マルチカレンシー口座の更新:両替と送金の手数料が低くなりましたが、その他の手数料も変更されています。

Felipe Morales
19.10.20
この記事は1分で読めます

先月、当社の目標「ミッション0」に一歩近づき、 76%のお客様の両替手数料を引き下げました

本日は手数料変更に関する良いお知らせと、あまり良くないお知らせをお伝えします。

まずは、良いお知らせ。 残高からの送金と両替にかかる手数料が引き下げられます。

  • お客様の残高からの送金にかかるコストは少なくなり、同じ通貨間での送金は45%までコストが少なくなります。
  • 残高間で両替することによって、当社の85%の通貨ルートでの送金手数料が安くなります。

当社の手数料ページにてこの新しい変更がどのように影響するか確認ください。

しかしながら、12月19日より、USDの送金手数料とEUR残高に対する手数料が発生します:

  • 国内および国際電信送金を米ドル(USD)で受け取る場合、7.50ドルの手数料がかかります。 7.50ドルの費用がかかりますが、これは米国の銀行と比較して2倍お得で、また、ACH支払いの受取りは無料です。 米国の電信送金(ワイヤー)の受取りにはコストがかかるため、このような変更を行っています。 詳細はこちらでご確認ください。

  • 個人アカウントで€15000以上、法人アカウントで€70000以上EUR残高、またはEUR貯金箱に保管する場合、年間0.4%の手数料がかかります。 他の通貨の保管は無料です。 現在、European Central Bankの金利がマイナスになっているため、このような変更を行っています。 詳細はこちらでご確認ください。

米国の電信送金(ワイヤー)の送金には追加手数料がかかり、これを利用されるお客様が多すぎました。

米国の銀行は他の国と比べて高価で、電信送金(ワイヤー)がそのよい例です。 当社のお客様がUSD銀行口座情報へ電信送金(ワイヤー)で資金を受取る毎にコストがかかります。

マルチカレンシー口座のサービスを開始した当初は、支払い方法に関わらず、資金の受取は無料で提供したいと思っていました。 しかしながら、このコストをどうにかしてカバーする必要があったため、残高からの送金時に手数料をいただくことにしました。 これは、電信送金(ワイヤー)で資金の受取がないお客様もこのコストは払う必要があったということです。

これからは、銀行口座に電信送金(ワイヤー)での受取りがある場合は、受取金額から7.50の手数料を差し引いて着金します。 例として、1000USDを送金された場合、7.50を差し引いた 992.50 USDが残高に入金されます。

現在、電信送金(ワイヤー)での受取りに7ドルの手数料を追加したため、その他のコストをカバーする必要はありません。 残高からの送金の手数料を安くすることができます。 最大、同一通貨での送金の場合で、45%安くなります。

ACHでの支払いは今までのまま、無料で資金の受取りが可能です。

送金先の通貨 今までの手数料 新規手数料 値下げ率
ユーロ(EUR) 🇪🇺 0.63 ユーロ(EUR) 0.36ユーロ(EUR) ⬇️ 44%
米ドル(USD) 🇺🇸 1.40米ドル(USD 1.06米ドル(USD) ⬇️ 25%
英ポンド(GBP) 🇬🇧 0.60英ポンド(GBP) 0.34英ポンド(GBP) ⬇️ 45%
オーストラリア・ドル(AUD) 🇦🇺 1.05オーストラリア・ドル(AUD) 0.82オーストラリア・ドル(AUD) ⬇️ 45%

当社の手数料ページで最も値下げする送金先の通貨をご確認ください。

残高からの送金や両替はよりお安くなります。 お客様もきっとお安くご利用いただけるはずです。

送金手続きを行う際、レート保証機能がご利用いただけ、銀行から振込む時間があります。 しかし、実際には為替レートは常に変動しており、レート保証を下回ることもあります。

資金を受取る前に送金を完了しているので、場合によっては受取る以上の資金を送金してしまい、損をしてしまうこともあります。 以前は当社の両替手数料はこれらの費用でカバーしていました。

