Wise のご紹介

Kristo Käärmann
2021年2月22日
この記事は3分で読めます

本日、当社ブランド名がTransferWiseからWiseに変更になります。

当社のお客様は送金以上のことを必要としています。 国際的な送金、決済、資金の受取りは、非常に高く、遅く、また不便です。 当社はこの問題を、個人また法人の為に改善しています。

スキップして、お客様にとってどのような変化が起きる (ネタバレ:そこまで大きい変更は直ぐにはありません)を確認できますが、まずは少しもとに戻ってみましょう。

ミッション追求の10年

10年前、Taavetと私は、銀行からの過剰な請求や、十分なサービスを受けていなかった私たち全員のために、国際送金の改善に着手しました。 私たちのアイデアを「TransferWise」と名付けました。これは、初期の顧客が銀行が為替レートのマークアップで隠れた手数料を請求していることを「賢明(Wise)」に知っていたからです。

私たちは、国境なき金融の実現、つまりお金を即座に、透明に、便利に、そして最終的には無料で送金することをミッションとして掲げました。

現在、私たちは世界中で1,000万人の同じ志を待つ人々や企業のコミュニティであり、隠れたコストとこれまで以上に懸命に戦いながら、数十億ドルを節約しています。

当社のマルチカレンシー口座と便利なデビットカードは、多くの人にとって国際銀行に代わるものになりつつあります。 このインフラを実現することで、現在、数十社以上の銀行が使用するプラットフォームを作成しました。

何年もの間、お客様から、問題は送金以上のものだと言われてきました。 お金が他通貨に変換される度に、隠れ為替マークアップ、高額な手数料、遅延、また見落としやすい注意事項があります。

一緒に国際銀行を改善しましょう

国際的にお金を送金、決済、受取り、また保持することは、国際的な銀行システムが過去に構築されたので、思うようには出来ません。

何世代にもわたって、銀行は国境によって定義されてきました。 従来の銀行口座は、私たちのお金を1つの国に閉じ込め、国際的な生活を必要以上に困難かつ高額なものにしています。 この現状を受け入れるべきではありません。

当社は受け入れません。 世界で最も国際的なアカウント、Wiseがこの問題を解決します。 スピーディーで安い海外送金、ご希望の通貨で使用可能なデビットカード、50以上の異なる通貨を残高で安全に保管し、資金の受取りが可能な銀行口座情報、複数通貨ダイレクトデビット、またその他の革新的な機能により、お客様のお金をボーダレスにします。

TransferWiseはWiseに生まれ変わります

現在、当社ブランド名は、すでに多通貨生活を送る人々や企業のコミュニティに追いついています。 Wiseは、世界中で生活、仕事、旅行、また家族をサポートする全ての人のためのものです。 真のボーダレスになるのを妨げている仲介業者を排除したい、私たちのためのものです。

お客様にとって、直ぐの変化はそれほどありません。 当社は、お客様の使用用途により、「Wise」または「Wise Business」になります。 現在ご利用のメールアドレス、パスワードを使用して、wise.comから同じアカウントにアクセスできます。 新しいアカウントは必要ありません。 数週間以内で、transferwise.com から wise.comへのリダイレクトが開始されます。

ロゴが変わり、またアプリ名も変更されます。 しかし、当社のアイコンであるファストフラグは国境なき金融の実現のシンボルとして変わることはありません。 さらに加えて、新しいカラー、言葉そしてデザインに気づかれるかと思います。

Wiseをご利用される際のコアの体験、早く、安く、そして便利という真髄はそのまま変わりません。 当社のミッションも変わりません。 私たちは現在も、そしてこれからも、国境なき金融を実現します。

すでに1000万人の国際的な生活をされている世界中のユーザーの方々に信頼されています。 公正で透明性の高い金融の世界を構築し続け、次の1億人のお客様をお迎えすることを楽しみにしています。

宜しくお願い致します。

Wise – 海外送金をもっと安く、もっとカンタンに

詳しくはこちら
ニュース

新型コロナウィルスの影響についてお知らせ

現在、互いに支え合うため、資金の送金や管理が必要です。 この状況で当社は、Wiseの考えをお知らせします。 当社サービス停止は検討されていません 当社はオンラインでサービスを提供しているため、物理的な支店でのサービスは行っておりません。そのため、通常通り、送金、資金の受取り、両替が可能です。 当...

Kristo Käärmann
2020年3月18日 この記事は1分で読めます

役立つ情報、ニュース、お知らせ