外貨預金はおすすめ?メリット・デメリット・人気の銀行を紹介!

Yumiko Kijima
2021年11月1日
この記事は10分で読めます

日本円ではなく外国の通貨を保有する外貨預金。日本円の預金と比べて金利が良かったり、様々なメリットがある外貨預金を検討している人も多いのではないでしょうか?

この記事では、外貨預金のメリットとデメリットを簡単に解説すると共に、外貨預金に人気な銀行を紹介します。

また、銀行よりも多くの通貨を同時に管理でき、海外送金や受け取りを最大14倍安く行えるサービスWiseについても学べますよ!

目次
    外貨預金のメリット・デメリット
    • メリット1:為替差益が期待できる
    • メリット2:日本円預金よりも金利が高い
    • メリット3:海外送金・決済にそのまま利用できることも
    • デメリット1:損する可能性もある
    • デメリット2:為替手数料(為替コスト)がかかる
    • デメリット3: 保護されない

外貨預金とは?

外貨預金とは、その名の通り日本円ではなく外貨でお金を金融機関に預けることを指します。日本円を米ドルなど好きな外貨に両替し、外貨のまま預金として保有します。

一般的には外貨定期預金を指すことが多いですが、他にも外貨普通預金や外貨の通知預金(まとまった金額を短期間預ける)を取り扱っている金融機関も増えています。

外貨預金のメリット・デメリット

外貨預金には、通常の円預金とは異なるメリット・デメリットがあります。

メリット1:為替差益が期待できる

外貨預金の最大のメリットは、為替変動による差益が期待できることです。

為替相場は世界の市場の動きに合わせて刻一刻と変動します。そのため、円高の時に外貨を購入し、円安になったら売却することで、差額分を利益として受けとることができるのです。

具体例:米ドルの場合
  • 1ドル=80円の時に1,000ドル購入し預ける(80,000円分を預金)
  • 1ドル=110円の時に売却する(110,000円分を引き出し)
  • →110,000 - 80,000 = 30,000円の利益を得たことに

メリット2:日本円預金よりも金利が高い

外貨預金のもう1つのメリットは、円預金よりも金利が高いことが多いことです。これは、預けた外貨の国の政策金利が外貨預金にも反映されるため。

2021年現在の日本は「超低金利時代」とも呼ばれており、海外の金利と比べて相対的に低いと言われています。¹

外貨預金の金利は、銀行だけでなく通貨によって異なるのも特徴です。

具体例:楽天銀行の場合
  • 円定期預金の金利:0.02%²
  • 外貨定期預金の金利:米ドル→最大2.0%、ユーロ→最大0.02%、英ポンド→最大6.0%、豪ドル→最大12.0%、NZドル→最大12.0%、南アランド→最大40.0%、中国人民元→最大24.0%³

メリット3:海外送金・決済にそのまま利用できることも

海外に行く際に必要になるのが通貨の両替です。円から外貨への両替は面倒なだけでなく、両替所やクレジットカードが徴収する高額な両替手数料も気になるところ。また、海外送金にもどうしても手数料がかかってしまいます。

そんな時に重宝するのが外貨預金です。例えばソニー銀行では、Sony Bank walletと呼ばれるデビットカードを使って、外貨預金から直接外貨で支払いをすることが可能。さらに海外送金も外貨のまま直接受け取ることができます。⁴

ただし、全ての銀行がこのような外貨利用に対応しているわけではないので、事前にサービスをしっかり理解することが重要です。

デメリット1:損する可能性もある

外貨預金は為替変動の差益で得することもありますが、反対に損をしてしまうこともあります。例えば、円安の時に預けた外貨の為替が変動し、円高になった時に引き出さなければいけなくなると、差額分を損してしまうことになります。

また、預けた外貨によっては、その国の政治が安定せず、通貨の暴落が起こることも考えられます。外貨預金にはリスクが伴うことを理解しなければいけません。

デメリット2:為替手数料(為替コスト)がかかる

外貨預金に伴うデメリットとして見落とされがちなのが為替手数料(為替コスト)です。

外貨を預ける際は、日本円から両替することが一般的です。外貨預金を引き出す際も日本円に戻すことが多いでしょう。金融機関は通貨の両替を行う際に、為替レートに為替手数料を上乗せすることで利益を得ています。つまり、外貨の預金・引き出し自体に手数料がかかっていることになります。

