[2020最新]マレーシアのMM2Hビザ:条件・申請方法を解説!

Yumiko Kijima
2020年7月2日
この記事は1分で読めます

マレーシアへ移住する手段として、MM2H(マレーシアマイセカンドホーム)ビザの取得を検討している人も多いのではないでしょうか?経済的な条件を満たせば、10年単位で本人・家族のマレーシア長期滞在が可能になるMM2Hビザには魅力がたくさんあります。

この記事では、MM2Hビザの取得条件や申請方法、必要書類などを解説しています。さらに、ビザ申請時に必ず必要になってくる海外送金のコストを節約する方法も紹介します。


日本⇄マレーシア間の海外送金をお得に

マレーシアに移住する前に、日本⇄マレーシア間の送金をすることがあるかと思います。海外送金に特化したWiseを使うと、為替手数料が含まれない実際の為替レートでお得に送金ができます。

例:日本からマレーシアの銀行口座へ10万円送金する場合¹

銀行/海外送金サービス 海外送金手数料 適用される為替レート 合計コスト
楽天銀行 楽天銀行 1,750円 楽天銀行が独自に定める為替レート 1,750円+レートに含まれた為替手数料
Wise Wise 853円 実際の為替レート 853円 送金する

(2020年6月5日時点)

送金の手続きは全てオンラインで完結します。海外送金シミュレーションで、どれだけ安い手数料で済むのか見てみてください。

リアルレートでお得に海外送金:Wise🚀


MM2H(マレーシア マイ セカンド ホーム)プログラムとは

MM2H(マレーシアマイセカンドホーム)は、マレーシアに長期滞在したいと考えている外国人向けに、マレーシア政府が推進しているビザプログラムです。マレーシアと国交を持つ国の市民であれば誰でも申請でき、条件(主に経済面)を満たせば、10年間いつでも好きなだけマレーシアに滞在することが可能になります。10年後はビザの更新も可能です。

さらに、MM2Hビザ申請者本人だけでなくその配偶者や21歳未満の未婚の子どもも、マレーシアに長期滞在が可能になります。また18歳未満の子供であればマレーシアの学校に通うこともできます。

一方、MM2Hビザでは、マレーシアでフルタイムで就業することはできません。そのため、リタイア後や海外で働きつつ第二の拠点としてマレーシアで暮らしたい人に最適であるといえます。²⁺³

MM2Hで何ができる?メリット・デメリット

MM2Hビザのメリットとデメリットをしっかり把握し、自分に合ったプログラムであるかどうかを見極めましょう。²⁺⁴

メリット

  • ビザが有効な限り、マレーシアにいつでも好きなだけ滞在することができる
  • 家族(配偶者と21歳未満の未婚の子ども)もマレーシアに滞在できる
  • 18歳未満の子どもにマレーシアの教育を受けさせることができる
  • マレーシアの銀行口座を開設することができる
  • 不動産を購入することができる(住宅用の物件のみ)
  • 10年の有効期限後もビザの延長が可能
  • 職種によってはマレーシアでパートタイムで就業することができる(50歳以上の場合のみ)

デメリット

  • ビザ取得のための経済条件が比較的厳しい 
  • 自由に引き出すことのできない定期預金を組む必要がある
  • マレーシアでフルタイムで就業することができない

MM2Hの申請条件

MM2Hビザは以下の条件を満たせば、性別・年齢・宗教などに関係なく誰でも申請することができます。(ただし、マレーシアと国交を結んでいる国の国籍保持者である必要があります。日本国籍保持者は申請が可能です)

経済条件³:

申請時に、収入証明・資産証明が必要です。申請後、マレーシアに住み始める前に、マレーシアの銀行で以下の額の定期預金を作成する必要があります。

50歳未満 50歳以上
マレーシア以外で得ている収入額 10,000リンギット以上/月(約26万円以上) 10,000リンギット以上/月(約26万円以上)
資産額 500,000リンギット以上(約1260万円以上) 350,000リンギット以上(約882万円以上)
定期預金作成 300,000リンギット以上(約756万円以上) 150,000リンギット以上(約378万円以上)
2年目以降に定期預金から降ろすことができる額 150,000リンギットまで(約378万円まで) 50,000リンギットまで(約126万円まで)
定期預金に常に保持しておかないといけない額 150,000リンギット以上(約378万円以上) 100,000リンギット以上(約252万円以上)

