非居住者はできない?マレーシアの銀行口座を開設するには

Yumiko Kijima

マレーシアで気軽に使える銀行口座があれば便利だと考えている日本の人は少なくないでしょう。

ロングステイ財団の調査によるとマレーシアは移住人気ランキング1位を毎年とっています。観光でもクアラルンプールリゾートやボルネオには多くの日本人観光客が訪れています。現地に自分名義の口座があれば様々な用途で使えて便利です。しかし気軽に外国人が口座を開けるのでしょうか。

長期滞在、または観光で訪れた際にマレーシアの口座を開設できるのか?おすすめの銀行はどこなのか?を解説します。


日本からマレーシアの銀行口座へリアルレートで海外送金

マレーシアの銀行口座開設を考えている人は、マレーシア⇄日本間の海外送金の機会もあるかもしれません。海外送金に特化したWiseを使うと、為替手数料が含まれない実際の為替レートで送金ができます。

例:日本の口座からマレーシアの口座へ10万円を送金する(中継銀行手数料を送金人が負担する場合)

銀行/プロバイダ 送金手数料 為替レート 合計コスト 受取概算額
PayPal PayPal ¹ 499円 独自の為替レート(1MYR=27.1574円) 499円+為替手数料 3,663.86MYR
楽天銀行 楽天銀行² 1,750円 独自の為替レート(1MYR=27.79円) 1,750円+為替手数料 3,535.45MYR
Wise Wise¹ 1,237円 実際の為替レート(1MYR=25.9601円) 1,237円 3,804.42MYR 送金する

(PayPal、楽天銀行、Wiseの順に、2019年10月21日12:38、12:36、12:38(GMT+2)時点確認。PayPal・WiseはWise: 海外送金にかかる手数料を比較ページに、楽天銀行は楽天銀行海外送金シミュレーターの結果に基づく)

上記の例では、一見PayPalの送金手数料が格安に見えますが、その割高な為替レートによって受取概算額が実際の為替レートを使用するWiseよりも少なくなる結果に。海外送金時には、送金手数料だけではなく、各社の為替レートを比較するようにしましょう。

リアルレート海外送金🚀


非居住者もマレーシアの銀行口座を開設できる?

非居住者がマレーシアの銀行口座を開設することは以前に比べ難しくなっています

マネーロンダリングやテロ資金供与対策として、マレーシアの各銀行では口座開設の際にマレーシア滞在の目的を証明するための長期滞在ビザ(MM2H)や学生ビザ、ワークパミットの提示を求めることが一般的になっています。(しかしマレーシアの中央銀行は法律的には非居住者の銀行口座開設を禁止しているわけではないため、最終的には各銀行の判断に口座開設の判断は委ねられています。)³

国際的なネットワークをもつHSBC(香港上海銀行)なら、マレーシアを含む30以上の国で海外口座(international account)を開けるサービスもあります⁴。しかし、プレミア口座(最低残高が香港なら日本円で1000万円以上必要⁵)以外では、手数料がかかります。詳しい手数料についてはHSBCに直接問い合わせる必要があります。

例外的に、マレーシアに不動産を所有している人であれば非居住者でも銀行口座を開設できる可能性があります⁶。該当する人はマレーシアの銀行に問い合わせてみるといいでしょう。

上記のことを踏まえると、マレーシアで非居住者の人が、「観光ついでに現地の銀行口座を開く」といったことは現状難しいと言えるでしょう。

日本にいながらマレーシアの銀行口座を開くことはできる?日本支店では?

日本にいながらマレーシアの銀行口座を開こうと考える人もいるかもしれません。しかし、マレーシアを代表する大手銀行の中には支店が日本にないケースも多いです。マレーシア展開も行うHSBCも日本における個人金融サービスを終了しています⁸。

以下では、マレーシアに移住・留学する人(居住者)がマレーシアの銀行口座を開設する際に必要となる書類、銀行口座開設の手順について紹介します。

マレーシアで銀行口座を開くのに必要な書類・条件

厳密には、各銀行で必要な書類は異なります。各銀行の支店に足を運んで必要書類を確認しなければいけません。しかし事前に用意しておくと良い一般的な書類は以下の通りです⁷。

  •  パスポート(必須)
  •  ビザ(MM2Hや就労・教育ビザ)
  •  住んでいるところを証明できる書類(水道・電気料金の明細など)
  •  ミニマムデポジット(最低限の預金)
  •  雇用を証明できる書類
  •  運転免許証
  •  クレジットカード
  •  マレーシアの不動産購入証明書(マレーシアに不動産を所有していれば口座を開ける場合も)⁶