具体例:日本円から米ドルに両替して預金する場合
  • 実際の為替レート(ミッドマーケットレート):1ドル=100円
  • 銀行が採用している為替レート(円→外貨):1ドル=101円
  • →10万円は通常1,000ドルになるはずが、銀行では約990ドルに。
  • →預け入れの際に10ドル分が為替手数料としてかかっている

為替変動による差益が少額の場合、為替手数料で打ち消されてしまい、利益が生じないということもあるので注意が必要です。そのため、外貨預金の銀行を選ぶ際には、為替コストも忘れずにチェックしましょう。

📖為替手数料とは?「隠れコスト」に注意。

デメリット3:預金保護対象にならない

日本では、万が一の時に備えて預金者の資金を保護する「預金保護制度」が存在します。銀行が倒産や破綻した場合、金利の付く円普通預金や円定期預金などは1,000万円を上限に払い戻しを受けることができます。

しかし、外貨の預金は預金保護制度の対象にはなりません。つまり、万が一金融機関が破綻した場合、預金は失われてしまうことになります。⁵

おすすめの外貨預金はどこ?

今日、日本では多くの銀行が外貨預金のサービスを提供しています。その中から金融機関を選ぶ際には、

  • 金利
  • 取扱通貨
  • 為替手数料
  • 預金の種類

などに注目して比較検討するとよいでしょう。以下ではこれらの観点から見て、特に外貨預金に人気の銀行を3つ紹介します。

住信SBIネット銀行

住信SBIネット銀行は、米ドルをはじめとした10通貨の外貨預金を取り扱っています。ネット銀行ならではの高金利が特徴。特に円普通預金から外貨定期預金を申し込んだ場合、特別金利が適用されます(米ドル→年6.0%など)。

また、為替コストの安さも住信SBIネット銀行の魅力です。米ドル⇔円の例を見てみましょう。一般的な都市型銀行の為替手数料が1円であるのに対し、住信SBIネット銀行は4銭とお得。つまり、1,000ドルを日本円に両替する際の手数料はたったの40円となるのです。⁶

住信SBIネット銀行の外貨預金はスマプロランクの判定対象に含まれるため、利用に応じて振り込み手数料やATM手数料などがお得になることも。また、米ドルは米ドルのまま海外で決済に利用することも可能です。

【取り扱い外貨】米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、南アランド、カナダドル、スイスフラン、香港ドル

推しポイント💡
  • ネット銀行の中でも特にお得な金利と為替コスト
  • 円普通預金から入金すると、金利がさらにアップ
  • シミュレーションや損失チェッカーなどの機能が充実
  • NEOBANKデビットカードで米ドル口座から直接米ドルで支払い

ソニー銀行

ソニー銀行は、数ある銀行のなかでも特に外貨に関わるサービスが充実しています。12通貨の取り扱いがあり、オリコンの顧客満足度調査では外貨預金部門で1位を獲得しました。

ソニー銀行では、口座開設日から翌々月末日までの期間、外貨購入時の為替コストが無料になるという特徴があります。為替コストは外貨預金の難点となりがちですが、これなら手数料を大幅に節約できますね。また、円からの預金やセット預金などを利用することで、金利をさらにアップさせることができます。

ソニー銀行の外貨預金の最大の特徴は、SONY BANK Walletカードで、ブラジルレアルと中国人民元を除く10通貨を支払いに利用できます。海外旅行や海外通販の多い人に特に便利です。さらに、外貨口座から海外送金も簡単に行えます。⁷

【取り扱い外貨】米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、NZドル、南アランド、カナダドル、スイスフラン、香港ドル、ブラジルレアル、中国人民元、スウェーデンクローナ

推しポイント💡
  • 取り扱い通貨が豊富で、多通貨デビットカードにも対応
  • 口座開設直後の入金は為替コストが無料でお得
  • 優遇プログラム Club S のステージに応じて為替コストが優遇⁸
  • 円と外貨のセット定期や、ANAマイルが貯まるお得なプランも
  • 海外送金の受け取りがいつでも無料⁸

