安くて、簡単、そして新しい機能 - Androidのインサイト

Sascha Huth

当社は海外送金の手数料だけではなく、根本的な透明性を信じて徹底しています。 当社は、お客様の資金も明確で分かりやすいものでなければならないと考えています。 そのため、カテゴリーやインサイトを立ち上げました。 これにより、月やカテゴリー間で送金額と支出を比較することができます。 2020年ではすべてをに個別にして区別する必要性はないと考えており、これはお客様の資金管理についてもあてはまります。

https://wise.com/imaginary/a55a451618fff51781dd4f51aeff881b.gif

カテゴリーとインサイトでできること

取引の分類

お客様の取引は自動的に16のカテゴリーに分類されます:請求書、現金、チャリティー、外食、エンターテイメント、経費、家族、一般、食料品、投資、個人利用、給与、貯蓄、ショッピング、交通費、旅行。

また、いつでも後から取引を再分類することができます。 自動分類で間違ったカテゴリーになる可能性もあるためです。

支出を月別、カテゴリー別に比較

前進することは大切ですが、たまには過去を振り返ることも必要です。 この機能で、どこに使ったのか、使わなかったのか、どのカテゴリーを最大限に利用したのか、どのカテゴリーが利用されていないのか、振り返って確認できるようになりました。

通貨別の支出を確認

当社国境なき金融の実現を目指しているため、複数の通貨を利用、運営している人のために、通貨別の支出分析(インサイト)を可能な限り簡単に視覚化できるようにしました。 この機能により、ユーロ(EUR)や英ポンド(GBP)、または口座に保有できる50以上の通貨で使用した金額を確認することができます。

これは、以下のようなすでに実行できるすべてのことに追加されます:

  • アカウントの支出明細を見る
  • 明細をエクスポートする
  • 決済時に通知を受信する
  • 残高の金額を確認する
  • 通貨と日付で取引をフィルタリングする

今後について

まもなく、国別、加盟店別に、支出先別にフィルタリングできるようになります。 そして、当社の技術は常にスマートになっているので、近日中に行った再分類を記憶して、将来の支出に適用することができるようになります。

もちろん、この機能は iOSでも導入されます。


*最新の手数料に関する情報は、お住まいの地域の利用規約およびサービスの利用条件をご確認いただくか、Wiseの手数料ページをご覧ください。これは一般的な情報提供を目的としたものであり、Wise Payments Limitedまたはその子会社、関連会社による法律、税務、その他の専門的なアドバイスを意味するものではありません。また、ファイナンシャルアドバイザーやその他の専門家によるアドバイスの代わりになるものではありません。



当社は明示的または黙示的にかかわらず、この内容が正確、完全または最新であることを表明または保証しません。

国境のない金融

詳しくはこちら
ニュース

日本のGMOあおぞらネット銀行が「Wise Platform」によるサービスの提供を開始

GMOあおぞらネット銀行株式会社が「Wise Platform」の日本初の銀行パートナーとなり、8万人(※1)の法人のお客様に、着金がスピーディーで安価な送金コストが特長の海外送金サービスの提供を開始します。 この度 「Wise Platform」の日本初の銀行パートナーとなるGMOあおぞらネット銀行株式会社...

Terence Lau
2023年8月31日 この記事は4分で読めます
ニュース

財務の安全性について

ここ数週間、お客様が資金を預けている金融機関からいくつかのメールが届いていると思います。 これは、英国金融行動庁(FCA)が英国内のすべての電子マネー機関(EMI)に対し、どのように資金を保護しているかを顧客に正確に伝えるよう求めているためです。 幸いなことに、Wiseは常に徹底した透明性を追求しています。...

Kristo Käärmann
2021年7月20日 この記事は3分で読めます
ニュース

マルチカレンシー口座の更新:両替と送金の手数料が低くなりましたが、その他の手数料も変更されています。

先月、当社の目標「ミッション0」に一歩近づき、 76%のお客様の両替手数料を引き下げました。 本日は手数料変更に関する良いお知らせと、あまり良くないお知らせをお伝えします。 まずは、良いお知らせ。...

Felipe Morales
2020年10月19日 この記事は5分で読めます
ニュース

法人アカウントにチームを追加しましょう ー マルチユーザーアクセスが利用可能になりました

果報は寝て待て、また、技術は急ぐと満足いく結果が得られないとも言われます。しかし、Wise法人アカウントでマルチユーザーアクセスがついに利用可能になりました。 ご提供できることを大変嬉しく思います。 マルチユーザーアクセスは法人のお客様から最も要望をいただいた機能です。お客様の会社のチーム皆で取り組める...

Wise
2020年7月13日 この記事は1分で読めます

役立つ情報、ニュース、お知らせ