財務の安全性について

Kristo Käärmann
2021年7月20日
この記事は3分で読めます

ここ数週間、お客様が資金を預けている金融機関からいくつかのメールが届いていると思います。 これは、英国金融行動庁(FCA)が英国内のすべての電子マネー機関(EMI)に対し、どのように資金を保護しているかを顧客に正確に伝えるよう求めているためです。

幸いなことに、Wiseは常に徹底した透明性を追求しています。 そのためお客様には、当社がどのようにお客様の資金を保護しているだけでなく、どこでお客様の資金を保管しているのか、また何かあったときにはどうなるのかを知っていただく必要があると考えています。

ここでは、そのすべてをご紹介します:

お客様の資金は保護されています
保護とは、お客様がWiseアカウントに保有されている資金の100%は、当社が経営運営のために使用する資金とは完全に分けて管理していることを意味しています。 これらは「保護される資金」と呼ばれています。

Wiseでは、FCAの規制に基づき、2つの方法でお客様の資金を保護しています。 お客様の資金を規制された銀行機関に預けるとともに、国債を中心とした質の高い流動資産で運用します。

2021年6月25日現在、お客様の資金を以下のように保護しております:

口座種別機関*比率
現金預金JPMORGAN CHASE BANK, N.A英国18.68%
RBS INTERNATIONAL (LONDON)英国12.89%
BARCLAYS BANK PLC英国12.48%
ADYEN N.V.オランダ1.82%
DEUTSCHE BANK AGドイツ0.92%
AS LHV Pankエストニア0.53%
国債米国、英国英国で保管52.68%

*上記の金融機関は、Wiseの保護口座内の資金管理や、正しい金額が保護されているかどうかを確認する責任は負いませんのでご了承ください。 これは、Wiseが認定電子マネー機関としての責任を負うものとなります。

現在、お客様の資金の約半分は、集中リスクを軽減するために、米国、英国、欧州の異なる金融機関の銀行口座で保護されています。 当社は、保護に関わる全てのパートナー銀行の信用力を評価し、すべてのお客様の資金が、ひとつの金融機関に保管されることがないようにしています。

さらにリスク軽減のために、残り半分の資金を政府系の流動資産に投資しています。 これらは、当社の規制当局によって低リスクと分類されています。 ハイリターンではありませんが、現在の超低金利、あるいはマイナス金利下でお客様の資金を保持するために発生するコストの一部をカバーすることができます。

銀行は保護するのではなく、保険をかけます
銀行は、顧客の資金を保護するのではなく、金融保護スキームへの参加が義務付けられています。 銀行はWiseと異なり、顧客から預かった資金を貸し付けします。 多数の借用者がローンを返済できなくなると、銀行は債務超過に陥り、顧客の資金を返済することができなくなる可能性があります。 そのため政府は、問題が発生した場合に備えて、FSCSを通じて預金を保証することを求めています。

Wiseが債務超過になった場合はどうなりますか?
Wiseに何かあった場合、お客様の資金をできるだけ早く、完全に返金致します。 お客様の資金はすべて保護されていますが、破産管財人が自分の費用のためにこの資金の一部を充当する可能性があります。 そのため、お客様に返金する資金は、お客様の口座にあった合計金額よりも低くなる可能性があります。

倒産はしたくない、かといって債務超過にもしたくない。 当社は市場での予期せぬ事態からWiseとお客様の資金を守るために、規制資本を保有しております。 また、当社の事業や運営方法に関するストレステストを定期的に実施しています。

国際的な銀行業務の透明性を高めたい
1,000万人のお客様が国際的な生活を送るために当社サービスをご利用頂いており、また37億英ポンド以上の資金を当社で保有していただいていることに嬉しく思います。 公正で透明性の高い金融の世界を構築し続け、次の1億人のお客様をお迎えすることを楽しみにしています。

宜しくお願い致します。

資金の安全性について、詳しくはこちら
ヘルプセンターでは、セーフガードFCAについてWiseが債務超過に陥った場合 などについて、いくつかの記事を公開しています。

Wise – 海外送金をもっと安く、もっとカンタンに

詳しくはこちら
ニュース

安くて、簡単、そして新しい機能 - Androidのインサイト

当社は海外送金の手数料だけではなく、根本的な透明性を信じて徹底しています。 当社は、お客様の資金も明確で分かりやすいものでなければならないと考えています。 そのため、カテゴリーやインサイトを立ち上げました。 これにより、月やカテゴリー間で送金額と支出を比較することができます。...

Sascha Huth
2020年11月12日 この記事は1分で読めます
ニュース

マルチカレンシー口座の更新:両替と送金の手数料が低くなりましたが、その他の手数料も変更されています。

先月、当社の目標「ミッション0」に一歩近づき、 76%のお客様の両替手数料を引き下げました。 本日は手数料変更に関する良いお知らせと、あまり良くないお知らせをお伝えします。 まずは、良いお知らせ。...

Felipe Morales
2020年10月19日 この記事は5分で読めます
ニュース

法人アカウントにチームを追加しましょう ー マルチユーザーアクセスが利用可能になりました

果報は寝て待て、また、技術は急ぐと満足いく結果が得られないとも言われます。しかし、Wise法人アカウントでマルチユーザーアクセスがついに利用可能になりました。 ご提供できることを大変嬉しく思います。 マルチユーザーアクセスは法人のお客様から最も要望をいただいた機能です。お客様の会社のチーム皆で取り組める...

Wise
2020年7月13日 この記事は1分で読めます
ニュース

TransferWiseでお友達に送金しましょう。

2020年、 お客様がロンドンで同僚と夕食をして、会計を2人で割ったとします。 同僚はスペインにいます。 同僚の銀行口座情報も、英ポンドから送金できるIBANも分かりません。 知っているのは、その人の電話番号だけです。 その場合、簡単に支払いをする方法は何だと思いますか? 答えはここにあります。...

Arnaud De Moyer
2020年6月9日 この記事は3分で読めます

役立つ情報、ニュース、お知らせ