東京スター銀行

初めて外貨預金にチャレンジする人は、東京スター銀行がおすすめかもしれません。2021年にリニューアルされたホームページは非常に見やすく使い勝手がいいでしょう。さらに外貨預金の商品種類も充実しているため、自分のニーズにあわせて自由に選ぶことができます。

例えば、コストを重視するなら預入時の為替手数料が無料になるスターエリート外貨定期預金、1ヶ月の短期で高金利が期待できる王様金利外貨定期預金、満期日を自由に選べるスターワン外貨定期預金などのサービスがあります。⁹

【取り扱い外貨】米ドル、ユーロ、豪ドル、NZドル、南アランド

推しポイント💡
  • 豊富な外貨商品から自由に選べる
  • インターネットバンキングの利用で為替手数料がお得に
  • アプリやホームページが使いやすくて便利

外貨預金口座の比較

foreign-currency-deposit-accounts-comparison

(❌<🔺<⭕️<🌟の順番で評価)

Wise(ワイズ):1つのアカウントで50通貨を保有・両替

wise-account-jp

  • 金利のためではなく、単純に外貨を保有・管理しておけるアカウントが欲しい
  • 海外送金や海外からの送金の受け取りを頻繁に行う
  • 外貨決済にかかる手数料を減らしたい

そんな人には、銀行での外貨預金ではなく、Wiseのようなサービスの方が合っているかもしれません。

⚠️ Wiseは銀行ではないため、金利はつきません。

Wiseでは、実際の為替レート(ミッドマーケットレート)と格安の両替手数料で、以下50種類以上の通貨を1つのアカウントで簡単に管理することができます。

wise-currencies

保有している外貨は、お得な両替手数料でいつでも両替可能。例えば日本円→米ドルの両替手数料は0.6%。つまり、10万円を米ドルに両替する際の手数料は600円で済みます。

さらに、Wiseではこの実際の為替レートと格安の手数料で日本の銀行の最大で14倍安く海外送金もできます。

The true cost of sending JPY to USD

また、該当10通貨に関しては、日本にいながらにして海外口座情報を取得し、受け取り手数料無料で外貨のまま送金を受け取ることもできます。

local-account-details

推しポイント💡
  • 実際の為替レートで日本から全世界80ヶ国以上に海外送金
  • 海外からの送金を手数料無料で受け取り(該当10通貨)
  • 1つのアカウントで50以上の通貨を保有・両替
  • Wiseデビットカードで外貨をそのまま利用

外貨の保有、通貨間の両替、海外送金と受け取りをお得・効率的に行いたい人はWiseのようなサービスも検討してみるとよいですね。

Wiseについてさらに詳しく💡

まとめ

ここまで、外貨預金におすすめの銀行を見てきました。外貨預金には様々なメリットとデメリットがあり、事前にそれらをしっかり理解した上で利用することが重要です。

外貨預金サービスを提供している銀行は多くありますが、一般的にネット銀行のほうが金利がよく、柔軟な商品から選べるといった特徴があります。また、見落としがちな為替手数料もしっかり考慮することが重要です。

自分のニーズをしっかりと把握した上で、最適な金融機関を選べるとよいですね。


ソース

  1. 外貨預金の金利が高いのはなぜですか?【FAQ00101】|東京スター銀行
  2. 金利が魅力の円預金|金融商品|楽天銀行
  3. 外貨定期預金 | 外貨預金 | 資産運用
  4. Sony Bank WALLET(Visaデビット付きキャッシュカード)|ソニー銀行(ネット銀行)
  5. 預金保険制度:金融庁
  6. 外貨定期預金 | 外貨預金 | NEOBANK 住信SBIネット銀行
  7. 外貨預金|ソニー銀行(ネット銀行)
  8. 外貨預金・外貨送金手数料|ソニー銀行(ネット銀行)
  9. 外貨預金金利

Wise – 海外送金をもっと安く、もっとカンタンに

詳しくはこちら
海外送金について

PayPalで支払いできない?考えられる原因・対処法を解説!

PayPal(ペイパル)で支払いができない!?PayPalでの購入にエラーが出る場合の原因と対処法を紹介。PayPalが使えない人必見。PayPalで支払いにまつわる問題の解決法を詳しく紹介しています。さらに、意外と気が付きにくいPayPalの手数料についても学べます。

Yumiko Kijima
2021年9月29日 この記事は9分で読めます

役立つ情報、ニュース、お知らせ