マレーシアで銀行口座を開く手順

マレーシアで銀行口座を開く手順は以下の通りです⁷。事前にオンラインでフォームを提出できるところもありますが結局は情報を入力して窓口に出向くことになるため直接やりとりした方が話もスムーズに進むでしょう。

  • 銀行の窓口に行く
  • 口座を開くことを銀行員に伝える
  • 必要書類の提出・書類の作成

マレーシアの銀行口座に関わる手数料

マレーシアの銀行口座の手数料や口座維持費は銀行の口座・グレードによって異なります。一般的な普通口座ならば口座維持費も無料です。グレードが高い口座の場合はミニマムデポジットを下回ると手数料が発生するという仕組みであることが多いです。ここでは一般的な普通口座の一例を紹介します。

口座維持費(Annual Fee/ Service charge on minimum balance)

基本的に無料。グレードの高い口座だと預入金額が規定を下回ると月に5RM程度発生する⁹¹º。

ATM出金手数料

Maybankでは1ヶ月につき最初の4回まで自行のATM利用は無料¹¹。CIMBでは、最初の8回まで無料⁹。発生したとしても引き出すのに0.5RM程度⁹¹¹。

オンラインバンキング振込手数料

基本的に無料⁹。

解約手数料

口座開設後、3ヶ月以内に解約すると20RMの手数料がかかります⁹¹。

海外送金手数料

【日本からマレーシアへ】

日本からマレーシアへの送金は比較的高額になりがちです。一般的な銀行では、送金手数料だけで5,000円以上かかることも。

さらに、銀行や多くの海外送金プロバイダは海外送金を行う際、実際の為替レートではなく、為替手数料を上乗せした独自レートを採用しています

つまり、わかりやすい送金手数料以外にもレートの中に隠れたコストがかかっているということです。

楽天銀行と、実際の為替レートを使用するWiseで具体的な例を見てみましょう。

10万円を元手に日本からマレーシアに送金する場合

銀行 送金手数料 両替される日本円額 為替レート 受取概算額
楽天銀行 楽天銀行 -1,750円 98,250円 1MYR=27.79円 3,535.45MYR
Wise Wise -1,237円 98,763円 1MYR=25.9601円 3,804.42MYR

(楽天銀行、Wiseの順に、2019年10月21日12:36、12:38(GMT+2)時点確認)

楽天銀行とWiseの送金手数料の違いは500円程度ですが、使用する為替レートによって受取額に大きな差が出ることもあることがわかるかと思います。上記の例の場合は、268.97MYR分(約6,982円)、Wiseの方が多めに届く結果に。

実際の為替レートで海外送金を行いたい人にはWiseが選択肢となるかもしれません。国内送金を活用した新しい送金システムによって、

  • 受取人には特別な海外送金受取手数料がかからない(受取人はWiseアカウントは不要です)
  • 送金にかかる手数料が銀行の最大14倍安い

といった特徴があります。

Wiseの海外送金シミュレーションから、日本の口座からマレーシアの口座への海外送金をどれだけ安く済ませることができるか見てみましょう。

【マレーシアから日本へ】

海外送金手数料は銀行によっても異なりますが日本人にも人気のCIMB銀行を例に解説します。

日本円口座への海外送金の手数料は、30RM前後(780円程度)で済みます¹²。日本からマレーシアへの送金と比べるとマレーシアから日本への送金はかなり安価ですね。しかし、マレーシアから送る場合にも為替レートに注意しましょう。日本の銀行と同様に、マレーシアの銀行でも為替手数料を上乗せしたレートを使用しています¹²。

マレーシアの銀行、どこが人気?

日本人にとってマレーシアの銀行はあまり馴染みがなくて銀行選びに迷う人も多いのではないでしょうか。マレーシアの銀行の中でも人気の銀行をご紹介します。

  • MayBank
  • CIMBBank
  • PublicBank 
  • HSBC

  

[MayBank]

MayBankはマレーシア最大手の銀行です。最大手なのでマレーシア国内でも支店、ATMの数が多いところに強みがあります。またシンガポールやフィリピンなどマレーシア周辺などアジア諸国でも広く展開しているネットワークも魅力的です。またMayBankには「MayBank2U」というスマホアプリがあり光熱費の支払いやQRpayにも対応しており使い勝手が良いと評判です。

[CIMB Bank]

