簡単!アメリカのAmazonで買い物するには:送料・注意点も

Yumiko Kijima

この記事では、日本からアメリカ版Amazonで商品を購入する方法を解説。気になる手数料や送料、その他注意点なども見ていきますので、ぜひ目を通してみて下さい。

また、海外通販サイトを使う際に便利なWise多通貨デビットカードも紹介しています。

目次

銀行デビットカードの最大75%安く外貨でお買い物:Wiseデビットカード

wise-debit-card
外貨で支払う際に、一般的な日本のカードでは海外事務手数料(外貨取引手数料)がかかると知っていましたか?多くのカードの場合、1.6%から3%の手数料が基準の為替レートに上乗せされています。

外貨での買い物が多い人は、Wiseデビットカードの利用を検討してみてもいいかもしれません。Wiseデビットカードは、0.45%~3%の格安の両替手数料で日本円から外貨に両替し、利用できます(例:日本円→米ドル:0.6%)。

海外通販に:Wiseデビットカード💳


日本からアメリカのAmazonで買い物する際にかかる手数料

アメリカのAmazonから購入する際は、日本版で買い物するときとは異なる手数料が発生します。

日本からアメリカのAmazonで買い物する際にかかる手数料は、主に以下の4つです。

  • 配送料
  • Amazon Currency Converter(アマゾン通貨換算)に含まれる手数料
  • クレジットカード会社の外貨取扱手数料
  • Import Fees Deposit(輸入税等前払金)

1. 配送料

アメリカAmazonからの日本への配送料は商品のサイズや重量、発送元、また配送オプションなどによって異なりますが、基本価格は以下のように定められています。¹

 StandardExpeditedPriority Courier
アメリカ→日本7.99ドル~9.99ドル~21.99ドル~

アメリカのAmazon Prime(プライム)会員は、アメリカ国内無料配送の特典を受けることができます。しかし残念ながら、アメリカのAmazonプライム会員であっても海外発送は無料にならないので注意しましょう。²

商品によっては日本への配送が無料になる場合もあります。購入したい商品が無料配送の条件を満たしている場合、自動的にFREE AmazonGlobal Standard Shippingのオプションが表示されるので、それを選択するのも良いでしょう。

2. Amazon Currency Converter(アマゾン通貨換算)の手数料

アメリカのAmazonを利用すると、商品の価格は米ドル(USD)で表示されます。

と言っても、日本円で購入することも可能です。しかし、米ドル以外で支払う際は手数料を含むAmazonの為替レートで両替されることを覚えておきましょう。これは、Googleなどで確認できる実際の為替レート(ミッドマーケットレート)ではありません。³

Amazonの為替レートは、商品の最終チェックアウト時に確定します。調査時にはGoogleで検索した為替レートに比べ、約1.42%高めの為替レートが使用されていました。もし、1,000ドルの買い物をしたとすると、約14.2ドル相当(約1,477円)を為替レート内に含まれた手数料として多めに支払っていることになります。

1米ドルに相当する日本円
Amazonの為替レート⁴105.2971149994円
Googleで検索した実際の為替レート⁵103.82円

(2021年1月15日21:50,21:51(GMT+2)に確認)

1,000米ドルに値する日本円
Amazonの為替レート約105,297円(約1,477円高い)
Googleで検索した実際の為替レート103,820円

これは、いちいち実際の為替レートと比較したりしないと気が付きにくいコストですね。では、日本円ではなく米ドルのまま決済してみたらどうでしょうか?

3. デビットカード・クレジットカードの外貨取扱手数料(海外事務手数料)

Amazonの通貨コンバーターを利用することなく、米ドルのまま決済することも可能です。商品購入時、「Selected payment currency(適用通貨)」を選ぶ際に、JPYではなくUSDをクリックします。

しかしこの際、決済に利用するカードの通貨が日本円だった場合、今度は、Amazonではなく、そのカード会社が定める為替レートが適用されることになります。カード会社もまた、通貨両替時には海外事務手数料(外貨取扱手数料)を徴収することが一般的です。

カードの外貨取扱手数料は1.6%から3%に設定されたカードが多いので、この場合も1,000ドルの買い物をするとしたら約16ドルから30ドル相当の日本円を多めに支払うことになりますね。

