日本のGMOあおぞらネット銀行が「Wise Platform」によるサービスの提供を開始

Terence Lau

GMOあおぞらネット銀行株式会社が「Wise Platform」の日本初の銀行パートナーとなり、8万人(※1)の法人のお客様に、着金がスピーディーで安価な送金コストが特長の海外送金サービスの提供を開始します。

この度 「Wise Platform」の日本初の銀行パートナーとなるGMOあおぞらネット銀行株式会社 (以下、GMOあおぞらネット銀行) との業務提携契約の締結をお知らせいたします。 GMOあおぞらネット銀行は、香港のZA Bank、インドネシアのBank Mandiri、シンガポールのAspire、韓国の新韓銀行に次ぎ、アジアで5番目の銀行パートナーとなります。

GMOあおぞらネット銀行は、2018年7月にインターネットバンキング事業を開始以来、法人のお客様から安価で、スピーディーで手間のかからない海外送金サービスの要望を多く受けてきました。 企業が海外進出や国際的な人材の雇用を目指す中、グローバルな送金サービスは世界中で特に需要が高くなっています。

このような要望に答えるため、GMOあおぞらネット銀行は、世界中の銀行や企業の決済インフラとして業界をリードする「Wise Platform」を採用するに至りました。 Wiseの使いやすいAPIを介して、GMOあおぞらネット銀行のお客様は、アメリカ、イギリス、中国、オーストラリア、シンガポールを含む28か国・地域に8通貨を送金することができます。

GMOあおぞらネット銀行の法人のお客様は、インターネットバンキング上でこの海外送金サービスに24時間365日(※2)アクセスすることができます。 Wiseの瞬時に処理が可能な海外送金システムにより、GMOあおぞらネット銀行のお客様は最速2分で送金を完了することができます。 これにより、企業は請求書処理やサプライヤーへの支払いニーズをより簡単に管理できるようになります。

「Wise Platform」専属チームはGMOあおぞらネット銀行との密な協力体制により、この業務提携を実現することができました。

「Wise Platform」ディレクター スティーブ・ノーデのコメント

「海外送金では、信じられないほど非常に煩雑な手間や時間、高くて不明瞭な手数料がかかり、経営資源が限られる中小企業にとっては大きな負担となっています。 GMOあおぞらネット銀行とWiseは、グローバルな金融システムを近代化し、すべての人に公正で透明性のあるバンキングサービスを提供するというビジョンを共有しています。 この度のGMOあおぞらネット銀行との提携により、Wiseのミッションである、より早く、より安く、より透明性の高い海外送金サービスの実現に一歩近づけたと思います。」

GMOあおぞらネット銀行 代表取締役会長 金子 岳人のコメント

「当社が、インターネット銀行事業を開始してから今日に至るまで、多くの法人のお客さまより、海外送金サービスの開始のご要望をいただいておりました。 大変お待たせしましたが、このたび、日本の銀行では初となるWiseの国際送金プラットフォーム「Wise Platform」を採用した、早くて、安い法人のお客さま向けの海外送金サービスの提供を開始できることを嬉しく思います。 両社の提携により、法人のお客さまのグローバルな商取引をサポートすると共に、今後も、お客さまに寄り添い、共に成長していく次世代型テックバンクとして、お客さまの声にお応えするサービスの開発・提供に邁進してまいります。」

「Wise Platform」について

「Wise Platform」は、WiseのAPIを介して、金融機関や企業のお客様が現在使用しているプラットフォームに連携できるWiseの決済インフラです。API連携を通じて、それぞれのお客様により安く、より早く、より簡単なサービスの提供が可能になります。 「Wise Platform」はイギリスのMonzo、ドイツのN 26、韓国の新韓銀行、香港のZA Bank、インドネシアのBank Mandiri、シンガポールのAspireなど、世界中の50を超える銀行およびノンバンクパートナーと提携しています。

また、「Wise Platform」はTemenos、Mambu、Thought Machineなどのコアバンキングプラットフォームに予め統合されています。

GMOあおぞらネット銀行について

「すべてはお客さまのために。No.1テクノロジーバンクを目指して」 をコーポレートビジョンに掲げ、 新しいネット銀行として2018年7月に誕生しました。 GMOあおぞらネット銀行は、ITエンジニアリング・開発力の強みを活かし、金融・決済サービスを提供しています。 法人のお客さまは、サービスの独自性、利便性、UI/UX、および低コストを重視しており、顧客基盤の大幅な成長を実現しています。 お客さまと共に成長する銀行であるべく、新たなシステムの開発や、サービスの提供などに向けて邁進しています。

「Wise Platform」について見る

GMOあおぞらネット銀行について見る

(※1)2023年4月30日時点
(※2)システムメンテナンスを除く


最新の手数料に関する情報は、お住まいの地域の利用規約およびサービスの利用条件をご確認いただくか、Wiseの手数料ページをご覧ください。これは一般的な情報提供を目的としたものであり、Wise Payments Limitedまたはその子会社、関連会社による法律、税務、その他の専門的なアドバイスを意味するものではありません。また、ファイナンシャルアドバイザーやその他の専門家によるアドバイスの代わりになるものではありません。



当社は明示的または黙示的にかかわらず、この内容が正確、完全または最新であることを表明または保証しません。

国境のない金融

詳しくはこちら
ニュース

財務の安全性について

ここ数週間、お客様が資金を預けている金融機関からいくつかのメールが届いていると思います。 これは、英国金融行動庁(FCA)が英国内のすべての電子マネー機関(EMI)に対し、どのように資金を保護しているかを顧客に正確に伝えるよう求めているためです。 幸いなことに、Wiseは常に徹底した透明性を追求しています。...

Kristo Käärmann
2021年7月20日 この記事は3分で読めます
ニュース

安くて、簡単、そして新しい機能 - Androidのインサイト

当社は海外送金の手数料だけではなく、根本的な透明性を信じて徹底しています。 当社は、お客様の資金も明確で分かりやすいものでなければならないと考えています。 そのため、カテゴリーやインサイトを立ち上げました。 これにより、月やカテゴリー間で送金額と支出を比較することができます。...

Sascha Huth
2020年11月12日 この記事は1分で読めます
ニュース

マルチカレンシー口座の更新:両替と送金の手数料が低くなりましたが、その他の手数料も変更されています。

先月、当社の目標「ミッション0」に一歩近づき、 76%のお客様の両替手数料を引き下げました。 本日は手数料変更に関する良いお知らせと、あまり良くないお知らせをお伝えします。 まずは、良いお知らせ。...

Felipe Morales
2020年10月19日 この記事は5分で読めます
ニュース

法人アカウントにチームを追加しましょう ー マルチユーザーアクセスが利用可能になりました

果報は寝て待て、また、技術は急ぐと満足いく結果が得られないとも言われます。しかし、Wise法人アカウントでマルチユーザーアクセスがついに利用可能になりました。 ご提供できることを大変嬉しく思います。 マルチユーザーアクセスは法人のお客様から最も要望をいただいた機能です。お客様の会社のチーム皆で取り組める...

Wise
2020年7月13日 この記事は1分で読めます

役立つ情報、ニュース、お知らせ