CIMB Bankはマレーシアで第2位の規模の銀行です。マレーシア国内でも十分な支店、ATM数があるため安心して利用できます。日本人にお馴染みのLCC「Air Asia」と提携していてポイントがたまるプログラムも用意されています¹³。オンラインバンキングなどの便利な機能も一通り揃っていて最大手のMayBankと同様に日本人に人気のある銀行です。

[Public Bank]

Public Bankはマレーシアでも業界3位の銀行です。マレーシア現地の企業とタイアップして割引やお得なキャンペーン企画をしていることがあるためプロモショーンが好きな人は確認してみると良いでしょう。中華系の銀行でマレーシアを拠点にしていますが香港、カンボジア、ベトナムにも支店があります。¹⁴

[HSBCマレーシア]

HSBCマレーシアはイギリスのHSBCグループ傘下の銀行です。アジアだけでなく世界中に拠点があるため国際的なネットワークが魅力的です。もともとマレーシア以外の国でHSBCの口座を持っている人ならばオンラインバンキングの使い勝手も良いでしょう。また既にマレーシア以外で口座を開いていればマレーシア現地のHSBCの口座開設をサポートしてもらえる可能性もあります。⁴

[Wise(ワイズ )ボーダレス口座]

マレーシアに住みながらも海外に仕事先があったり、海外とのお金のやりとりが多い人の場合、複数の通貨の管理が必要になることがあるかと思います。そんな人におすすめなのが、40以上の通貨をアカウント1つで管理できるWiseのボーダーレス口座です。

例えば日本円、米ドル、リンギット、ユーロなど様々な通貨を一つの口座で管理できます。しかもアカウント内の両替であれば実際の為替レートとわかりやすい手数料で簡単に両替することができます(隠れたコストはありません)。なお、銀行口座ではないので、金利などは付きません。

米ドル、ユーロ、英ポンド、ニュージランドドル、オーストラリアドルは、手数料無料でボーダーレス口座に送金を受け取ることも可能です。

ボーダーレス口座の開設や口座維持費は無料なので、気軽に開設することができます。複数の通貨を同時に管理したい人は、Wiseのボーダーレス口座をチェックしてみてください。

まとめ

マレーシアは非居住者が現地の銀行口座を開設するのが難しく、旅行のついでに銀行口座を気軽に開くことはできないと考えたほうがいいでしょう。一方、留学や就労などでマレーシアに居住している人であれば口座開設はスムーズに進むはずです。

マレーシア移住の前に、日本からマレーシアへ海外送金の必要があるかもしれません。銀行や多くの海外送金サービスでは送金手数料のほかに、為替レートにも隠れたコストがあることに注意しましょう。Wiseは実際の為替レートと割安な送金手数料で海外送金サービスを提供しています。代替案として検討してみてもいいですね。


ソース

  1. 海外送金にかかる手数料を比較 | 為替レートを比較 - Wise(2019年10月21日12:38(GMT+2)時点確認)
  2. 海外送金シミュレーター|送金手数料|外国への送金なら楽天銀行(2019年10月21日12:36(GMT+2)時点確認)
  3. 為替管理制度 | マレーシア - アジア - 国・地域別に見る - ジェトロ
  4. Open an International Bank Account - HSBC International Services
  5. HSBC Premier Help | HSBC Premier Questions - HSBC HK
  6. Maybankに問い合わせ
  7. Maybank Malaysia - Savings Account
  8. HSBC個人(旧プレミア)のお客様
  9. Rates & Charges - CIMB Bank Malaysia
  10. Maybank Malaysia - Fees and Charges
  11. Maybank2u.com - Maybank ATM Services
  12. Telegraphic Transfer - CIMB Bank Malaysia
  13. Good news, AirAsia BIG Member! - AirAsia
  14. Promo - Public Bank

当社は、当ブログを利用することによって生じたいかなる損害について、一切の責任を負いかねます。 当ブログに掲載されている情報は、その妥当性、信頼性、有用性、最新性を保証するものではありません。 当ブログで掲載している情報につきましては、一切の予告なく内容を変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。


最新の手数料に関する情報は、お住まいの地域の利用規約およびサービスの利用条件をご確認いただくか、Wiseの手数料ページをご覧ください。これは一般的な情報提供を目的としたものであり、Wise Payments Limitedまたはその子会社、関連会社による法律、税務、その他の専門的なアドバイスを意味するものではありません。また、ファイナンシャルアドバイザーやその他の専門家によるアドバイスの代わりになるものではありません。



当社は明示的または黙示的にかかわらず、この内容が正確、完全または最新であることを表明または保証しません。

国境のない金融

詳しくはこちら

役立つ情報、ニュース、お知らせ