(1リンギット=25.20円換算/2020年6月10日現在)

健康条件³:

マレーシア到着後、マレーシアの病院で健康診断を受ける必要があります。その際に、感染性疾患があるとビザがおりない可能性があります。また、マレーシア国内の医療保険に加入する必要もあります。

💡海外送金コストを抑えるには

MM2Hビザの仮承認がおりたら、マレーシアの銀行口座に日本から送金する必要が出てきます。そんな時、普段使っている日本の銀行から送金しようと思う人が多いかもしれません。

しかし、銀行が使用する為替レート自体に、為替手数料という手数料が含まれていることに注意しましょう。

銀行での海外送金 注意点
送金手数料 手数料が5,000円を超えるところも少なくない
時間 銀行の海外送金の仕組みは複雑で、時間がかかりがち
為替レート 実際の為替レートではなく、為替手数料が上乗せされた独自の為替レートが使用されている。つまり、送金手数料以外にもコストがかかっている
通貨の取り扱い マレーシアリンギットを取り扱っていない日本の銀行は多い

銀行に代わる海外送金の手段として、Wiseを検討してみてもいいでしょう。実際の為替レートを使用するWiseを使えば、海外送金コストを節約できるかもしれません。

Wiseの海外送金 特徴
送金手数料 送金額に合わせて、格安に設定されている。(例)10万円をマレーシアリンギッドに両替して送金する場合の送金手数料:853円
時間 国内送金を活用した新しい仕組みで、銀行よりも速く送金できる可能性が高い。
為替レート 実際の為替レートを使用。レートには手数料が含まれていない
通貨の取り扱い 日本円からは、マレーシアリンギットを含む50以上の通貨に両替して送金できる

世界で700万人が利用するWiseは、日本では関東に資金稼働業者として登録しています。銀行に代わる、安くて速い海外送金の選択肢として検討してみるといいですね。

どれだけ安く海外送金できるのかチェック🔍

MM2Hの申請方法

MM2Hビザに申し込むには、個人で申請する方法と、申請代行エージェントを利用する方法の2つがあります。どちらもメリット・デメリットがあるので、しっかり比較検討したうえで選択しましょう。

個人申請する場合⁵

個人申請は、自ら直接マレーシア移民局に書類を郵送する方法です。エージェントを介さないため、必要書類の取得や銀行口座の開設などを全て自分で行う必要があります。時間と手間はかかりますが、申請にかかる費用を節約することができます。

  • MM2Hオンライン申請サイトにアクセスする
  • オンライン申請書に記入する
  • 全てのフォームをダウンロードし、必要な箇所に署名をする
  • ダイレクトアプリケーションチェックリストを参考に、忘れている書類がないかチェックする
  • MM2Hセンターの窓口または郵送で全ての必要書類を提出する
  • 窓口での提出の場合:同日にMM2Hレファレンスナンバーが発行される
  • 郵送での提出の場合:受け取りから7営業日以内に審査が行われる。EメールでMM2Hレファレンスナンバーが送られてくる
  • 120営業日以内に申請が処理される
  • MM2Hプログラムへの参加が許可された場合、Eメールが送られてくる
  • マレーシアに渡航し、MM2H移民局で仮承認レターを受け取る
  • 仮承認レターに記載された条件を6ヶ月以内に満たし、移民に必要な費用を支払う
  • MM2Hビザ取得

代行申請する場合⁶

MM2Hビザの代行申請エージェントを利用する方法も一般的です。1人もしくは夫婦一組当たり15~20万円程度の費用⁷がかかりますが、書類の準備や口座開設、健康診断や保険の手続きなどまで全てを代わりにやってくれるので、非常に手軽です。英語が苦手な人やビザ申請にかかる時間を節約したい人におすすめだといえます。