残高での両替または、送金を行う場合、資金はWiseにすでに保管されています。 これらの取引はすぐに行うことができ、またお安くご利用いただけます。

要約:残高からの送金は安くなり、また、通貨間の両替も85%の通貨ルートで安くなります。

いくつかの例を示します。

送金元通貨 送金先通貨 以前の両替手数料 新しい両替手数料 値下げ率
USD 🇺🇸 EUR 🇪🇺 0.43% 0.42% ⬇️ 2%
HUF 🇭🇺 EUR 🇪🇺 0.49% 0.42% ⬇️ 14%
USD 🇺🇸 PHP 🇵🇭 0.57% 0.54% ⬇️ 6%
USD 🇺🇸 CAD 🇨🇦 0.47% 0.45% ⬇️ 5%
CHF 🇨🇭 EUR 🇪🇺 0.43% 0.39% ⬇️ 10%
EUR 🇪🇺 TRY 🇹🇷 0.65% 0.54% ⬇️ 16%

当社の手数料ページでよくご利用される通貨の値下がりをご確認ください。

マイナス金利をカバーするための多額のEUR残高の手数料

最近では、世界中の中央銀行が金利を引き下げています。

ユーロ圏では、金利はマイナスです。 つまり、お客様のEUR残高を維持するには、Wiseでも手数料がかかります。

これらのコストをカバーするため、多額のEUR残高や貯金箱の保管に対し、年間で0.4%の手数料を課金することになりました。 少ない金額で保管する場合は、今まで通り無料です。 個人アカウントで€15,000以上、法人アカウントで€70,000以上をEUR残高、またはEUR貯金箱に保管する場合、年間で0.5%の手数料がかかります。

この手数料は毎月請求され、無料で保管できる金額以上になった場合、その分に対し、手数料が発生します。 例として、個人のお客様が20,000EURを残高に保管している場合、5,000EURに対して、手数料が請求されます。 この金額で1日残高でお金を保管した場合、月末に約€0.05を支払うことになりますが、1ヶ月間保管した場合、約€1.67を支払うことになります。

これらはWiseでお支払い頂く唯一の月額手数料です。今まで通り、無料で53以上の通貨を使ってお金の管理ができます。

このEURの制限がどのように影響するのか、以下でご確認ください:

個人アカウント 法人アカウント
EUR以外の通貨での保管 無料 無料
15,000EURの保管(1か月) 無料 無料
30,000EURの保管(1か月) 5.01 EUR 無料
50,000EURの保管(1か月) 11.69 EUR 無料
100,000EURの保管(1か月) 28.39 EUR 10.02 EUR

Wise – 海外送金をもっと安く、もっとカンタンに

詳しくはこちら
ニュース

安くて、簡単、そして新しい機能 - Androidのインサイト

当社は海外送金の手数料だけではなく、根本的な透明性を信じて徹底しています。 当社は、お客様の資金も明確で分かりやすいものでなければならないと考えています。 そのため、カテゴリーやインサイトを立ち上げました。 これにより、月やカテゴリー間で送金額と支出を比較することができます。...

Sascha Huth
12.11.20 この記事は1分で読めます
ニュース

法人アカウントにチームを追加しましょう ー マルチユーザーアクセスが利用可能になりました

果報は寝て待て、また、技術は急ぐと満足いく結果が得られないとも言われます。しかし、Wise法人アカウントでマルチユーザーアクセスがついに利用可能になりました。 ご提供できることを大変嬉しく思います。 マルチユーザーアクセスは法人のお客様から最も要望をいただいた機能です。お客様の会社のチーム皆で取り組める...

Wise
13.07.20 この記事は1分で読めます
ニュース

TransferWiseでお友達に送金しましょう。

2020年、 お客様がロンドンで同僚と夕食をして、会計を2人で割ったとします。 同僚はスペインにいます。 同僚の銀行口座情報も、英ポンドから送金できるIBANも分かりません。 知っているのは、その人の電話番号だけです。 その場合、簡単に支払いをする方法は何だと思いますか? 答えはここにあります。...

Arnaud De Moyer
09.06.20 この記事は1分で読めます

役立つ情報、ニュース、お知らせ