM入出金はいつでも何回でも手数料無料。

GMOあおぞらネット銀行⁵

GMOあおぞらネット銀行は、あおぞら銀行とGMOが共同出資して設立したネット銀行です。GMOクリック証券と連動した証券コネクト口座を開設すると、普通預金の金利が0.11%と、一般的なネット銀行の110倍にもなりお得です。

またキャッシュカードにはVISAデビットカードが付帯。カード1枚で買い物に利用できるだけでなく、0.6%~1.2%の現金キャッシュバックが受けられるのも特徴的。金利やキャッシュバックのお得さを重視するなら、GMOあおぞらネット銀行がおすすめです。

推しポイント💡
  • 証券コネクト口座の開設で普通預金金利が0.11%に
  • VISAデビットカードの利用で0.6%~1.2%の現金キャッシュバック
  • 他行あての振込手数料・ATM手数料が最大で月20回まで無料

あおぞら銀行 BANK⁶

東京の店舗型銀行であるあおぞら銀行には、ネット銀行バージョンであるあおぞら銀行BANK支店が存在します(上記のGMOあおぞらネット銀行とは別の銀行)。普通預金の金利が年0.2%と業界最高水準なのが特徴的。

さらに、ゆうちょ銀行のATM入出金手数料が回数無制限で無料。VISAデビットカードの還元率も1.0%と高く、さらにアプリの昨日が充実していると評判です。ウェブサイトも見やすいので「手軽でお得な銀行を探している」という人に最適でしょう。

推しポイント💡
  • 業界トップクラスの普通預金金利(年0.2%)
  • ゆうちょ銀行のATM利用手数料がいつでも無料。
  • 他行あて振込手数料が最大月3回まで無料になる優遇サービス

ソニー銀行⁷

アプリやホームページの使いやすさを重視するなら、ソニー銀行がおすすめかもしれません。ソニー銀行はオリコン顧客満足度ランキングで、ネット銀行の中から使いやすさ1位に選ばれています。

また、ソニー銀行のVISAデビットカード「Sony Bank WALLET」は、日本円だけでなく主要の外貨を10通貨同時に管理できます。貯めた外貨を外貨のまま使うことができるので、両替手数料を節約できて海外旅行におすすめ。カードのデザインもオシャレで嬉しいですね。

推しポイント💡
  • ATM手数料がいつもで月4回まで無料。
  • 優遇ステージによって、振込手数料だけでなくデビットカードのキャッシュバック率や為替コストがお得に
  • 外貨にまつわる金融商品やサービスが特に充実

auじぶん銀行⁸

大手携帯キャリアであるKDDIと三菱UFJ銀行が共同出資して誕生したのが、auじぶん銀行です。携帯電話会社が母体なだけあって、スマホアプリの使いやすさ抜群。さらにキャッシュカードの代わりにスマホアプリを使ってお金を引き出せる「スマホATM」などの独自の機能も提供しています。

また、自行あてだけでなく、三菱UFJ銀行あての振込手数料が無料になるのも魅力的。口座をauカブコム証券と連携させると、普通預金金利を最大で0.1%にまで引き上げることも可能です。

推しポイント💡
  • 普通預金金利が最大で年0.1%とお得。
  • auじぶん銀行・三菱UFJ銀行あての振込手数料が無料。 
  • 利用に応じてPontaポイントが貯まる

東京スター銀行⁹

東京スター銀行では、口座を給与または年金の受け取り先に指定するだけで、円普通預金の金利が0.01%から0.1%と100倍もアップ。簡単にお金を増やすことができます。ATM手数料は月8回まで、他行あて振込手数料は月3回まで無料になるのも嬉しいですね。

さらに東京スター銀行では、スターワン1週間円預金や、外貨積み立てサービスなどユニークな金融商品も充実。実際の店舗を訪れて相談できる「ファイナンシャル・ラウンジ」も特徴的です。

推しポイント💡
  • 給与・年金の受け取り先に指定すると金利100倍アップ
  • ATM手数料は月8回まで、他行あて振込手数料は月3回まで無料
  • 2021年にリニューアルされた使いやすいアプリ・ホームページ

Wise:日本の銀行の最大14倍安く海外送金

wise-account-jp

ネット銀行を含め、日本の銀行の多くは海外送金に対応しています。しかし、送金手数料が高額な上に、通貨の両替に伴う為替手数料もかかります。さらに、海外からの送金を受け取るだけで手数料がかかることも。

海外送金や受け取りにかかる手数料を削減したい人は、新しい海外送金サービスWiseを検討してみても良いでしょう。Wiseなら、格安の送金手数料と為替手数料なしの実際のレートで海外送金ができます。日本の銀行の最大で14倍安く海外送金が可能です。

The true cost of sending JPY to USD

さらにWiseのマルチカレンシー口座を開設すれば、1つのアカウントで50以上の通貨を同時に保有可能。加えて主要10通貨の受け取りは手数料無料で行えます。格安の両替手数料で通貨を両替したり、Wiseデビットカードで外貨を外貨のまま使うことだって簡単。

Wiseは銀行ではありませんが、海外とのやり取りや外貨利用が多い人は、ネット銀行とあわせてWiseの利用も検討してみるとよいですね。

推しポイント💡
  • 実際の為替レートで日本から全世界80ヶ国以上に海外送金
  • 海外からの送金を、受け取り手数料無料で受け取ることができる(該当10通貨)
  • 1つのアカウントで50以上の通貨を保有・両替

Wiseをもっと知る👩‍💻

ネット銀行に関するよくある疑問

ネット銀行は年々人気を増しており、口座開設数も増えています。しかし「普通の銀行とはどう違うの?」「ネット銀行って安全なの?」など、様々な疑問を抱く人もまだ多いかと思います。

以下では、ネット銀行に関してよくある疑問に答えました。

そもそも、ネット銀行とは?