ただし、悪質・違法な代行業者も存在します。トラブルを避けるため、マレーシア政府の公認を受けた代行業者を利用するようにしましょう。

  • ライセンスのある代行業者リストから、代行業者を選ぶ
  • 代行業者の指示に従い、必要書類を集めて提出する
  • 代行業者があなたの代わりにMM2Hの申請を行う
  • MM2Hレファレンスナンバーが発行される
  • 120営業日以内に申請が処理される
  • MM2Hプログラムへの参加が許可された場合、代行業者があなたの代わりに仮承認レターを受け取る
  • 仮承認レター発行日から6か月以内に仮承認レターに記載された条件をクリアし、マレーシアに渡航する
  • 必要書類・移民費用を代行業者に渡すと、代行業者があなたの代わりにMM2H移民局に提出・支払いを行う
  • MM2Hビザ取得

MM2Hの申請に必要な書類

MM2Hビザの個人申請に必要な書類は以下の通りです。⁸

  • カバーレター(申請の理由や経済力の証明などを記した手紙)1部
  • メイン申請者のレジュメ(職務経験、教育、スキルについて記した履歴書)(可能であれば配偶者の分も)
  • 人数分のMM2H申請書各1部(公式サイトよりダウンロード)
  • 人数分のIM.12申請書各3部(公式サイトよりダウンロード)
  • 青色を背景にした3.5cm×5.0cmのカラー証明写真4枚
  • パスポートの全てのページのコピー1部と顔写真ページのコピー2部
  • 無犯罪証明書(Letter of Good Conduct )1部(都道府県警察署で申請可能)
  • 人数分の健康についての申告書各1部(公式サイトよりダウンロード)
  • 結婚証明書1部(配偶者と子供と共に申請する場合)または離婚証明書1部(子供と共に申請する場合)
  • 出生証明書各1部(子供と共に申請する場合)
    ※その他21歳以上の子どもで障がいがある場合は医師からの手紙が必要。離婚している場合は法的に親権を要していることを証明する書類が必要。
  • 過去3か月分の収入証明書(給与や年金の受け取りを証明するもの)
  • 資産証明書(銀行の残高証明書など)
  • 経済条件や給与の承認書(公式サイトよりダウンロード)

【仮承認後】

  • 保証金

まとめ

マレーシアには、永住権のほかにも長期滞在を可能にするビザ制度が存在します。その代表であるMM2H(マレーシアマイセカンドホーム)について見てきました。

MM2Hは、申請者とその家族が、ビザの有効期間中いつでも好きなだけマレーシアに滞在することができるようになるビザ制度です。経済条件をクリアすれば基本的に誰でも申請でき、マレーシアで不動産を購入したり教育を受けることも可能になります。MM2Hビザはの申請は、個人で申請する方法と代行エージェントを使う方法との2つがあります。

MM2Hビザを取得する条件として、マレーシア国内の銀行に定期預金を組む必要があります。その際、日本からマレーシアに資金を送る必要が出てくるでしょう。銀行からの海外送金は手数料が高いだけでなく、そもそもマレーシアリンギットの送金に対応していないことも多くあります。代わりにWiseのようなサービスを利用するのも良いでしょう。


ソース

  1. Wise | 送金事業者ごとの為替レートを比較(2020年6月5日時点)
  2. MM2H | Program Overview
  3. MM2H | Terms and Conditions
  4. MM2H | FAQs
  5. MM2H | Direct Application
  6. MM2H | Assisted Application
  7. グローバルプロパティ | 申請費用
  8. MM2H Checklist for Direct Application

当ブログは、一般的な情報を提供することを目的としており、扱われている全てのトピックの詳細すべてが網羅されるものではありません。当ブログは、お客様が根拠とすべきアドバイスとなることを意図しておりません。当ブログの内容に基づいていかなる行動を起こすまたはいかなる行動を止める前に、専門家またはスペシャリストのアドバイスを得る必要があります。当ブログの情報は、TransferWise Limitedまたはその関連会社からの法的、税務的、その他専門的なアドバイスを表すものではありません。過去の結果と今後も同様の結果となることは保証されません。明示または明示されていないかを問わず、当ブログの内容が正確、完全、または最新であることを表明、担保または保証しておりません。

Wise – 海外送金をもっと安く、もっとカンタンに

詳しくはこちら

役立つ情報、ニュース、お知らせ