つまり通貨の両替には、いずれの場合も手数料がかかることがわかります。多通貨に対応したカードを使ってみるのも手かもしれません。その一つが、Wiseデビットカードです。

外貨での支払いに特化:Wiseデビットカード

shop-wise-debit-card-jp

Wiseデビットカードは、日本円をチャージしておけば、自動で格安の両替手数料で外貨の支払いが可能です。

例えば、日本円から米ドルなら0.60%の両替手数料で済みます。1,000ドルの買い物をしたら、6ドル相当の日本円の手数料ということになります。

💡1,000ドルの買い物をアメリカのAmazonで支払う場合にかかる両替手数料

  • Amazon Currency Converter:約1.42%(約14.2ドル相当の日本円)
  • 日本の一般的なクレジットカード:1.6%〜3%(16-30ドル相当の日本円)
  • Wiseデビットカード:0.6%(6ドル相当の日本円)

Wiseデビットカードを使ってアメリカのAmazonで買い物するには

  1. Wiseマルチカレンシー口座を開設
  2. 日本円(その他の通貨も可能)をチャージする(デビットカードor銀行振込)
  3. Wiseデビットカードを発行
  4. アメリカのAmazonサイトへ
  5. 商品購入時に、JPYではなく、USDで支払う設定にする(JPYのままだと、Amazonが指定する為替レートが適用されるので注意)
  6. Wiseデビットカードで支払う
  7. Wiseが定める両替手数料で日本円がマルチカレンシー口座残高から引かれる

Wiseデビットカードは、海外だけでなくもちろん日本国内の店舗やオンラインにも使えます。

また、デビットカードと紐づくWiseマルチカレンシー口座では、海外送金や海外送金の受け取りも対応。日本の銀行の最大14倍安く海外送金ができます。海外から支払いの受け取りがある人も必見!米ドル・ユーロ・英ポンドなど該当9通貨は受け取り手数料無料で外貨のまま口座に受け取ることができますよ。

📖より詳しく

4. Import Fees Deposit(輸入税等前払金)

アメリカ版Amazonで商品を購入する際には、輸入関税がかかることがあります。この関税をAmazonが見積もりしたものがImport Fees Deposit(輸入税等前払金)です。商品購入時に払っておくことができます。⁶

もし実際にかかった輸入関税額がこの前払金よりも少なかった場合、差額は自動的にAmazonから返金されるので、払いすぎる心配はありません。

また、実際の輸入関税額がAmazonが見積もった輸入税等前払金を超えた場合も、追加料金が請求されることはありません。

個人輸入の関税について詳しくは、個人輸入にはいくら関税がかかる?をチェックしてみてください。

日本からアメリカのAmazonで購入する方法

以下では、Amazonを使って商品を購入する手順を見ていきます。

1. アメリカ版Amazonアカウント作成

まずは、アメリカ版Amazonのアカウントを作成します。日本Amazonアカウントを既に持っている場合でも、日本Amazonアカウントは日本のAmazonでしか使えないため、アメリカ版Amazonのアカウントを新規に作成する必要があります。

  • Amazon USを開く
  • ページ右上部の「Accounts & Lists」を開き「Start here」をクリック
  • 氏名・メールアドレスを入力し、パスワードを設定
  • メールアドレスに送られたリンクを開き、アカウント作成完了

または、既にアメリカ版Amazonアカウントを持っている場合は、ログインしましょう。

2. 配送先を日本に設定

実際に買い物を始める前に、配送先を日本に設定することがおすすめです。そうすることで各商品ごとの配送料が分かりやすくなります。

  • 画面左上の「Deliver to」をクリック
  • ポップアップ画面下部の国リストから「Japan」を選択

3. 商品を探し、カートに追加

アカウント登録が完了したら、早速好きな商品を探してみましょう。商品検索は日本のAmazonと同じように、検索窓を使うか、カテゴリから探すことができます。

  • 好きな商品を検索する
  • 商品を選ぶ
  • 商品ページで色やサイズ、数量などを指定
  • 在庫や送料を確認したら、「Add to Cart(カートに追加)」または「Buy Now(今すぐ購入)」をクリック