ネット銀行とは、物理的な店舗(支店)を持たない、または最低限に抑えた銀行のことです。必要な手続きのほとんどをインターネットで済ませることができ、またコンビニなどのATMを利用することができるのが特徴です。

日本では2000年に誕生したジャパンネット銀行(現PayPay銀行)を筆頭に、インターネットの普及に伴って多くのネット銀行が誕生してます。

店舗がないため人件費などを抑えることができ、その分手数料が安いことがネット銀行の翁特徴です。また、一般的な銀行に比べて金利がお得であったり、より柔軟な金融商品を利用できたりといった魅力があります。

ネット銀行の特徴
  • 物理的な店舗(支店)が存在しない、または最低限のみ
  • 通帳が発行されず、預金管理はインターネットバンキングやスマホアプリを利用
  • 一般的な銀行に比べ、手数料が安く、金利がお得なことが多い

ネット銀行で口座開設するために必要な書類は?

ネット銀行は、口座開設ももちろん店舗に出向かず、自宅から手続き可能。中には、オンラインのみで口座開設ができる銀行もあります。

ネット銀行での口座開設には、基本的に申込書や印鑑が不要。必要な書類は本人確認書類のみであることがほとんどです。受け付けてもらえる書類や、必要な書類の数(1つ、もしくは2つ以上必要か)は口座開設の方法(スマホ、パソコン、郵送など)、または個人の事情によって異なります。必ず口座開設前に確認しましょう。

一般的に、ネット銀行の口座開設に本人確認書類として認められるものは次の通りです。

【本人確認書類】

  • 運転免許証・運転経歴証明書
  • 個人番号カード(顔写真付き)
  • パスポート
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)
  • 在留カード・特別永住者証明書(外国籍の場合)
  • カード型健康保険証
  • 住民票の写し
  • 各種年金手帳、福祉手帳など

また、申し込み画面ではマイナンバーの記入も求められるため、マイナンバーのわかる書類を手元に用意しておくと良いでしょう。

ネット銀行での口座開設、どのくらい時間かかる?

店舗に出向く必要がないため、ネット銀行では口座開設の手続きが簡単に行えます。しかし、窓口の場合は店員が本人確認をその場で行うため、その日のうちに口座開設手続きが完了することもあるのに対し、ネット銀行では本人確認に1日~3日程度かかることがあります。

しかし、最近ではPayPay銀行のように、最短即日で口座開設ができる銀行も増えてきています。

また、キャッシュカードやクレジット・デビットカードなどは後日登録住所に送られる仕組みになっています。カードが届くまでに数日~1週間程度かかることに注意しましょう。

ネット銀行は本当に安全?

ネット銀行を開設する上で気になるのが安全性ではないでしょうか?

ネット銀行はインターネットの危険性を理解した上で、様々なセキュリティ対策を講じています。パスワード管理やフィッシング詐欺などに日頃から気を付けていれば、問題なく利用できるはずです。また、近年では一般的な銀行もインターネットバンキングを通してやり取りを行うことが多くなっているため、セキュリティ面でネット銀行と差があるとは言いにくくなっています。

また、多くのネット銀行は三菱UFJ銀行やソニー、楽天、KDDIなどといった大企業が母体となって運営しています。そのため、破綻リスクも通常の銀行より危ない、とは一概には言い切れません。

さらに、ネット銀行を含めて、日本のすべての銀行は預金保険機構に加入することになっています。これにより、万が一銀行が経営破綻した場合でも、個人の預金は保護されており払い戻しを受けることができます。ただし保証額は1,000万円までとなっているため、多額の預金は複数の金融機関に分散するのも手です。¹º

まとめ

ここまで、おすすめのネット銀行を見てきました。ネット銀行は手続きがオンラインで簡単に行えたり、金利が普通の銀行よりも高かったり、さらに利用に応じてポイントが貯まったりと、お得な機能が満載です。

ただし、各ネット銀行はそれぞれ異なった特徴を持っているため、比較検討することが重要です。その上で、自分のニーズに最適な銀行を選べるといいですね。

海外とのお金のやり取りが多い人や、外貨の買い物が多い人は、Wiseのようなサービスの利用を検討してみても良いでしょう。Wiseなら、日本の銀行の最大で14倍安く海外送金したり、外貨を手数料無料で受け取ったりと、外貨利用にお得な機能が満載です。

Wise無料アカウント登録👩‍💻


ソース

  1. 楽天銀行
  2. 新生銀行
  3. 住信SBIネット銀行
  4. PayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)
  5. GMOあおぞらネット銀行
  6. BANK
  7. ソニー銀行
  8. auじぶん銀行
  9. 東京スター銀行
  10. 預金保険制度の概要

当ブログは、一般的な情報を提供することを目的としており、扱われている全てのトピックの詳細すべてが網羅されるものではありません。当ブログは、お客様が根拠とすべきアドバイスとなることを意図しておりません。当ブログの内容に基づいていかなる行動を起こすまたはいかなる行動を止める前に、専門家またはスペシャリストのアドバイスを得る必要があります。当ブログの情報は、TransferWise Limitedまたはその関連会社からの法的、税務的、その他専門的なアドバイスを表すものではありません。過去の結果と今後も同様の結果となることは保証されません。明示または明示されていないかを問わず、当ブログの内容が正確、完全、または最新であることを表明、担保または保証しておりません。

Wise – 海外送金をもっと安く、もっとカンタンに

詳しくはこちら

役立つ情報、ニュース、お知らせ