4. 購入手続き

商品を選び終えたら、カートから購入手続きに移りましょう。

  • 配送先の住所を指定
  • 支払方法を指定(カードまたはAmazonギフトカードなど)
  • 配送方法を指定
  • 内容を確認し、「Place your order(注文を確定)」をクリック

Wiseデビットカードなどを使う際には、Amazonの決済通貨をJPYではなくUSDに変更しておきましょう。

配送先の住所を英語で書くには

(例)

  • 名前:松田 はなこ
  • 住所:〒123-456 東京都武蔵野市吉祥寺1-2-3

アメリカのAmazonでの書き方

  • Full name:Hanako Matsuda
  • Address line1:1-2-3, Kichijouji
  • Address line2:
  • City:Musashino-shi
  • State, Province, Region:Tokyo
  • Zip code:123-456

5. 荷物の追跡方法

  • ホーム画面右上部の「Your Orders(注文履歴)」をクリック
  • 追跡したい商品を選択
  • 「Track Package(追跡する)」をクリック
  • 商品の配送状況が表示される

アメリカのAmazonの配送について

Amazonの国際配送サービスには、一般的に以下の次のオプションがあります。

StandardExpeditedPriority Courier
日本への配送料7.99ドル~9.99ドル~21.99ドル~
日本へかかる日数⁷9日間~StandardとPriorityの中間日数6日間~

配送にかかる日数はあくまでも目安です。商品や発送元によってはもっと速い場合もありますが、国際情勢によりさらに時間がかかることもあります。チェックアウト時に表示される配送予定日時を確認しましょう。

まとめ

ここまで、アメリカ版Amazonを使って商品を購入する方法を見てきました。アメリカAmazonの多くの商品は国際配送に対応しているので便利ですね。

アメリカ版のAmazonを利用する際は、日本版とは違った手数料がかかることを覚えておきましょう。特に、Amazonの為替レートに含まれた手数料は気が付きにくいので注意が必要です。

お得に海外ショッピングを楽しみたいなら、外貨支払いに特化したWiseデビットカードを検討してみてもいいかもしれません。日本円→米ドルは0.6%という安価な両替手数料で、買い物が楽しめます。


ソース

  1. Amazon.com Help: Global Shipping Rates
  2. Amazon Prime Shipping Benefits
  3. Amazon.com Help: Currency Converter Exchange Rates
  4. アメリカのAmazonの商品購入時に表示される為替レート(Applicable exchange rate)を確認(2021年1月15日21:50(GMT+2))
  5. Googleで検索(2021年1月15日21:51(GMT+2))
  6. Amazon.com Help: About Import Fees Deposit
  7. Amazon.com Help: Global Shipping Times

最新の手数料に関する情報は、お住まいの地域の利用規約およびサービスの利用条件をご確認いただくか、Wiseの手数料ページをご覧ください。これは一般的な情報提供を目的としたものであり、Wise Payments Limitedまたはその子会社、関連会社による法律、税務、その他の専門的なアドバイスを意味するものではありません。また、ファイナンシャルアドバイザーやその他の専門家によるアドバイスの代わりになるものではありません。



当社は明示的または黙示的にかかわらず、この内容が正確、完全または最新であることを表明または保証しません。

国境のない金融

詳しくはこちら
パーソナルファイナンス

海外赴任をした際に、つみたてNISAを継続して利用できる?

海外赴任の際は一定条件のもとで積立NISA口座の保有を続けられる可能性があります。証券会社によって対応が異なっているため、まずは取引先会社への確認が重要です。海外赴任時のつみたてNISA口座の扱いや、海外赴任を便利にするWiseのサービスについて解説します。

Yuyuki Tanno
2023年11月21日 この記事は6分で読めます
パーソナルファイナンス

日本のPayPalアカウントを海外で使うことはできる?

海外では日本で開設したPayPalアカウントは使えません。アメリカなど海外の国でPayPalを利用したい場合は、その国のアカウントを開設する必要があるのです。この記事ではPayPalの海外アカウントの開設方法や開設時に必要な情報などを説明します。

Yuyuki Tanno
2023年11月15日 この記事は3分で読めます

役立つ情報、ニュース、お知らせ